会社でとりあえず3年働け?私は1週間で辞めましたよっ!

店員Kです!

会社でとりあえず3年間は頑張ってみろ。
そういう話を良く聞きますよね!
確かに、ある程度頑張ることは大事です。

まぁ、それについては今日、語るつもりはありません。
今回、この記事で書くのは
私の短いみじか~い正社員時代のこと。

学生時代を終えて私は
誰もが知っているであろう”超”一流企業に入社しました。

海外にも進出している誰もが知っているあのメーカーです。

え?自慢しているのかって?
イヤイヤ…自慢にはなりません

何故なら、1週間で辞めたのですから(笑)

今回は、私の正社員時代について語ります!

スポンサーリンク

一流企業に入社!

学生生活を終えた私は、とある一流企業に入社しました。
誰もが知っているであろうあの会社です!
(怒られそうなので名前は伏せます!)

ですが、私は体質面で少し不安があり
(詳細はこちら)、そのことを
入社前に予め伝えておく必要がありました。
なので、面接などでもそれを隠さずにお伝えし、
それでも大丈夫、ということで採用されたのでした。

そして学生生活を終え、最後の春の休みを終え、
私はいよいよ新社会人になったのでした!

一流企業と言うことで、
このままここで、安定した人生を送れるのだろう、と
ちょっと調子に乗ってました。
バカでしたね(笑)

1週間で退職!

いやぁ…まさか4月1日の時点では1週間で退職することに
なるなんて夢にも思いませんでしたよ!
まずは会社で3年間!どころか、
3か月、いや、3週間すら持たなかったのですから笑うしかありません!

と、いうより休日を挟んだので実際に出勤したのは4日なのですがw

では、店員Kの退職までの
一流企業ライフ(?)を見ていきましょう。
どうぞどうぞ笑ってください^^

4月1日

記念すべき1日目。
大手企業だけあって本格的な入社式が開かれました。
初めて顔を合わせる同期たち。
これから長い間、一緒に苦楽を共にする人間…
になるはずでした。

しかし、そうはならなかったのですね。

1日目は説明がメイン。色々な説明を聞きながら
「覚えることが多いな~」などと思いながら
これから何十年も働くであろうその企業の色々な
事を覚えようと全力を尽くしました。

初日は疲れましたね。
18時に解散となりましたがくたくたでした^^

4月2日

2日目。私は日に当たれない体質だったので、
外に出て、とある話を聞く場面があったので、
自分から申し出て、防具(防止など)をした状態での外出許可を
頂きました。

担当者が「?」という顔をしていたので
少し違和感は感じましたが…。

その日もそれ以外は順調に進行。
色々な上司の方や色々な部署の見学なども
行い、想像以上に規模の大きな会社であることに
驚いたものです。

で…昼休みには初めての社員食堂。
と、いうか最初で最後の社員食堂(笑)

同期の同じ部署所属の人や
唯一の女性同期の方と早速仲良くなり、
この日は楽しく食事をとれたと思います。

最初で最後の社員食堂。
私が食べたのはラーメンでした(どうでもいいか…)

色々と雑談もするようになり、
周囲との人間関係もうまく行きそう…
この日はまだ、そんな希望に満ちていた日でした。

4月3日

3日目。まだまだ分からないことだらけですが、
次第に会社の雰囲気や上司、同期たちとも打ち解けていき、
最初の日のような緊張は無くなりました。

女性同期とは冗談を言い合うような感じになってましたし、
同じ部署所属予定の男性同期とも気軽に話し合える間柄に
なっていました。

そしてこの日、18時から歓迎会が行われました。
新人の自己紹介なども。
私もちょっぴりユーモアを(ウケたかは覚えてませんw)交えた
自己紹介などをしました^^

宴会のくじ引きでは
私がガムセット(1000円ぐらいのやつ)を当てました。
女性同期は何故か鼻毛カッターでしたが(笑)

まぁ、そんなこんなで、その宴会も楽しく過ごすことができ、
充実した1日を過ごしました。

4月4日

社会人になってから初めての休日。
この日は遅起きでしたよ…
疲れていたので。

やっぱり休みは良いなぁ、などと思いながら1日を過ごしました。
ですが、まさかこの1週間後には無職になってるなんて
思いもしませんでしたよ!
本当にびっくりです!

4月5日

この日も休み。会社の自由参加の花見があったのですが、
私は屋外はダメなので…ということでせっかくのお誘いを
残念ながらお断りすることになりました。

なので、この日も1日フリー。
明日からまた1週間頑張るか!みたいな感じでした(笑)
1週間どころか、まともな出勤はあと1日だけだと言うのにー。

4月6日

その日も同部署の同期や女性同期と話しながら楽しく(?)
研修を受けていました。
研修中は皆真剣です。
もちろん私も真剣。

退勤時間後、同期の女性と
笑いながら「また明日」なんて、そんな話もしました。
ですが、、これが最後の会話でした。
そうです、もうこの人と会うことはなかったのですから…
(今、どうしてるかな…?)

そして、転機は訪れました。
同部署の同期と、退勤時間後に呼ばれて、
作業内容の説明を受けます。

その内容は、私にとって(日に当たれないので)
過酷なものでした。

そしてとある九州地方での研修を告げられます。
それは別に良かったのです。
ですが、研修内容は屋外のものばかり。
消防訓練から、山登りなどなど…
ちょっとした肉体訓練みたいな感じでした。

残念ながら、私の体には無理なのです。

本当はこの会社でこの同期や上司たちのもと
一緒に働きたかったんです。

ですが、人間、どんなに頑張っても無理なことはあります。

無理やりその研修に行けば
私の皮膚はボロボロになり、研修どころじゃなくなったでしょう。
戻ってきても皮膚ボロボロで仕事中も激しいかゆみに襲われながら…
そんな未来が待っていたはずです

けれども、その体質を申し出たら
今度は会社に多大な迷惑をかけます。

その日、薄暗くなった空を見ながら私は決意しました

”この会社に自分の居場所はないー”

と。

4月7日

自分の身の周りの人間と、6日の夜に相談して
私は”退職”という道を選ぶことになりました。
退職願を手にー。
朝、集合するべき場所とは違うー、
人事部を直接訪れました。

驚く人事部。それは当然です。
入って1週間の人間が突然辞めると言いだしたのですから…。

「とりあえず今日は、研修の続きを…」

そう言われたのですが、
この日、もう私は時間をずらして会社にやってきていました。

今更、あの同期のみなさんや上司に合わせる顔が無い。

私は「もう決めたことなので…」と退職願を手に告げました。

上司や、直属の上司もやってきて、
私は、体調上のこと、そして退職すること、そして
せっかく採用して下さったのに大変申し訳ない、というお詫びの言葉を
口にしました。

上司は、神妙な表情で
「もっと、ちゃんと話がついていれば、
君の体質にあった部署に配置できたのに…」そう言いました。

ですが、やはり大企業は大きすぎるがゆえに
情報伝達が上手くいかないこともあります。

私は面接でも入社前にも伝えていましたが…
伝わっていませんでした…

その日、上司が退職届を受理。
翌日に会社からの返還物を受け取り、私が会社に返すものを
持ってくるという約束で、その日は立ち去りました。

4月8日

これが私の正社員人生最後の日です。
3年間?私は1週間だ!!(泣)

人事部の女性に返却物を渡し、出来たばかりの
ネームプレートをお返ししました。

本当に寂しい思いをしました。
そして、本当に申し訳ない思いをしました。

「先週、食堂で話したんだけど
 --〇〇さん(同期の女性)が
 一番話しやすいのは〇〇くん(私の名前)と
 言っていたのに…」

と人事部の女性は漏らしました。

…同期の女性。
あの人は、まわりが全員男性でした。

確かに、私とは良く話しました。
私も、話しやすいな、、そんな風には思っていました。

この言葉を聞いたとき、
本当に申し訳ない気持ちが溢れ出ました。

今でも思います。
本当に申し訳ないです。。

私は最後に
「ーー皆さんに”頑張ってください”とだけ
 伝えてくださいー」

そう言って頭を深々と下げて
その部屋を後にしました。

人事部の男性からは睨まれていた気がしますが…

当たり前ですよね…
その方が採用担当だったので、
1週間で辞めた私は、その方に泥を塗ったようなものですし…

そして・・・私の正社員ライフはこれで終わりです。
出勤6日(うち二日は話だけ)…。

呆れて笑えてしまいますね!
泣かれましたよ…。(誰にとは言いません)

まとめ

これが私の正社員ライフ。
ブログなどで語るのは初めてです。
本当に申し訳なかったです。

体質でここまで迷惑をかけるとは…
そして、こんなにも歯がゆい思いをするとは思いませんでした。

そんな私もアルバイト⇒契約社員⇒店長になって、
今度は店が潰れて、今は自営業です。

これからどうなるんでしょうねぇ…
自営業も失敗するのでしょうか(汗)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする