どうして会社は平気な顔をして数分単位の残業をさせるの?

仕事
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

会社で本来やってはいけないことなのに
横行しているのが
「数分単位を切り捨てる」好意ですね。

本来、1分であっても残業させたら
会社は賃金を支払わなくてはいけませんが、
当たり前のように数分単位の仕事は
やらせているところが多いですし、
1分、2分ならともかく
5分、10分のような時間になっても
平然とした顔で、無給で働かせているようなところも
多いのが事実です。

確かに「1分オーバー!」みたいな細かいことを
やっていると色々と大変、という言い分も
あるのかもしれませんが、
それにしても平気な顔をして
赤信号を渡る企業が多いのも事実。

それは、何故なのでしょうか。

違反が蔓延する世の中

当たり前のように、違反が蔓延する世の中、
というのが今の時代の現実です。

例えば、社員が5分早く帰宅を始めれば
それを繰り返している場合、
会社側は怒り、処分を下すでしょう。

しかし、毎日のように社員の仕事の終わりが
5分遅くなっていても
会社は何も感じず、
残業代も支払わずにのうのうとしているでしょう。

前者も後者も、本来は違反であり、
どちらもやってはいけない行為ですが、
なぜか、後者は当たり前のように行われており、
それが良しとされてしまっているような
現状があるのも事実です。
労使のパワーバランスが取れておらず、
雇う側に有利な世の中になっている、
というのが、今の世の中の現実でもあります。

公務員であっても
こういったことは行われており
数分単位、あるいは数十分単位の残業は
サービス残業で処理されてしまうようなことは
実際に起きていますし、
働く側も「このぐらいならいいや」と
なってしまうのが大きな問題点のひとつと
言えるでしょう。

では、なぜこのように
当たり前のように違法行為が
行われるようになってしまったのか。
それを見ていきたいと思います。

違法の意識がない

まず、やってはならない行為である、
という意識を会社側が持っていないことが
多い、ということが問題のひとつですね。

数分単位の残業どころか、
何時間にも及ぶサービス残業ですら、
会社側に罪の意識が何もないような
極めて悪質なケースも時折見受けられます。

こういった考えが蔓延しており
数分単位の残業には給料を払わなくていい、
という間違った考えが
当たり前のように広がっていることが
一つの原因になっているのは間違いないでしょう。

上で書いたような
「社員が5分早く帰れば怒るが、
5分無給で仕事をさせても平気な顔をしている」
というのが、今の状況を強く表しているものと思います。

みんなやってるから…

今の世の中では当たり前のように
数分単位の残業を行わせているところが多いです。
そのため「他もやっているから」状態に
なってしまっている側面は
少なからずあるでしょう。

赤信号をみんなで渡れば怖くない状態に
なっているわけです。

どこの企業も当たり前のように、
数分単位のサービス残業を社員にやらせている。

そのため、うちも大丈夫だろう、と
そうなってしまうわけです。
そしてこれがさらに拡散し、どんどん悪い風潮が
伝染していく、そういう流れになっているわけですね。

嫌な流れではありますが
今後もどんどんこういう流れは
加速していくのではないかと思います。

働く側の意識の問題

そして、働く側の意識の問題も
あるかと思います。

数分単位であれば
ボランティアでいいですよ、という気持ちの
人が多いのではないでしょうか。
もちろん、それで心から良いと感じている人は
別にそれでも構いませんが
内心嫌々サービス残業をしている人もいると思いますし、
無理やりやらされている人もいるでしょう。

が、「数分単位なら全然」と言っている人たちが
いると、そういった人たちにまで
影響が及ぶことになります。

会社側が、数分単位なら大丈夫、という
考えをさらに強める原因になりますし、
不本意に数分単位であっても
サービス残業をしたくないヒトたちを
苦しめること繋がります。

働く側も、
言いたくても言えない人もいますし、
「No」と言える環境を作ること、
「数分ならいいか」と中途半端な気持ちを
抱かないこと、これが重要になるかと思います。

会社から圧力をかけられたり
残業代を申請できる雰囲気ではない状態であれば
会社側に非があると思いますが
私が以前、店長時代に見ていた限り、
そんな圧力がないのに「このぐらいならいいですよ」と
自ら残業代を放棄してしまうような人が何人もいました。

情だとか、そういうことかもしれませんが
それでも、やはり、払わせるべきものは
会社に払わせなくてはいけない、とそう感じます。

古臭い考えが蔓延

これも要因の一つではあると思います
会社にはいまだに古臭い考え方が
蔓延していることも多いです

義理人情だとか
そういったわけのわからないことを持ち出して
サービス残業を正当化しようとする
人がいるのも事実です。
新聞の投稿でも、以前、
「サービス残業をしなくなった
ヒトとしての温かみが~」というような趣旨の
訳の分からない投稿を見かけたことがあります。

こういう古臭い考え方も
悪しきものの一つでしょう。

確かに、昔はそれで良かったでしょう。
ですが、それは会社側にも人情があったからこそ、のことです。
今はどうでしょう?
多くの会社は、社員を使い捨てるような使い方を
しており、とてもじゃありませんが
会社側に人情などというものは存在せず、
あるのは社員を使い捨てるという考えだけになっています。

会社側が社員を人間としてすら見ていないのに
どうして社員は会社に義理を感じないといけないのか。
というお話です。

会社が社員に対する考えを時代と共に変えたわけですから
社員側もドライになるのは当たり前のことですし
昔を基準に、今の若い人は人情がない、
みたいなことを言われても
何、時代錯誤なことを言ってるんだ、で
お話はおしまいです。

もう少し、今の時代に沿った考え方を
少しは理解する必要があると思いますし、
古い考えが蔓延している、ということも
数分単位のサービス残業が蔓延する、ひとつの
原因になっているのだと思います。

扱いが悪ければ不満も爆発する

現実問題、1分オーバーしました!
1分残業代~!みたいなことをやるのは
なかなか厳しいと言うのも分かります。
なかなか物事は、時間きっちりには終わらないものですし
そこまでガチガチにやるのも難しい、というのも
事実ではあるでしょうし、
窮屈になるのも事実であると思います。

が、今後こういう声はさらに拡大するでしょうし
”今のまま”なら、1分単位でも残業代を
支払わなくてはいけない時がやってくるでしょう。

それだけ、労使の使われる側の不満が
高まっている、ということがひとつの理由として
言えますね。
ブラック企業だとか、パワハラ、
働く側の会社への不信感が全体的に
高まってきている、そういうことです。

また、暮らしが苦しいのも不満が
高まる原因のひとつであり、
不景気な世の中も、不安を増長
させている側面はあるでしょう。
少し裕福な人が、何かを起こすと、
ここぞとばかりに叩かれて、世の中から
追放されるような流れも、
こういった不満が影響している、と思います。

いずれにせよ、今のままの、
暮らしに不満があったり、余裕のない世の中が続けば、
1分単位の残業代も支払うしかないでしょうし、
今後、さらに厳しい目を企業は向けられることになるでしょう。

まとめ

1分単位のサービス残業も、本来は違反であり、
払うべきものです。
「そのぐらいいですよ」となるのは、会社側が
普段から、それ相応の待遇を社員に与えている場合に限る話であり
今の世の中では、それはなかなか難しいでしょう。

少なくとも、平然と、数分単位の残業をサービスで
やらせているような会社は自分を顧みた方が
良いのは事実でしょう。

タイトルとURLをコピーしました