バイト&職場 人の本性を詮索しない!裏は見なければ関係なし!

店員Kです!

人はどんな人間でも”外面”と言うものがあります。
誰にでも、裏がある、ということですね。

裏の無い人間なんて居ない。
私はこう思います。

どんなに真面目に見える人間でも、必ず何らかの裏はあると
思いますし、裏の無い人間がいるのだとしたら、
私はその人間は薄っぺらな人間だと思います。

その裏が良いモノか、悪いものかは分りません。

けれども誰だって、
職場の愚痴を言ったり、
カゲで友達の悪口を言ったり、
そういうレベルの「裏」はあると思います。

今回は、それを踏まえて、アルバイト先の人間の表裏を
詮索しないことの大切さ、を書いていきます。

スポンサーリンク

バイト先や職場で…

バイト先や職場には色々な人がいると思います。
店長も居るでしょうし、先輩や後輩もいるでしょう。

また、上司から見てみても、色々な部下が
居るはずです。

で、まず押さえておきたいのは
上でも書きましたが、人間誰でも「裏」があるということ。
裏の無い人間なんて居ません。

バイトでも正社員でも
「仕事」に来ている人間は少なからず「自分を偽って」居ます。
偽りの自分を会社内で演じているわけですね。

なので、”本当のその人”なんて見ることはできません。
あくまであなたが見ているその人は
”仕事中のその人”であり、
その人本来の姿、は決してみることができません^^

誰だって、隠しているモノはありますからね…

”裏”を詮索しない

そして、職場で大切なことは、その人の裏側を詮索しない、
ということ。
誰にだって裏はあります。
その裏側をのぞいても、良いことなんて一つもありません。
余計なことを知ってしまえば、そのスタッフや同僚のことを
疑心暗鬼な目で見ることになりますし、
マイナスはあってもプラスなんてありません。

と、いうことで職場などでやってしまいがちな
”裏を見る”ということについて書いていきます。

裏なんて見ないほうが良いのです。
裏は知らなければ裏でしかありません。
ですが知ろうとすれば、裏は表になります。

①プライベートを詮索しない

誰にだって知られたくないプライベートの一つや二つ、
あることでしょう。
それを詮索することは余計なトラブルを招きかねません。

もしかしたら掛け持ちで、別のイメージとは違う
仕事をしているかもしれませんし、
学生さんのアルバイトさんなどの場合、
学校ではもの凄い悪かもしれません。

「真面目なイメージ」のついている同僚・バイトスタッフさんでも
プライベートや別の職場では結構イメージと違うことをしている人
である場合も多いです。

真面目な印象の同僚・スタッフで信頼できる人間だったのに
裏を知ってしまい、信頼できなくなってしまった…
そんなこともありえます。

例えば、学生さんのアルバイトスタッフさんが
居て、その人は凄い真面目に仕事をしてくれる人
だったとしましょう。

しかし、店長がちょっと興味本位で、裏側を調べてしまった結果、
学校では授業をサボる不真面目な生徒であることを
知ってしまった…。

するとどうでしょう?
仕事上でも「この子に仕事任せても大丈夫かな?」って
なってしまいませんか?

しかし、裏側を知ろうとさえしなければ
そんなことには永遠に気づかずに、
安心して仕事を任せることができていたわけです。

プライベートが不真面目だからと言って
仕事上で不真面目とは限りません。
プライベートと仕事は別物として考えている人も多く存在します。

なので、余計な詮索はせずに、
”知らないまま”の方が絶対に良いです。
知らないほうが幸せなこともあります

②恋愛関係も詮索しない

同僚やスタッフの恋愛関係…。
これを本人に聞いたり、周囲の人間から聞き出そうとする
行為も絶対にやめておきましょう。

これも理由は同じです。
仕事に真面目な人間でも恋愛関係がだらしないことも
よくあることです。

例えば、職場では真面目な男性社員やスタッフ、バイトさんが
恋愛面ではだらしのない人間だったりすることも。
遊び人だったり、浮気がちな体質だったり、
どうしようも無い人であることもあります。

ですが、これも知らなければ良いことです。
恋愛関係がどうであれ、仕事には基本関係がありません。

今まで真面目だと思っていた同僚やスタッフのそんな一面を
知ってしまえば、
「この人、仕事でもだらしがないのかな…」などという
余計な疑いを持つ原因になります。

恋愛関係においても同じことです。
知らなければ知らないほうがいい。
仕事上は絶対に知らないほうが良いです。
疑い出したらキリがありませんから…。

また、恋愛関係を詮索することは、場合によっては
問題になることもありますし、
詮索される本人も嫌がるでしょう。

なので、そっとしておくのがベストですよ。

③SNSを詮索しない

今の世の中、多くの人間がツイッターやフェイスブック、
ブログ、LINEなど色々なSNSを利用しています。

そしてSNSは匿名でも使うことができるので
普段よりも強気な発言ができるのが特徴ですね。

人によっては会社やバイト先の愚痴や悪口、
同僚や上司の悪口などを書いている人も多いです。

私も店長時代に
知り合いから、スタッフのSNSを見せられたことが
ありますが、結構色々と書いてありました。

ですが、ツイッターなどのSNSなんてそんなものです。
愚痴をもらす場ですし、いちいち真に受けていたら
キリがありません。

SNSの闇の部分など、知らなければ知らないほうが
良いのです。

スタッフや同僚のSNSを見たって良いことなんて
何もありません。
見られている側も気持ち悪いでしょうし、
見ている側も良い気分ではないでしょうから、
そういうものは一切見ない・探さない・他人から見せられそうに
なっても見ない、それを徹底することをおすすめします。

また、同僚がやっているブログだとか、
そういうものも見ないほうが良いです。

仕事上、良好な関係を築きあげるのに、
その人の中身なんて知る必要は一切ありません。
知らなければ、知らないほうが良いのです。

④過去を詮索しない

今は真面目な人の中にも、
学生時代や昔はとんでもないワルだった!
なんて人も居ます。
それをいちいち詮索していたらキリがありません。
余計な詮索はしない。

過去は過去、
今は今です。

過去にいかに不真面目な人間だったとしても、
現在が真面目であれば、過去なんてあなたには関係のないことですし、
本人にとっても知られたくないことでしょう。

スタッフや同僚の過去をあれこれ詮索するのも危険です。
知らなければ知らないほうがいい。
これを心に刻み付けておきましょう。

仕事上の仲間は、あくまでも仕事上の付き合い。
その人の本質まで知る必要はありません。

知ってしまうと…

その人の裏の部分を知ってしまうと、
どうしても疑心暗鬼になってしまう部分はあると思います

「この人は本当に信用していいのかどうか」
「自分の悪口も影で言っているのではないか」

そういう疑心暗鬼な心が生まれることによって、
さらにその人の裏にまで踏み込んでいってしまう。
これは大変危険です。

裏で悪口を言われていようが、
あなたの耳に届かなければ、それは裏のまま。
裏は裏のままにしておけば良いのですよ。

まとめ

知らないほうが幸せなこともあります。
人間、知りすぎてしまってはいけません。

同僚やアルバイトスタッフさん、店長の黒い部分なんて
知る必要はありません

知ってしまえば気になるものですし、
かえって疑心暗鬼に陥ってしまう可能性もあります。
知らないほうが、スムーズに仕事ができるのは確かです。

余計なことを知ってしまい、
疑ってしまう。
そうなれば仕事上にも支障がでてしまいますから、
知らないままの方が良いですよ!
詮索はしないようにしましょう!

ちょっと使い方は違うと思いますが
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ という言葉があります。

同僚やバイトさんの裏という深淵を覗けば、
あなたも深淵に飲み込まれてしまうかもしれません…。

余計なものは覗かない。
これに限ります


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする