髪色自由のバイトを探す!髪の色を縛られないバイト先ってあるの?

アルバイトの多くは
ある程度の頭髪や、服装などの
チェックが入るかと思います。

職場によっては「黒髪」限定なところもあるでしょう。

しかしながら、人によっては
茶髪だとか金髪だとか
そういった髪の色のままバイトもしたい、
という人もいるかと思います。

そんな場合はどうすれば良いのか、
どのような点に注意をすれば良いのか、
その点についてのお話をしていきたいと思います。

髪色に縛られないバイトをしたい!という方は
参考にしてみてください。

バイト先によって異なる

”髪の色”をどう考えているのか。
これはバイト先によって異なります。
上でも書いたように黒髪しか認めない!
というようなバイト先もあるでしょうし、
ある程度の茶髪ぐらいまでであれば理解を
示してくれるバイト先もあるでしょう。

そして、中には金髪や赤髪、青髪で
あってもOKのようなバイト先もあるかと思います。

対応はバイト先によって本当に様々、ということですね。
仮に、あなたが金髪や青髪であったとしても
雇ってくれるバイト先は探せばある、ということです。

もちろん、選択肢は狭まりますけどね…。

選択肢は狭まる!

当然のことですが、頭髪が派手であれば派手であるほど、
アルバイトの選択肢は狭まってしまいます。
茶髪ぐらいであれば許容するところも多いですが
それ以上になるとハードルは一気に上がりますし
採用してくれる業種も、かなり限られてくるはずです。
金髪・青髪・赤髪・緑髪、その他もろもろ…
このあたりはかなり、選択肢は狭まるでしょう。

が、それでも選択肢が0になることはありません。
探せば、どんな髪の色でも雇ってくれるような
アルバイトを見つけることはできるでしょう。

ただ、コンビニだとか一般的な接客業は
かなり厳しいでしょうね…。

探す時には…

髪の色を染めたままバイトを始めたい場合は
まず、髪色が何でもOKのバイトを探すことから
始めましょう。
正直なところ、金髪や赤髪などで、
そのまま面接に行っても、
それをよしとしないバイト先の場合は
面接をするだけ時間の無駄でしょう。
ほぼ確実に落とされます。

バイト面接に来る人はそこそこの人数いますし、
採用した人自身も、上から怒られる可能性があります。
多くのバイト先は”リスク”を取らないかとは思います。
どんなに良い経歴を持っていたとしても、
どんなに良い受け答えができたとしても、
髪を染めることを許さないバイト先の場合は
落されます。

この前提は覚えておきましょう。

そのため、最初から、髪色自由のバイトを
探すようにした方が手っ取り早いです。
街中のアルバイト募集の用紙には
なかなか”髪色自由”などと書いてあるところは
少ないと思いますから、
街中のバイト募集に連絡する際には
事前に確認してみると良いかもしれませんね。

髪色について尋ねられても、
髪色自由にしているバイト先であれば
特にその時点で、評価を下げるようなことは
ないかと思います。

髪色自由ではないバイト先の場合は
その時点で「うちではちょっと」と言われますから
そこでは恐らく面接を受けても採用されないでしょう。
そうであれば、他のバイト先を探せば良いだけのことです。

ネット上で探すのであれば
「髪色自由」のバイトに絞り込んで探すのが
一番手っ取り早いのではないでしょうか。
サイトや業種にもよりますが、見つけることは
できるかと思います。

髪色自由でバイトをしたいのであれば、
まず、髪色自由のバイトを探す、
ということから始めましょう。

面接中に確認してみる

髪色自由を掲げているバイト先であっても
面接で何か言われる可能性もあります。
その場合、今のままで大丈夫かどうか
確認はしておいた方が良いかと思います。

そうでないと採用した後に
髪色で怒られて~なんてことに
なる可能性も0ではありません。

髪色自由、と言っても
(お店の指定した範囲で自由)である可能性も
ありますから、その点は注意するようにしましょう。

騙す行為はやめた方がいい

これはどういうことかと言うと、
バイトの面接時には、黒髪で面接を受けて、
いざ、採用されたら髪色を金髪にしたり…
ということです。
これは、絶対にやらないようにしましょう。
バイト先と揉める結果となり、最悪の場合は
辞めさせられる可能性もあります。
また、頭髪について言われて
色を戻してくるように言われてしまう
可能性もあります。

後々確実にトラブルになりますから、
面接時だけ黒髪で切り抜けて、
みたいなことは絶対に控えるようにしましょう。

バイト先にとっても自分にとっても、
良い結果は訪れないと思います。

どうしても黒髪がイヤなら…

どうしても黒髪がイヤなら
せいぜい茶髪まででしょうか。
髪色自由ではないバイト先の場合、
金や青、赤などはハードルが非常に高いですから、
茶髪までに抑えておくことをおすすめします。

茶髪であっても確実に採用されるとは限らず、
頭髪に何か突っ込まれる可能性は否定
できませんが、他の色よりかは
採用される可能性は上がると思います。

私は接客業の店長をやっていましたが
茶髪(派手すぎないもの)までなら
採用対象に入れていました。
こういうケースもありますから
どうしても黒髪が嫌だ!という場合は
茶色どまりにしておくのが
ベストであるかと思います。

例外もあるかもしれない

基本的に上で書いたように、
髪色自由を求めるのであれば、
業種によっては諦めざるを得ないかとは思います。

ただし、バイト先の方針は
それぞれ違いますし、個人経営の
お店などであれば、頭髪を気にしないような
ところもあるかもしれません。

髪色が派手だから100パーセントその業種は
不可能か、と言われればそんなこともないので
もしもどうしてもやりたいバイトがあるのであれば
色々と探してみるのも良いかと思います。

ただ、基本的に職場の雰囲気などを見てみて、
髪色が自由ではなさそうな雰囲気の場所はやはり、
なかなか厳しいかとは思います。

特別な事情がある場合

髪色に関して、もしも特別な事情があるのであれば
面接の際などに必ず自分から
持ちかけるようにして下さい。
何も言われなければ分かりません。

例えば、世の中には生まれつき髪の色が「黒」では
ない人もいます。
そういった場合、何も言わなければ、バイト先側は
「染めている」と判断しますから、
必ず、伝えるようにしておきましょう。

もちろん、それでもいろいろな理由から
落される可能性もありますが
何も言わないで黙っているよりかは
圧倒的に採用の可能性は高まるかと思います。

髪色を変える

どうしてもやりたいバイト先が
髪色自由でないのであれば
最終的には選択肢は2つになります。

それは「他のバイトを探す」か「髪色を変えるか」の
2択になりますね。
最終的にはどちらかを選ぶしかありません。

自分自身でよく考えてみて、
髪色を取るか、やりたいバイトを取るか、
ということをしっかりと考えて
決断していく、というのが一番良いのでは
ないかと思います。

髪色自由のバイトを探すのであれば
探すのも良いですし、
諦めて髪色を変えるのも、個人の自由です。

まとめ

髪色自由のアルバイト、となると
どうしてもその種類は限られてしまいます。
が、それでも髪の色をこのままにしておきたい!
という場合は、髪色自由の
アルバイトを探すしかありません。

案外、髪色自由のアルバイトも
探せば見つかりますから
自分で探してみて、
そこにチャレンジしてみるのも良いかと思います。

ただ、髪色が派手な状態で
バイトを探すのであれば、
闇雲に面接を受けるのは時間の無駄になります。
必ず”確認”はしてから面接に臨むように
していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする