接客業をやっていると出会う非常識なお客様たち…!

接客業

店員Kです!

接客業をやっていると時々「非常識なお客様」が
やってくることもあります。

世の中には色々な人間が居るので仕方のないことでは
あるのですが、
中には「おいおい」と言うレベルに酷い人も居ます。

勿論、店員にもひどい人は居ますが
今回はお客様の方にスポットを当ててお話していきたいと思います。

店員も人間ですから、非常識な態度を取れば
「この客、非常識だな!」と心の中では思うモノです。

なので、今回の記事では「店員に非常識と思われてしまう行動」を
ご案内していきたいと思います!

たくさん居る!非常識なお客さん!

非常識なお客さんはザンネンながらたくさん存在します。
お客様だから何をしても良いのか、と言えば答えはNoです。
お客様は神様ですなどと言う言葉を鵜呑みにして、
自分がとても偉いかのような態度を盗るお客さんも居ますが、
はっきりと言ってしまえば、そういうのは間違えです。

そもそもお客様は神様、というのは、お店側の心構え的な
話であって、お客様が自分で「俺は神様だ!」と叫ぶための
言葉などではありませんし、
私個人としては店の心構えとしても、間違っていると思います。

こういう風潮が、クレーマーを増長させた、という現実も
あるでしょうから、店員側もそれに関しては
大きく反省するべきところであると思います。

では、どのような非常識なお客さんが居るのか、
それを見ていきましょう。

①クレーマー

お店にとっての、非常識なお客さんトップは、当然、
この「クレーマー」が挙げられますね。
通常のクレームではなく、クレーマーです。

クレーマーの存在は多くの接客業従事者を
悩ませている存在ですし、
クレーマーによって、キズつけられた店員や、
クレーマーによって、被害をこうむったお店も実際にあります。
これらは大きな社会問題になりつつありますし、
実際に逮捕者なども出ていますよね。

また、正当なクレームであっても、
過度な要求をしたりだとか、必要以上に店員を罵倒したり、
最悪の場合暴力を振るったりするのは、それはもう
クレームではなく非常識な行為です。

クレームをも行きすぎれば非常識。
この点も、忘れないようにして下さい。

②周囲の迷惑を考えることができない客

これも迷惑客のパターンの一つです。
まるで、お店が自分のためだけに存在しているかのように
振る舞う人ですね。
列に割って入る人もそうですし、
後ろにお客さんが待っているにも関わらずに、必要以外の用件で
店員と長々と雑談する人もそうです。

とにかく自分だけがこのお店を利用している、
自分は特別なんだ、と思い込んでしまっているタイプの人。
これに関しても、非常識であることはたしかです。
悪気のあるタイプと、単純にお店の人と仲良くしたい、という
悪気のないタイプの人がいますが、
それでも、背後に並んで待たされている人から
とってすれば、大迷惑な話ですし、
やっぱり、お店側としても、非常識だなぁ、とは感じてしまいます。
うっかり”非常識だな”と思われないように、そのあたりは
注意した方が良いかと思います。

③やたらと騒がしい人

お店の中である程度喋るのは仕方のないことです。
ですが、どんなジャンルのお店であっても、
その騒がしさが度を超せば、非常識ですし、
周囲からしてみれば、迷惑なお客様であることには
変わりないことだと思います。

特に、団体でお店に来ている場合などに関しては
注意が必要です。
ついつい舞い上がってしまって、普段よりもうるさくしてしまう
なんてこもあるかと思いますが、
そんなようなことは無いように気をつけなくてはいけません。

あくまでも常識の範囲内で騒ぐようにしましょう。

④店内を走り回ったり、危険行為をすること

店内を走り回ったり、店内で危険な行為をする人に
関しては、当然のことながら、迷惑であり
非常識であると感じます。
店内を走り回ったりするのもそうですし、
店内で危険行為を始める人もそうです。

子供がやってしまうのはある程度
仕方がありませんし、それは大人が注意するべき
ものだとは思いますが、
大人が店内で危険行為をしていたり
中学生や高校生ぐらいの、考えれば分かるであろう年齢の人が
そういう行為をしていたり、
子連れの親が、子供が危険行為をしているのに
何も注意しなかったり、
そういう行為に関しては「非常識」であると感じますね。

⑤店員を超能力者だと思っている

店員を超能力者だと思っている非常識なお客さんも居ます。
例えば、コンビニなどでは「ん!」だけで自分の欲しいものが
伝わったり、やってほしいことが伝わると思っているような
お客さんも本当に居るのです。
こういうお客様はザンネンながら、非常に非常識であると感じますね。

店員は超能力者でもなんでもありません。
こういう無茶な注文の仕方などをする人は、
自分に置き換えて考えてみるべきです。
自分が反対の立場だったらその言い方で伝わるのか?
という点を。
恐らく、伝わりませんよね。
でしたら、その言い方は間違っている、というわけです。
繰り返しになりますが、店員は超能力者ではないのです。
何でも分かっていると思っていたり、
ん!だけで伝わると思っていたり、
こういう非常識な人は多いです。

⑥イライラしている・すぐに怒る人

これも非常識だと感じられやすい人たちです。
何故だか最初からイライラしている状態で来店したり、
ここぞとばかりに店員に八つ当たりしたり、
店員が何か尋ねただけで怒りっぽく返事をしたり。
こういう非常識な人は少なからず存在します。

あなたは職場でそんな態度を同僚に取っているのか?
と聞きたくなってしまうような感じです。
ですが、残念ながらそういう人たちは実際に居るのです。

私が店長をやっていた際にアルバイトスタッフさんが
八つ当たりをされたことがあります。
突然怒られて、その数分後に
「さっきここに来るまでに話した運送会社の人が
 態度悪くてイライラしていた」などと謝られて
いましたが、店員からすれば「いや知らんがな」状態です。

確かに、その運送会社の態度は悪かったのかもしれません。
ですが、その怒りを店員にぶつけている時点で、
自分自身も、その態度の悪い配送業者と同類だと
言うことを忘れてはなりません

⑦万引きなどの行為

これは、非常識、というよりかは犯罪行為ですね。
万引きなどを行う人は、後を絶ちません。
私が勤務していた店舗でも万引きはありました。
小さいお店でもあるのですから、
大きいお店なんて、相当な件数あるのでしょう。
万引きによる被害を無くすことはとても難しいです。

一回、自分でお店を経営してみれば
商品を1個盗られることがいかに大変なことか
よく分かるかと思いますが、
なかなかそういう人たちも居ませんし、なかなか
難しい話でしょう。

万引きに対してはお店側が「自衛」するしかありません。
非常識な人たちに常識を説いても
なかなか理解してもらえない、
万引きをしようと考える人たちに、万引きはいけないことだと
説いても、それは理解してもらえません。
と、なれば、やはりお店側が自己防衛していくしかないのです

まとめ

店員側が非常識だと感じるお客さんは他にもたくさんいます。
私の経験上でも、店内に物凄い悪臭を漂わせたお客さん(お風呂に入っていない?)や
酔っぱらって店員に1時間近く謎のトーク(しかも昼間はきつい内容)を
大声でしたお客さんや、
店内で親子喧嘩を始めたお客さんなどなど、
挙げればきりがありません。
もちろん、お店側に非常識な人間がいることもありますが、
店員をやっていると、時として恐ろしいぐらいに非常識な人と
出会うことも実際にあるのです。