休憩しなさい!職場・バイト先で休憩しない人は自分勝手なやつ!

店員Kです!

職場やバイト先での休憩。
ちゃんとしていますか?

”休憩できるのにしない人”
たまにいますよね。
無給でもいいから休憩時間も働き続ける…という。

ですが、これは自分勝手、
そして仕事のできない人のとる行動だと私は思います。

もちろん、
上司が休憩をくれなかったり、
そもそも休憩自体が存在していない職場であれば仕方がないです。

ですが、
”ちゃんと休憩時間がある”のに休憩しない人は
無能だと思いますし、自分勝手だと思います。

今回は、休憩することの大切さを
書いていきましょう!

スポンサーリンク

休憩は大事!

職場での休憩は大事です。
バイトでも、正社員でも”休憩があるのであれば”ちゃんと休憩しましょう。
よく、休憩時間があるのに、その時間も仕事し続ける人も居ますよね。
一見すると、仕事熱心で良い社員・良いアルバイトさんに見えるかも
知れませんが、それは違います。
”休憩時間に仕事してなければ終わらない”効率の悪い人です。
ですから、優秀な社員でもなんでもないんですよね…。

私の場合は、こういう人が居たら評価をさげます。

まぁ…上司から絶対に終わらない量の仕事を押し付けられている、だとか
急にお客さんが絡んだ仕事が入った、とか
そういう不可抗力のものは除きますが、
「休憩できる」のにしない人が居るので、そういう方たちの事を
言っています。

休憩できるのにしないは自分勝手

休憩できるのにしない人は自分の事しか考えていません。
”休憩中も仕事している自分に酔っている”のです。

ただ、周囲から見たらこれは結構な問題ですよ。
あなたの知らぬうちに特定の人物に対して
嫌な思いをさせている可能性だってあるのです。

安易に休憩時間をなげうって、仕事を続ける、ということは
そういうことです。

何が自分勝手なのか、何の嫌な思いを
周りにさせるのか。書いていきますよ!

責任者や上司の場合…

責任者や上司ポジションの方、
またはお店の店長などが休憩できるのにせずに仕事をしている場合。
これは、非常に問題です。

下の立場の人間からすると
「あの人(上司)が休憩していないのに、自分は休憩しても良いのか?」
という雰囲気を作ってしまいます。

実際に私がアルバイト時代の店長の一人は
休憩をほとんどしない人でした。
そのため、アルバイトスタッフさんの休憩についても
全く考えておらず、
時間になれば「休憩いいよ」と言ってはくるのですが
時々忘れていたり、
忘れていたりする場合に、こちらから言うと、不機嫌になったりと、
”自分が休憩しない”がゆえに、休憩する人に対して
イライラしている様子が見受けられました。
(そんな態度するなら自分も休憩に行けばいいのに…
正直言って、迷惑です)

また、やっぱり休憩に行かないと、周囲に
後ろめたい気持ちや休憩に行っていいのか?というような
不安な気持ちを芽生えさせると思います。

あとは休憩に行かない人の方が、当然
心身的にも余裕のない方が多かった印象ですし、
休憩をぞんざいに扱っている印象がありました。

部下に最低限の環境を作り出すためにも、
ちゃんとしっかりと、責任者の立場にある人間が
「手本」としてしっかり休憩をとるようにしなければ
なりません。

↑の店長は
「休憩中、呼んでも来ないようなヤツはダメだ!」とか
「休憩長くね?」
だとか、休憩を侵害するような発言もしていましたね。

責任者や店長の立場にある人間は、
まず「自分が休憩をとること」
これが第1歩です。

周囲に休憩に行き難い雰囲気を作り出すのは
周囲のことを何も考えていない自分勝手な行動です
”自分のことしか考えていない”

上司が休憩に行かないと部下は行き難い(私は行きますけど笑)
ので、必ず休憩はとるようにしましょう。
いえ、してください。

バイトさんや部下ポジションの場合

これもやはり休憩にはちゃんと行きましょう。
休憩しないで無給でもいいですから、と仕事をするような
バイトさんを見ていると
正直、ダメな人 に見えてしまいます。
こういう人がブラック企業に飲み込まれて、ブラック企業を
成長させる原因になるのだと。

必ず休憩はとるようにしましょう。

私の旧勤務先にも休憩をとらないバイトスタッフさんが居ましたが
私の心の中での評価は”問題あり”でした。
休憩をとらないような方は、私はあまり信用できませんね。
”時間配分”が出来ていない証ですから…。

休憩取らない人は無能!?

休憩を「とれるのにとらない」人は
仕事のできる人でも、一生懸命な人でもありません。
騙されてはいけませんよ。

”自分勝手”で”仕事ができない人”という隠された本性を
持っています。

”休憩できる環境”にある人はふつうの考えの方なら
ちゃんと休憩するはずですからね。
休憩中に仕事したってお金は出ません。
会社の犬として、その間の時間を会社に捧げているだけです。

無駄な事は止めましょう。

自分勝手!!

上でも書いた通り、休憩時間を確保できるのに
休憩しない、というのは自分勝手な人のすることです。

周りがどう感じるかを考えることができていない。

周囲への影響を一切考えもせずに、
自分が働きたいから、それだけの為に
休憩時間も働く…。

完全に自分勝手です。

また、我が強く、人や上司などの指示をちゃんと
聞くことができないタイプの人間であることも予想できますね。

”休憩時間”がちゃんと定められているのに休憩しない。
上司から何かを言われても、もしくは部下から「少し休んだ方が…」と
言われても頑なに休憩しない。

人の意見を聞き入れることができず、
頑固な人間、かつ自分勝手な人間だと言われても仕方がありません

仕事のできない人!

そして、休憩をとらない人は仕事のできない人間です。
休憩時間も仕事をしている!と言えば
聞こえは良いかもしれません。

けれども、実際のところは逆です。

”休憩時間にも仕事をしていないと
 仕事を終わらせることができない”

”休憩時間と仕事時間の配分もできない
 時間配分のできない人”

これが真実です。

勿論、終わらない量のとんでもない量の仕事を
与えているような職場であれば、
職場側に問題があります。

ですが、そうでもないのに休憩中に仕事をしているような人。

これはつまり、休憩時間を使って仕事をしている”仕事熱心”
なのではなく

”仕事の遅い”
”時間配分のできない”
スタッフなのです。

これは問題ですね。

私の旧勤務先にもこの時間配分が出来ない
アルバイトスタッフさんが居ました。

休憩もとらず、仕事を続けて
閉店後も無給で仕事を1時間続けていたこともあります。

こういうのは本当に良くないですよ!!

仕事とプライベートの棲み分けをちゃんと行う事のできないタイプ。

こんなんでは、
将来家庭を持つこともできませんし、
仕事一色に染まってしまい、
プライベートを失って仕事人間になってしまうでしょう。

また、周囲の他のアルバイトスタッフさんも気を使って
いました。

なので当時、私が「仕事の手はしっかり止めて休憩するように」
伝えました。
休憩もできないような人間は、
仕事もできない人間です。

まとめ

休憩をとれないような職場・環境であるなら仕方がありません。
ですが、私の旧勤務先は休憩できる環境でしたし、
他にも休憩できる環境なのに休憩しない人、
結構見かけることがあります。

駄目です。
ちゃんと休憩して下さい。

休憩時間も働いて「自分は頑張っている」と思っているのであれば
勘違いも甚だしいと私は思いますよ。

周囲に嫌な雰囲気を与え(必ず一人はいると思います)、
自分勝手な行動をしているだけです。

仕事は仕事時間中に終わらせる。
休憩時間は仕事のことをいったん頭から消し飛ばして
ちゃんと休憩する。

これが大事なことです。
少なくとも私は、休憩を取らずに仕事を続けるような方は
”一流”にはなれないと思います。

皆様もしっかり休憩をとれる状況ならとってください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする