転勤族との結婚をするには覚悟が必要!その大変な生活とは?

店員Kです!

世の中には、仕事で転勤を繰り返す人も存在します。
会社によって転勤が多い会社なども多く存在しますし、
そういった会社でやっていくためには、
コロコロと転勤しなくてはならないこともあるのです。

本当に1年ぐらいで転勤を繰り返すような人も
この世の中には存在しており、
そういった人たちは、転勤を繰り返すために
同じ土地で根付いて生活をする、
ということはできません。

そんな転勤族の人間と結婚する場合は
注意しなくてはならないことがいくつもあります。

転勤族の方と結婚するのは、当然、自由なことではあります。
しかしながら、”覚悟”はしておかなくてはいけません。

転勤するヒトとの結婚する際に必要な覚悟

転勤が日常茶飯事的にある人と結婚をする場合には
覚悟が必要です。
”結婚したから”と言って、転勤をしないでそのまま日常を
過ごすことができるかどうか、と言われれば決してそうではありません。

結婚後も転勤を繰り返すことになると思いますし、
そういった人と結婚するのであれば、
それ相応の覚悟が必要になります。

転勤後に、会社と話し合ってもらって
転勤が少なくなるようにして貰える会社も
あるかもしれませんが、
それは少ないとは思いますし、
それをやってしまうと、結婚相手の出世のチャンスなどを
奪ってしまうことにも繋がります。

もしも”転勤の多い人”と結婚するのであれば、
色々なことに注意しておかなくてはなりません。
下記の注意点を理解した上で、結婚の選択を
するようにしましょう!

転勤は結婚しても変わらない

まず、転勤が多い人と結婚する場合、
基本的には転勤が多いという状態は
結婚しても変わらない、ということは覚えておかなくてはなりません。
結婚したから転勤が少なくなったり、
転勤しないで済むようになったり、ということは
あまりないでしょう。

なので、転勤はそのまま多いまま、であることは
予め覚悟しておかなくてはなりません。
それがイヤだ、と言うのであれば転勤族の人間と結婚することは
考え直した方が良いと思いますし、
我慢して結婚すれば、必ず”すれちがい”が生じてしまうことに
繋がるでしょう。

自分も一緒に移動することになる可能性

転勤する人と結婚した場合、
”自分も一緒に移動することになる可能性”も出てきます。
自分自身が地元に居る場合、その住み慣れた場所から
離れることになる可能性もありますし、
頻繁に転勤することになれば、慣れない場所での生活を
常に送ることになります。

そういった覚悟が出来ていないと、
慣れない場所での生活から、ストレスを感じてしまい、
精神的に病んでしまう可能性もあります。

結婚しても、転勤は続きますから、
”自分も一緒についていく”ぐらいの覚悟が
出来ない場合は、結婚はしないほうが良いでしょう。

新しい場所での生活が全然平気!という人は
構いませんが、
慣れない場所での生活が苦手!という場合に
関しては、少し慎重に考えた方が良いのではないかと思います。

単身赴任の選択肢

場合によっては、結婚相手だけ転勤先に向かう
「単身赴任」も選択肢の一つではあります。
自分がついていきたくなかったり、子供が出来たりして、
学校の関係があったりする場合は、
よく話し合って、単身赴任の決断を行うのも一つの方法です。

ただし、単身赴任となれば、やはり相手との距離が離れるわけですから
関係性も変わってきてしまう可能性があります。
相手がいざ、単身赴任から帰ってくるとなったときに、
”相手のいない生活”に慣れてしまっていて、それを苦痛に
感じてしまうような可能性もありますし、
逆に、単身赴任をしている相手が、単身赴任先で浮気したりして
しまって、そのまま帰ってこないようなリスクも存在するわけです。
そういった部分まで、しっかりと考えておかなくてはなりません。

また、子供の成長気に親の片方がいない、ということは
少なからず何らかの影響を与える可能性もあります。
転勤についていくにしても、単身赴任をさせるにしても、
家族に与える影響は避けられない、ということは
覚えておいた方が良いでしょう。

それを受け入れられるのか、
それとも受け入れられないのか。
受け入れられないのであれば、転勤族との結婚は
難しいと思いますから結婚前に思いとどまった方が良いです。

単身赴任中の注意点の記事の方も参考にしてみてください)

海外赴任の可能性も…

転勤が多い会社は、ある程度の規模であると思います。
規模の小さい会社などでは、そこまで多くの転勤は
ないと思いますし、転勤したとしても
県内だったりと、比較的小規模な転勤である可能性も高いです。

しかしながら、日本中に転勤しているような人の場合だと
会社の規模も大きいでしょうから、海外にもグループとして
進出している可能性があります。
と、なると異動は国内だけにとどまらず、海外にも異動に
なる可能性もある、と言うことです。

国内の転勤以上に生活環境は大きく変わります。
ついていくにせよ、単身赴任にせよ、
国内転勤以上の大きな環境の変化が、そこにはあるのです

転勤の多い人には海外転勤の可能性がある、
ということも理解しておきましょう。

家庭より仕事優先になる可能性も

転勤が多い人と結婚すれば、家庭より仕事が
優先になってしまうこともあるかと思います。
例えば、前述のような単身赴任をすれば、
相手がどんなに家庭を大事にしていたとしても、単身赴任の期間中は
自宅から離れることになりますし、
その間は仕事の方が優先になってしまう、ということは
事実としてあることだと思いますし、
仕事が優先になってしまうようなこともあるかと思います。

それに不満を漏らすようなことがあれば、
相手との間に亀裂が入り、結果的に
離婚するようなことになってしまうかもしれません。

転勤ばかりで…と不満を抱いてしまったり
そういう可能性が自分の中であるのであれば、
転勤の多い人との結婚は避けた方が良いと思いますし、
結婚をする前に、じっくりと”本当にこれで良いのか”ということは
考えておいた方が良いかとは思います。
後から後悔しても、離婚するには色々と手間もかかりますし、
周囲に色々と迷惑もかかりますから、
結婚は慎重に判断するべき部分です。

受け入れられるかどうか、しっかり考える

結婚をする前に大切な事は、相手が転勤の多い人である場合、
それを受け入れられるかどうかをしっかりと考えることです。
自分も転勤についていく、あるいは単身赴任になる、
そういったことを考えてみるのです。

子供が出来た後のことまで含めて考えてみる。
それで、その生活に自信が持てるのであれば
結婚もアリだと思いますし、逆にそういった生活が全く
浮かばない、ということであれば、結婚は
しない方が良いかと思います。

転勤についていく、単身赴任のパートナーを見送る。
これが、想像以上の負担になり得ることは実際にあります。
自分でよく考えてみて、それに耐えられるかどうかを
しっかりと考えてみて、それから
決断を下すのがベストであるかと思います。

まとめ

転勤族の人と結婚する際には
普通の結婚とは異なる未来も待っています。
そういったものを自分が受け入れることができるのかどうか。
それをしっかりと考えてから、結婚するかどうかを
決めても遅くはありません。

くれぐれも一時の感情で決めてしまって
後から「こんなはずじゃなかった」というようなことには
ならないように注意して下さい。

「やっぱり結婚やめた!」などとそう簡単な世界では
ないのです。
離婚はできますが、それもいろいろと面倒なことがありますし、
結婚する前に慎重に考えることが大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする