パスワードや暗証番号を忘れてしまった場合の対処法&対策

店員Kです!

パスワード。
パソコンやゲーム機、スマホなどなど、
その他色々なサービスで設定していると思います。

最近では、あらゆるものにパスワードを設定する必要があり、
覚えるのも大変ですよね。。

膨大な量のパスワードを管理していると、
時にはパスワードを忘れてしまうこともあるかと思います。

パスワードを忘れてしまうと、
自分の使おうと思ったものが使えなくなってしまいますし、
大変です!

今回の記事では、そんなパスワードを忘れてしまった場合の
対処方法を書いていきます。

スポンサーリンク

パスワードを忘れてしまった!

たくさんのパスワードを管理していれば、ザンネンながら
そういうこともあるかと思います。
パスワードを忘れてしまうと、色々と弊害もありますから、
出来れば忘れないようにしたいものですよね…。

ですが、忘れてしまったものは仕方がありません。

なんとかして、思いだすか、
何らかの方法でそれを使えるようにしないといけません。

スマホにせよ、パソコンにせよ、
その他のセキュリティ関係にせよ、
使えないと大変ですからね。。

と、いうことでパスワードを忘れてしまった場合の
対処方法をそれぞれ書いていきます。

基本的な対応

まず、一番基本的な対応としては、
どんなものでも、基本的には「パスワードを忘れた場合」という
ものがあると思います。

パスワードを忘れた場合のための、秘密の暗号だとか、そういうものを
設定してあれば、そこからパスワード変更などを行うことも可能です。

ただし、この手順は、パスワードを忘れてしまったものによって、
変わってくると思うので、それぞれの機器、もしくはサイトなどの
指示に従って、作業を進めるようにしてください。

まぁ、復旧はできたとしても、結構面倒な作業であることは
確かです。
この方法を試してみる前に他の方法で解決すれば、
それに越したことはありません。

他の方法については↓で紹介していきますね。

実は何も設定していない可能性

パスワードを設定した覚えが全くないのに
パスワードを問われた場合。
実際には何も設定していない可能性もあります。

私は中古買取などを行っている店舗で勤務していたことがあり、
その際に携帯電話の買取なども行いましたが、
時々、携帯電話の初期化作業の際に暗証番号を求められる!
なんてこともありました。

しかし、お客様に聞いてみても、設定した記憶がない、と。

こういうときは何も設定していない可能性が
あります。携帯電話系統に限らず、設定した記憶がないのに
パスワードを求められた場合は、とりあえずその端末や機械の
”初期設定”を入力してみるのも一つの方法だと思います。

案外、それで解除できたりすることもありますからね…。

自分の誕生日

定番ですね…
流石に重要なもののパスワードに、自分の誕生日を設定する人は
ほとんど居なくなったとは思うのですが、
あんまり重要じゃないものだと、まだまだ自分の誕生日を設定する人も
居ると思います。パスワードを忘れてしまったときの
試してみると良いおすすめ確認事項が、この”誕生日の入力”です。

もちろん、自分は100パーセント誕生日を入力することなんてない!という
方は試してみるだけ無駄ですが、
”もしかしたら誕生日をパスワードに設定しているかもしれないな”という
場合は一度、誕生日を入力して、確認してみると良いと思います。

私の知り合いの方がとあるアプリのパスワードを忘れてしまった際に、
試しに誕生日で入力してみたら、無事に解除された!と
喜んでいました。

パスワードを連続してミスすると、ロックされるものも多いですから
100パーセントその可能性が無い!と言う場合はともかく、
怪しいと思う場合は確認してみましょう。

自分なりに可能性のある番号

誰しも、必ずある程度お決まりのパターンがあるのではないでしょうか。
そんな、お決まりのパスワードを試しに入力してみるのは良い方法だと
思います

自分に何か関係のある数字や、自分にとって、何か特別に思い出の番号、
自分がよく使っている定番のパスワードなどなど。

そのどれかでパスワードを解除できる可能性は十分にあります。
それらを試してみるのも良いですね。

ですが、上でも書いたとおり、パスワードの入力を求められるものに
関しては、大半のものは間違えを続けているとロックされてしまうものが
多いです。

ですから、なるべく”可能性が高いもの”から優先的に
入力していくようにしましょう。

なお、ロックされるかどうか、
ロックされるまでのミスの回数はモノによって違いますから、
自分がパスワードを忘れてしまったものが何回間違えてしまうと
ロックされてしまうのかは、よく確認しておきましょう。

メモしてある場合…

パスワードを忘れそうな人は、何かしらにメモしていると思います。
もしも、メモをした!という場合は、それを確認するだけで
解決ですよね^^

もちろん、メモしてなければこの方法は使えませんが、
”もしかしたらあそこに控えてあるかも”という希望が
あるのであれば、それを確認してみても良いのでは
ないでしょうか。

周囲の人に聞いてみる

家族など、パスワードが他に分かる可能性のある人が
いるのであれば、その人に聞いてみるのも良いですね。
もしかしたらパスワードを知っているかもしれません。

特に、同居している家族はパスワードを知っている人も
居るでしょうし、
もしも家族以外でもパスワードを分かっていそうな人が
(教えたかもしれない人)いるのであれば、
その人に確認をとってみましょう。

なお、もしも自分が頼りにした人間が、
パスワードを覚えていなかったりした場合でも
八つ当たりは絶対に厳禁です。
パスワードが開けないだけではなく、人間関係にも
亀裂が入ってしまい、最悪な状態になります(汗)

最終的には…

色々試してみても、結局パスワードを思い出せない、
解除できない場合は、最終的には最初に書いたとおり、
「パスワードを忘れたら」というのがほとんどの場合あると思いますから
それにしたがって秘密の質問などに答えたり、
場合によってはサポートセンターなどに連絡して、
パスワードを解除してもらう必要が生じます。

最終的には、それしかありません。

パスワードを忘れないために…

パスワードを忘れないために…
やはり、自分が暗記しやすい番号や文字列を使うのが良いとは思います。
ですが、大事なものは誕生日だとか、すぐに解読できてしまいそうな
パスワードを選ぶのは絶対にやめましょう。

自分のなんらかの番号とは関係のないパスワードに
することを強くおすすめします。
それで居て覚え安いパスワード…っていうのもなかなか難しいとは
思いますけどね…。

不安な場合は、やはりどこかにメモしておくことをおすすめします。
ただ、このメモも誰にでも分かる場所に放置してはいけません。
ちゃんと分かりにくい場所、自分にしか分からない場所に
保管しておくようにしましょう。

その保管場所さえ忘れてしまったら、お話になりませんが(笑)

まとめ

今の時代は、パスワードや暗証番号は自分の大切なものを
守るために欠かせない存在になっています

パスワードを忘れてしまう!なんてことも
日常的に起きる方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、やはり忘れてしまうと色々と面倒ですから、
一番の対策は”パスワードを忘れないようにすること”です。

ですが、それでも、どんなに気をつけていても
ふとしたことで「忘れてしまう」こともあると思います。

そんな場合は、慌てずに上で書いたようなことを
試してみて、それでもダメなら、それぞれの忘れた場合の手順に
したがって、手続きを進めていきましょう。

面倒ですが、この手続きが簡単だったら
第3者が簡単にパスワードを知れてしまいますから
仕方のないことですね^^


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする