実録!恐怖の接客Vol9 礼儀&マナー知らずの立ち読み客!

店員Kです!

今日も実録シリーズをお送りしますよ!

お店には礼儀やマナーをわきまえないお客様も
残念ながらいらっしゃいます。
みんながみんな、常識を見につけている人ではありませんからね…。

時には、目を疑うような行為をする方も居ますし、
そこまで驚くことではないにしろ、常識を疑うような
行動をする方もたくさんいらっしゃいます。

しかしながら、お店側としては
”よほど酷い”状態でなければ注意することはできませんし、
注意すれば”逆切れ”される可能性もあります。

接客業とは難しいものですね^^

今日、ご紹介するのは、そんな常識のない
お客様の事例ですね…。

スポンサーリンク

本を売っているお店…

私の旧勤務先や、今の自営業のお店は、本屋ではありません。
しかしながら中古の雑誌や中古のゲーム攻略本など、
数はそれほど多くありませんが、少しだけ本も置いてありました。

もちろん、主力の取り扱い商品ではなかったので、
数も少ないですし、あまり売れない商品でしたが、
時折売れることなどもあり、
何でも置いてみるものだなぁ、、などと思ってました…。

今回は、そんな本にまつわる恐怖の接客です
(…厳密に言えば接客したわけではないのですが)

では、ご紹介していきますね^^

本の立ち読み…

中古の本の立ち読み。
その扱いはお店によって異なります。

ブックオフのように立ち寄みOKのお店もありますし、
本にビニールをかぶせてあり、立ち読みが出来ないようになっている
お店もあります。

立ち読みを許すか否かは、
そのお店次第、ということですね^^

ちなみに、私の旧勤務先では、立ち読みの制限はしていませんでした。

そもそも、旧勤務先では立ち読みする人もほとんど居なかったので…。
なので、そのまま立ち読みOK…
というかダメ!とは書きませんでした。

そのため、自営業として独立してからも、
少しだけ攻略本や雑誌などを販売していましたが
こちらでも立ち読みの制限は設けませんでした。

非常識な立ち読み

しかしながら、中には非常識な立ち読みをする方も居ます。


「立ち読み」は禁止していませんが、
お店や他のお客様に迷惑をかけるのであれば話は別。
そういう方の立ち読みは禁止させて頂きますし、
あまりにも酷い場合は出入り禁止にする可能性だって0では
ありません…。

今回はそんな非常識な立ち読みの事例をご紹介。
話は、私が自営業として独立してからのお話です。

ある日の立ち読み

ある日のことでした。
独立後の店舗は、こじんまりとしていますし、
それほど広い店舗ではないので、
旧勤務先時代よりも来店数はかなり減っている店舗でした。

まぁ、こればっかりは仕方がないです。
仮にもある程度の規模の会社が運営していた旧勤務先のように、
私には財力(?)がないので、なかなか旧勤務先のように
豪華な品揃えを用意することはできませんし…。

で、来客の少ないある日にその方は現れました。

最初は店内の中古商品を物色していたのですが、そのうち
中古の雑誌に気づき、それを読み始めました。
立ち読みです。

Vジャンプ等のゲーム系の雑誌を
お読みになられていました。

しかしながら、別に立ち読みを禁止はしていないので、
特に気にはしていませんでした。

しかし…問題はそこからでした。

マナーを守らない立ち読みが始まった!

私の自営業の店舗は狭いお店です。
なので、通路を塞いだ状態で立ち読みされると
困ってしまうわけですね。

しかし、この方は店内のカードを見るための
イスを通路の真ん中に堂々と設置し、
そこでVジャンプを読み始めました。

…座ってるので、、
ある意味、立ち読みではないですね(笑)

で、まぁ、読み始めたときは誰もお客様が居なかったので
私も別に構わず、そのまま放置していました。

そのまま数十分が経過。
しかしこのお客様は特に動くことなく、
そのまま雑誌を読み続けていました。

…で、問題はこの後。
他のお客様がご来店されたので、てっきりこのお客様は
少しイスを寄せるなどの配慮をするものと思いましたが
何もせず、堂々と通路の真ん中で雑誌を読み続けました。

仕方がないので一声おかけして端によって
もらいました。

立ち読みは結構ですが、
他のお客様の妨害になるような位置で本を読み続けるのであれば
お店の営業妨害以外の何者でもありませんし、
また、他のお客様も、嫌な思いをしたり、買い物の邪魔になったり
するでしょうから、こういう周りへの配慮ができない方には
立ち読み・すわり読みをする資格はないかと思います。

極めつけが…

そしてこのお客様、残念ながら本をちゃんと片付ける、
ということもできないお客様でした。

立ち読みを終えた後、私のお店では、雑誌をカゴに立てて
入れてある感じで出しています。

しかし、この方は雑誌をそのカゴの中に戻すのではなく、
自分の読んだ雑誌を横向きに上において
そのまま帰ってしまいました。

立ち読みは良いのですが、
読んだ本はちゃんと元の場所に戻すのが
必要最低限の礼儀だと思いますが…

まぁ…大変申し訳ないのですが
いかにも礼儀が無さそうな方だったので
仕方がないのかもしれません。

繰り返される…

そして、その方はその後も来店されていました。
流石に、一度指摘したので
通路の真ん中で堂々と立ち読みされることはなくなりましたが、
今でも時々いらっしゃって、
カードを見たり(少量ですが、お買い上げも下さいます)
雑誌を立ち読みしたりされています。

が…相変わらず雑誌をちゃんと片付けずに
かなり適当にそのまま放置していきます。

正直、このぐらいのレベルのことは、書いてありますし言われないでも
自分で気づいてほしいところ…
残念な人だなぁ…と思いつつ、本を戻さないのは、お店には
迷惑はかかってますが、他のお客さんに対しては直接迷惑を
かけているわけではないので、特に指摘はしていません。

「常識的なことも出来ない人」
そういう認識で、私は見ています。

この件のその後

そのお客様は今でもお店に時々いらっしゃってくださるので、
その点は嬉しいですし、歓迎です。

最近は新しい中古の雑誌があまり入らなくなったので、
流石にこの方も同じ内容だと飽きるのか、
特に雑誌を立ち読み(座り読み?)することはなくなりました。

まぁ、散々書いている通り、立ち読み自体は別に
構わないのですが、マナー違反をされてしまえば、
そうも言ってられない+全面的に立ち読み禁止の
処置をとるしかなくなってしまいます。
…今のところはしていませんけれど!

この件の対応について

他のお客様の通行妨害については注意して正解だったと
思います。流石にあれを放置しておくのは論外ですからね。

で、本を片付けないことについては言っても良いのですが
他のお客様の妨害をしているわけではなく、私がすぐに
片付ければよいので、
自分で気づくのを待つ、という対応をとっています。

これは、、本当は言ったほうが良いのかもしれませんが、
なんとなく言わずに、そのまま見守っている状態です。

まぁ…いくら待っても気づかないでしょうし、
言われても治らない可能性の方が高いかもしれませんけれど。。

まとめ

本の立ち読み。立ち読みぐらいは許しても良いかな~とは
個人的には思います。
しかし、それは最低限のマナーを守っている人の話。

他のお客様やお店を妨害するような位置で本を読み、
他の通行人や店員などが来てもどかないタイプの方や、
本自体を傷めつけたりするお客様、
そして読んだ本をしっかりと元の場所に戻さないお客様。

こういうタイプのお客様たちには残念ながら本を
立ち読みをする資格がない方たちだと思います。

もしも、お店で立ち読みする場合は、
邪魔にならないように端に寄ること、
読んだ本はちゃんと片付けること。

簡単ですよね。
立ち読みは、マナーを守ってするようにしましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする