他の惑星に人類が移住するためにクリアすべき課題は?

店員Kです!

何故か唐突に宇宙の話題を時々書きたくなってしまうんですよね(笑)
宇宙関係の話ってなんとなく夢(?)があって
楽しくないですか?

え?楽しくない??

ま、まぁそれは人それぞれですからね…

いつも自営業とか仕事の話ばかり書いていてもつまらないですし
たまには夢のあるお話を…(笑)

と、いうことで今回は
地球に住む人類が、もしも他の惑星に移住するとしたら
クリアしなければいけない問題を個人的に考えて、
まとめてみようと思います

スポンサーリンク

他の惑星への移住…

まぁ…人類の夢の一つではありますよね。
と、いうよりも他の記事でも書きましたが、太陽はいずれ数十億年後に
その役割を終え、最後には膨張し、地球をはじめとする太陽系の
惑星を飲み込んで、惑星もろとも最後を迎えます。

つまり、どういうことか。
私たちには関係のない遠い未来の話ですが、
人類が生き残るためには、
あと数十億年以内には、地球から脱出して、
他の惑星への移住をしなくてはなりません。。

…そこまで人類が持つかどうか怪しい!というのは置いておいて…

移住のための課題…

他の惑星に移住するための課題は山積みです。
専門家ではない、私がササーッと考えただけでも
結構色々な問題が浮かんできてしまうぐらい。。
それだけ、地球から他の惑星への移住を行うには
大変な困難が待ち受けているのです。

それを一つずつ考えていきましょう

①移住先を見つける

まずは移住先を見つけなければ話になりません。
太陽系の惑星のどれかでも良いのですが、
環境的にどの惑星も、そのまま移住するのは不可能ですし、
太陽系内で移住したのであれば、
結局、太陽が終わりを迎えるときには終わってしまうので、
できれば太陽系の外の惑星が良いでしょうね。

そして、太陽系の外には膨大な数の惑星があり、
既に”地球と似たような環境である可能性のある”
惑星なども発見されています

ですが、今現在観測できるのはそのレベルみたいですね。

観測の技術などを上げて、地球からでもその惑星の調査が
出来るようなシステム(?)を作るか、探査機を送り込めるようにするか。
いずれにせよ、距離的にかなりの距離があるので
現在の技術では不可能です。

ただ、地球のような惑星は、あれだけの個数があるのですから
必ず1つはあるだろう、と私は思いますが…
(1つといわず、相当数あるとは思いますが)

②移動手段

地球と似た雰囲気の惑星を発見したところで、
移動手段が無くては意味がないのですよね。。

移動できなければ結局、夢物語で終わってしまいます。

しかしながら、人類は未だに月にしか到達できておらず、
太陽系の外どころか、火星などの太陽系内でも近くの
惑星にすら着陸できていない状態です。

と、いうことで今の宇宙船技術では到底無理ですし、
探査機のようなものに人間が搭乗できるようになったとしても
太陽系外の惑星に行くとなれば時間がかかりすぎです。

SF映画の如く、人間をコールドスリープかなんかして
老化を抑えながら長い年月を生きられるようにする、、
ぐらいしか、この移動方法では難しいでしょうね。。

私が思うにはSF映画的な「ワープ装置」を
開発するしかないと思います。

SF作品では、結構、ワープする宇宙船みたいので移動
していることが多いです。
これを実現させない限り、太陽系の外に人間が移動するなんて
夢のまた夢です。

科学的な技術に詳しくないのでなんとも言えませんが、
仮に将来的に可能になったとしても、どうやって試験するのか、
などなど色々ともめそうな感じはします

③国家間の問題

もしも、①と②の条件をクリアできれば
とりあえずその惑星への移住は出来ますね^^

地球からの移住計画、もしくは一部移住なんていう計画が
始まったら、国家間の争いや調整が大変そうです。
どの国の人間が移住するのか、や移住したあとの
地域のすみわけなどなど…。

また移動先の惑星の資源や領土をめぐって
悲しいことに争いを始めることになってしまう
可能性も否定はできません。

せっかく移住!というところまで来て、そんな要素で
足を引っ張られてしまってはもったいないです!

まぁ、とは言え絶対に細かい部分ではもめて
しまうと思います。

なんらかの条約・もしくはルールなどをしっかり整備して、
争うことなく宇宙区間を目指したいものですね!

かなり難しいことだとは思いますが…

④移住完了までの問題

仮に1,2,3全てをクリアしても、今度は移住先に移住完了
するまでにも色々と問題がありますよね。

人類が住めるような環境である惑星には、
既に何らかの知的生命体がいる可能性も高いです

既に知的生命体が居る場合は争いは避けられないでしょう。
急に外部から何かやってくるわけですから、
その惑星に既に何かが住んでいる場合は、
地球から来た人類を迎撃するのではないでしょうか?

コミニュケーションは文化が全く違い、とれないと思いますし…

もしも友好的な種族だったとしても、
その場合は共存していくことになりますから
その生命体の指示のもと、生活していくことになるでしょうし、
いつかはもめる気がしてなりません

また、生命体の件を解決したとしても今度は
”その惑星の環境”が問題になります。

地球と100パーセント同じ環境の惑星は無いでしょう。
”地球と似ている”だけ。
なので、未知の物質が人体に影響を及ぼしたりする可能性も
ありますし、その惑星の水や昆虫などなど、
そういう環境にも差が出るでしょう

また天候などの環境もやはり差が出ると思うので
色々と調べるべきこと・確認するべきことも違うでしょう

⑤新しい惑星の開発

移住が完了したら、今度は新しい惑星で人類が生活していくために
インフラの整備などをする必要もありますし、居住区の確保や
政治機能の調整など、色々なことが必要になってきますよね。

最初のうちは、人体にどんな影響が起きるかも分りませんから
慎重に色々な作業を進めていくことになると思います。

まずは地球と同じようなシステムを作らないと、
せっかく移住しても無法地帯になってしまいますからね。

その惑星独自の自然現象や物質などもあるでしょうから
それらについても調査・確認していく必要があるでしょうね。

⑥地球との連携

地球側との連絡を取れる環境を整備する必要があると思います。
通信環境ですね。
かなり難しいとは思いますが
1~5までを仮にクリアできているのだとすれば、
このぐらいは朝飯前だと思います。

地球側との連絡をとれるようにしておかないと、
よくSF系の作品などである、地球に反旗を翻した人類、
みたいな展開になる可能性もありますから、
ちゃんと地球と移住した人類で連絡を取り合い、
協力関係を結んでいく必要はあると思いますよ。

移住が完了したら!

移住が完了したら後は何も起こらないことを祈りつつ…
という感じですかね。
1回移住に成功したら、人類の住める惑星が2つになるわけです。

そうなったら第3、第4の惑星への移住を目指し始めると思いますが
あまり広がりすぎると管理はできなくなりそうですね…。

まぁ、より多くの惑星に住めるようにしておけば
人類全滅のリスクはどんどん減っていくでしょうから
悪いことばかりではないと思いますけれど…

まとめ

・・・と、いうことで移住は相当困難な感じがしますね。
少なくとも今の技術じゃ無理ですし、
今後数百年かかっても、なかなかこれらの問題を全てクリアするのは
難しいでしょう…

けれど、そのうちいけるような気がしないでもないです。
今から100年前の人間が現代を見たらとても驚くでしょうから…。

今から100年後も、恐らくとんでもないことに
なっているでしょうし…。

まぁ、私はそれを見ることはできないのですが…
(100年なら…奇跡が起きれば大丈夫かも??笑)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする