メルカリNOWってどんなサービス? 中古買取店舗の嘆きと変わる時代。

店員Kです!

フリマアプリのメルカリ。
最近はその規模もどんどん大きくなって来ていますよね。

新しいサービス、メルカリNOWも始まるようですし、
今後、ますます便利になっていくのではないでしょうか。

オークションもそうですが、時代は
”個人がモノを売る時代”になりました。

昔は本当に、何かモノを売るとなれば、お店まで足を運んで
”買取”してもらわなくては行けなかったのですが、
今は違います。

お店になど行かなくても、もう、モノは個人で売れる時代です。
しかも、お店を通せば、お店も儲けないといけないですから、
オークションやメルカリで売るよりも「確実」に安く買取されます。

なので、みなさんオークションやメルカリに流れていくわけです。
私も当然、お店で商品を売ることはなくなりました。。

今回は、新サービスのメルカリNOWと中古買取の未来について
書いていきます!

スポンサーリンク

メルカリNOWってなに?

メルカリが11月27日12時より開始した新しいサービスです。

手元にあるブランドの商品状態を候補から選択して
それをスマートフォンのカメラなどで撮影し、メルカリ側に提示するだけで、
メルカリ側が査定をしてくれて、その査定結果に納得であれば
それで交渉成立。
その商品は2週間以内に、無料でメルカリ側が手配した業者が
集荷してくれる、というサービスです。

つまり、スマホのカメラで撮影して送るだけで、査定結果が出て、
しかも自宅にいながらにして、業者が無料でそれを持って行ってくれる、と
そういうサービスになっているのです。
大変便利ですね。

既にサービスが開始されたみたいなので、興味のある方は
ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

現在のところ、
買取金額の上限は2万円とされており、
対象商品はレディース・メンズの服飾品とされていますが、
今後対象商品は広がっていくとのことです。

買取をメルカリグループのソウゾウが行い、
査定はメルカリ自体が行う、とのことです。

似ているサービスはこれまでにいくつかありましたが、
買取金額などでの差別化を図っていくと、メルカリは発表しているので、
次第に広がって行くのではないでしょうか。

買取業界は変わりつつある…

これだけ便利なサービスが次々と出てくると、
店舗を利用した買取は、さらに衰退していくでしょう。

実際に、私は旧勤務先、現在の自営業共に、
店舗での買取を行っていますが、ザンネンなことに
年々その規模は縮小に向かっています。

前の勤務先はグループ企業で、ある程度大きい会社でしたが、
買取の合計金額は毎年毎年少なくなっていきました。

それも、かなり大幅な減額です。

大手でも同じことが起こっているのは間違えありません。
恐らくは今後、長い目でみれば、リユース業界…
つまり中古の買取をしている”店舗”はほとんどが姿を消すと思います

買取が無くなれば、お店は利益を手にすることもできません。

しかし、お店に持っていく理由も、もう無くなりつつある時代です。

最初に書いた通り、
お店に商品を持っていっても
「オークションで売れる金額」や
「メルカリで売れる金額」になることは絶対にありません。

そして、今や手間もかかりません。
少し前まではオークションも何かと面倒でしたが、
その手間すらも、無くなっていますし、
振込みも比較的早いので、
本当に、その場で現金が欲しい!という意外、
中古買取店舗の存在価値はなくなりつつあります。

中古買取店は対策しないの?

対策にも限界があります。
もはや、勝ち目はないと言っても過言ではありません。

システム上、どう考えてもネットで売る方が便利です。
特に、査定金額がその場で分かる場合はなおさら。
メルカリNOWであれば、スマホで写真を撮影するだけですからね…。

しかし、店舗となればそうは行きません。

もしも持って行って満足のいかない値段であれば、無駄足になります。

そういう不便な部分も、衰退の理由の一つと言えるでしょう。

ならば買取金額で…と思うかもしれませんが
残念ながらそれもできません。

オークションやメルカリの買取金額に勝つことはできないのです。

オークションやメルカリは
売る側が、次に欲しい人に直接売るやり取りです。
ですから、次に買う人が「1000円で欲しい」と思っていれば
1000円で売れるわけです。

ですが、買取のお店に売る場合、
次に買う人が1000円で欲しい!と思っているものを
1000円で買取することはできません。

300円…高くてせいぜい500円でしょう。

すると、売る人は500円にしかなりません。

だったら、オークションやメルカリで売った方がいいじゃないか!
と、そうなってしまうわけです。

買取のお店って、冷たい言い方をすれば転売の一種です。
人から”売る目的”でモノを買って、次の人に売るわけですからね。

この商売にはもう限界があるということでしょう。

買取店舗に売りに来られるものの変化

もちろん、買取は0になったわけではありません。
しかし、変化があります。

まず、売りに来る人。
前は若者も多かったですが、最近は減っています。
私もそうですが、ネットを使いこなせるので、ネットで売るからです。

売りに来るのはファミリー層だとか、ご高齢の方が増えている印象です。

また、売却されるものも
「ネットでは売れないようなもの」が増えています。

100円とか、200円レベルの
「面倒」なものをまとめて売るわけですね。

つまり、お店からは「価値ある商品」が次第に消え、
価値ある商品はネット上に流れている、
そういうことになります。

これも時代の流れなのでしょう。

まとめ

中古買取業界は変化しています。
お店での買取→販売というスタイルはもはや時代遅れだと、
買取をしているお店で働いていて、分かります。

どこも苦しいと思います。

ですが、時代の流れには乗らなくてはなりません。
各会社とも、試行錯誤している最中なのではないでしょうか。

…メルカリNOWもそんな新しい時代の一つになるのだと思います。
それにしても、どんどん便利になっていきますね^^
良い事です!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする