実録!恐怖の買取Vol13 非常識!?買取申込書の記入事項に…

店員Kです!

恐怖の買取をご紹介するお時間がやってきました!
さてさて…今日の恐怖の買取は…。

・・・。
買取の際には買取申込書を記入していただきます。
少し前の恐怖の買取事例でも書きましたが一応おさらいしておくと、

記入事項は、
万一、盗まれた商品だとか、そういうワケありのものを買い取って
しまったときなど、警察の捜査に協力する際にも
使用されます。

記入する事柄はお店によって異なる可能性はありますが
基本的には
氏名・住所・生年月日・年齢・電話番号の記入と
身分証明証の確認が必要になりますね!

その際に社員証や学生証などを使う場合は
学校名や職業欄の記入が必要になる場合もあります

スポンサーリンク

買取申込書のトラブル

買取申込書にまつわるトラブルは色々あります。
一番多いのが「記入したくない」というお客様。
まぁ、気持ちは分らなくはないのですが、記入して頂かないと
法律で決まっているのでこちらも買い取ることはできません。

しかしながら、そうご説明しても逆切れされる方なんかも
居たりして、なかなか難しいものです。
勿論、何を言われても買取申込書に記入してしていただけないと
買取は絶対にしませんが…。

お客様から理不尽なクレームをつけられたぐらいで
法律を破ってしまっていては
お店として失格ですからね^^

・・・と、こんな感じのトラブルがメインですね^^
しかし、今回ご紹介するのは、トラブルではないのですが、
ちょっと驚いたことですね…

ある日の事例…

ある日、若い男性客の方がいらっしゃいました。
ゲームソフト数本をお持ち頂いたのでいつものように査定を開始。

お客様には
「こちらの用紙に
お名前・ご住所・生年月日・年齢・お電話番号のご記入をお願いします」と
お伝えして記入をお願いしました。
身分証明証が学生証や社員証ではなかったので
職業の欄の記入は不要だとお伝えしました。

するとそのお客様は理解したかのように
買取申込書の記入を始めました。しかし…

職業欄に…

その方は無言で買取申込用紙に記入を始めました。
名前から電話番号まで、順調に記入を終えたお客様。

奥では別のアルバイトスタッフさんがゲームソフトの
査定を続けています。

お客様が記入を終えたので、身分証明証と記入事項の確認、
そして番号を控える作業をするため、
準備をしていました。

しかし…

記入を終えたはずのお客様がペンを持ち、
まだ何かを書いています

「へ?」
全ての記入事項を記入し終えたはずのお客様がまだ何かを書いているのです。

何事かと思い、様子を伺っていると、
その方は職業欄にご自分の職業を書いていました

「ニート」 と。

・・・

なんでニートって書いたの?

そして、そこまで書き終えるとその方は、真顔で
その紙をこちらに差し出しました。

この時、私は既に長かった接客業の中で
初めて(悪い意味)笑ってしまいそうになってしまいました。

お客様との雑談中に笑うのは全然良いのですが、
お客様の行動を笑うことは失礼にあたります。

ですが普通、公の場の紙に「ニート」なんて書きませんよね?
書くなら「無職」のはずです。

そんな非常識な文言を真顔で書いて差し出してきたものですから
本当に笑いそうになりました…(汗)

私はこらえて、身分証明証の番号を控えて買取査定を終え、
無事にお支払い、その方の査定は終了しました。

非常識…

別にお店に迷惑はかかっていないので、別に良いのですが、
最初に、私はその方に「職業欄の記入は不要」だと伝えています。
それに対してそのお客様も「はい」みたいな感じでした。

説明して返事もいただいているのに何故書いたのでしょう(笑)
ヒトの話を全く聞いていなかったのでしょうか?

まぁ、でも記入欄があったのでついつい書いてしまった!
というのであれば分ります。。
ですが、、「ニート」と書くのには失笑ですね。。。
さっきも書きましたが公の場で書くなら「無職」です。

私は別にお客様が無職でもなんとも思いませんし、
今の世の中、色々と再就職も大変ですから、
空白の期間が出来てしまうのは仕方のないことだと思います
(私も退職⇒2ヶ月ちょっと空白期間がありましたし…)

ただ、ニートの公の場の記入書類に書くヒトは
初めてみたので、驚くとともに、
笑いそうになってしまいました…

書かなくていいといっているのにわざわざ書いて、
しかもニート表記…。

ちょっと常識が無くて個人的にはその辺りが心配では
あります(汗)
まぁ…お店には関係のないことなので、それ以上は
気にしませんけれど…

ちなみに、厳密に言えば「無職」は職業ではないので、
職業欄に書く必要もないかとは思いますが…

この件のその後

無職であろうと、総理大臣であろうと、買取は
身分証明証と年齢があれば可能ですので
普通に買取して、そのまま終了になりました。

その後も、普通のお客様としてお店にいらっしゃってたみたいですし、
このお客様の場合、お店に迷惑をかけたわけでもないので、
そのまましらばくは定期的にお店をご利用いただいていたものと
思われます。

この件の対応について

ちゃんと笑わずにこらえましたし、
対応自体は特に問題はないと思います。

一応、この場を借りて言っておくと、
社会で書類に記入する際に「無職」と書くことに
なってしまう機会はあると思います
(私もそういう期間がありましたし)

けれども、公の書類で「ニート」と書くのは
絶対にいけません。
「ニート」ではなく「無職」と書きます。
常識なので大丈夫だとは思いますが…

重要な書類などで
「無職」と書いているときは見る側も
恐らくなんとも思わないはずです。

ですが「ニート」とかかれていたら
その方の常識を疑う人も多く存在するでしょう。

ですから、絶対に外では”ニート”表記を
使わないようにしましょう。
多用している場合は注意です。

他にもいる…

「ニート」と書いたのはこのお客様が最初で最後ですが、
他にも「職業欄は書く必要がない」とお伝えしても
書く方はたくさんいらっしゃいました。

普通の仕事から無職まで。
何でもいらっしゃいましたね。。

もちろん、記入頂ければお店側としてはそのお客様が
何で働いているかなんて関係のないことです。
書いてもらえれば、それで買取できるようになるので…。

一つだけ余談を。
ある日、髪の毛がぼさぼさで、見た目から数日間お風呂に
入って居なさそうな(?)雰囲気のお客様が
いらっしゃいました。

こういうタイプの方も接客業をやっていると
結構いらっしゃるものです。
ホームレス系統の方なのか、なんだか分かりませんが…

で、その方はゲームの買取を希望だったのですが、
”書かなくてもいい”と言った職業欄に
なにやら書きはじめました

そして、出てきた言葉が…

「自由業」

自由業とは…!?
確かに個人事業主になるだけなら簡単です。
開業届けを出すだけですから…

その方もそうして個人事業主になったのかもしれませんね。

しかし、ちょっとした悪臭を
(おそらくお風呂に入っていない)
撒き散らすような方が「自由業」と書いていたので
どんな仕事なのかなぁ、と少しだけ気になってしまいました(笑)

まとめ

結構店員側の話を聞かず、買取申込書の最初の記入するような
方は多いです。
ネットオークションなどでもそうですが、本当に説明文を
読まないヒトが多く、お店でも結構困っていたことがあります

(お客様がこちらの話や説明文を見ていなかったのだとしても
 クレームは容赦なく飛んでくるのが恐怖です・・・)

あと最後に一言。
大事なことなので改めて言っております。
外で、何かの用紙に職業を書く機会があり、
そこにどうしても「無職」と書くのであれば
必ず「無職」と書くようにしてください。
「ニート」と書くのは絶対にアウトです!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする