インターネットエクスプローラをそのまま使うのは危険なの?

インターネットエクスプローラ。
今でも利用している方も多いかと思います。

しかしながら、マイクロソフトが企業に
Internet Explorer(IE)の使用をやめて
最新のブラウザーを使うように要請した、
などというニュースも出回っています。
インターネットをそのまま利用することは
キケンなのかどうか、
どうすれば良いのか、についてご紹介していきたいと思います。

インターネットはキケンなの?

インターネットエクスプローラがキケンかどうか、と
言われれば「100パーセント安全ではない」ということです。

が、危険だらけのものか、と言われると
決してそうでもありません。
基本的には安全性はありますが、
それでも他に比べると安全ではなくなりつつある、
というところでしょうか。

ただし、勘違いしてはいけないことが、
「他のブラウザも100パーセント安全なわけではない」ということと
「IEを使っているとただちに危険がある」ということでは
ないと言うことですね。

システムの脆弱性だったりだとか
そういった面で、別のブラウザに切り替えることが
推奨はされてはいるものの、
緊急的にブラウザを変えなければいけないほどに危険かと
言われればそうではないのも事実なのです。

また、他のブラウザも”ネット”に繋がっている以上は
100パーセント安全なモノは存在しませんし、
100パーセント安全なブラウザを作り出すことは無理でしょう。
ネットにつなぐ以上は”危険”は常にどこかにあるのです。

今すぐ変える必要はあるの?

上でも書いた通り、
”今すぐ変更する必要があるか”と言われると
決してそうではありません。
確かに、システムの脆弱性などの問題もあるでしょう。
最近では、IEのブラウザを使っていると
「ウイルスに感染しました」みたいな偽広告が
出ることも多くなっています。(クロームでは出ません)

そういった意味では、今後、時間んが経てば経つほど、
危険性としては増していく可能性も十分に考えられます。
とは言え、”今すぐ直ちに変更しなければいけない”というほどの
キケンが迫っているわけではありません。
なので、焦りすぎずに、ゆっくりと自分のペースで
ブラウザを変えていくぐらいで十分であるかと思います。

また、インターネットでないと動作しないものも
ありますから、そういったものを利用している場合は
慎重に判断する必要があるのも事実です。

最近では…

確かに、最近ではIEは以前と比べれば不便に
なっていると思います。
私も、一部で利用していますが、
先にも書いた通り「偽のウイルス広告」が前に比べると
頻繁に表示されるようになりました。
インターネット以外のブラウザではほとんどないことで、
IEの時だけ頻度が高いので、狙われている・システムに付け込みやすいのは
事実なのだと思います。

また、IEでは表示できないサイトが昔に比べたら増えたこと、
動作が重くなっていることなども考えれば
将来的に考えれば、やはり、ブラウザを変更する必要は
あるとは思います

どうすればいいの?

では、どうすれば良いのでしょうか。
インターネットのサポートに関しては、今後、
終了していき、未対応のサイトやサービスなどが
増えてくることも予想されます。
そのため、今すぐに、でなくても大丈夫ですが、
やはり”いずれは”、別のブラウザを利用する必要が
出てきてしまうのは事実であると思います。

その場合に、一番手っ取り早いのは
グーグルのChromeやFirefoxなどのブラウザに
なりますね。
これらは多くの人が使っていますし、
ほとんどのサイトが対応していますから
安心して利用できるかと思います。

また、インターネットの後継となるブラウザとして
Edgeなどというものも存在しています。

他にも無料のブラウザはたくさんありますが、
サイトやサービスなどへの対応の観点から考えると
上記で紹介したあたりから、選んでおくのが
無難であるかと思います。

切り替えのタイミングは自由で良いと思いますし、
手順も、そんなに難しくはないと思いますから、
やろうと思えば、いつでもやることはできるかと思います。

自分の利用しているサイトやサービス、
自分の職場環境などに応じて
使うブラウザを選んでいくのがベストですね。

このまま使い続けるのはダメなの?

このままインターネットを使い続けることは自由です。
ただ、サポートが仮に終了してしまうと、脆弱性などが
見つかってもそのまま、ということになってしまいますから
どんどん安全性は失われていきます。

現時点ではインターネットエクスプローラーを使い続けることは
自由ですが、もしも今後、サポートなどが終了になった場合に
関しては、諦めて別のブラウザへの変更を検討するのが
一番賢いのではないかと思います

可能であれば変更した方が良い

どうしてもインターネットエクスプローラを使い続けたい!
という場合や、どうしてもそれじゃないとダメ!
という理由がある場合を除いて、可能であれば
インターネットエクスプローラから、他のブラウザに
早めに変えておいた方が良いかと思います。

最近では、怪しげな誘導みたいなものも
無作為に表示されることも増えましたし、
サポートなどが完全に終了すれば
どんどん危険なものになっていくことは
間違いないでしょう。

まとめ

昔は、ネットを閲覧するためのブラウザと言えば
インターネットが主流でしたが、
最近ではIEは過去のものになりつつあります。もちろん、
まだまだ利用することはできるのですが
長い目で見ると、恐らくはいずれサポートが打ち切られることになり、
別のブラウザへの乗り換えなどが推奨されていく、
という流れになって行くのだと思います。

使い慣れたブラウザから別のブラウザに変えるのは
なかなか気が進まないとは思いますし、
面倒臭いなぁ、と思うかもしれませんが
ネットの世界には色々な危険性もありますから
サポートが打ち切られた場合は、大人しく移行するのが
一番であるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする