どうして!?低年収の理由として考えられること!

仕事
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

年収が低い…

その理由は様々ですが、
もっとお金を稼ぎたい…と思っている人も
いるかと思います。

年収が低すぎて満足できないの記事にも書きましたが
年収を上げる方法はいくつかは存在します。
ただし、そう簡単なことではないのも事実です。
簡単に年収を上げることができるのであれば、
低年収で苦しむ人なんていなくなるわけですからね…。

では、なぜ年収が低いのか。
その原因を知ることで、年収UPのため、
どのような行動を起こせば良いかも
変わってきます。

その原因を、それぞれ見ていきましょう。

稼げない理由とは?

年収が低い状態で働いている人々…
その原因は本当に様々です。
が、まず、年収が低い状態を改善したいのであれば
自分の年収がどうして低いのか、ということを
知っておく必要があります。

原因が分からないまま漠然と行動しても
年収が自然と上がって行くようなことは
ないでしょうから、その点に関しては
注意をしなくてはならないのです。

では、低年収になってしまう理由。
その理由を探って行きましょう。

働き方が原因

そもそもの働き方に問題がある場合。
例えば、週3回のアルバイトしかしていないのであれば
年収が低いのは当然ですし、
自営業をやっていて、満足に収入を得ることが
できていない事業を続けていれば、
当然、年収は低いままです。

フリーターとして働いている方も、
年収、という面で見れば、低くなってしまうでしょう。

このように、働く形態そのものが原因となっているケース。

もちろん、フリーターが悪いわけではありませんし
稼げない自営業の方が悪いわけではありません。
それぞれ、どうすることもできない理由などもあるかもしれません。

しかしながら、その働き方が低年収の原因に
なっているのは紛れもない事実ですから
もしも低年収の状態から脱出したいのであれば、
脱出を自分自身で目指すようにしていかなくては
ならないのです。

とは言え、それはそう簡単な道のりではありません。
フリーターとして働くのであれば、正社員などを
模索するのも一つの方法ですし
フリーター生活から抜け出すには?の記事も参考にどうぞ)

収入の少ない自営業であれば、
もしも年収をもっと増やしたい、と考えるのであれば
事業内容を根本的に見直したりする必要もありますし、
最悪の場合は廃業してサラリーマンに戻るなどの
方法も検討しなくてはいけません。

簡単なことではないのは百も承知です。
今の時代は本当に厳しい時代です。
それでも、「低年収から脱出する方法は?」と
聞かれれば、自分の環境を変えるしかありません。

年齢的な問題

まだ若ければ低年収なのも仕方のないことです。
社会に出ていきなり、300万、500万、1000万などと
夢のような数字を稼ぎ出すことはとても困難なことです。

年齢的な問題である場合に関しては
しばらくは我慢しなくてはいけません。
いきなり若い頃から高い年収を稼ぐ、なんてことは
難しいですし、そういうことができるのは
本当にごく一部の人間だけです。

ただ、この点に関して注意しなくてはいけないのが
「必ずしも年収があがる」というわけではない、
ということですね。

どういうことかというと、
会社によっては何年勤務しても、なかなか年収が
上がらないようなこともあるでしょうし、
アルバイトなどであrばずっとそのままである可能性もあります。

年齢的な問題で低年収なのは
これは普通のことなので何も問題はありませんが
自分の勤務先で勤務を続けて年収が上がる可能性は
あるのかどうか。
これはしっかりと考えておかなくてはいけません。

ブラック企業によるもの

正社員として勤務していてある程度の勤続年数もある。
それなのに低年収…という人もいます。
もちろん、元々年収が低いような業界が
あるのも事実ですが
そうではなく、会社そのものがブラック企業であるケースも
あるかと思います。

会社がブラック企業である場合は、
どんなに頑張っても正当な評価を得られない!
なんてことは充分に考えられることですし、
人よりも大幅に年収が少なく
それでいて待遇も非常に悪い、という悪質な
条件のもと働かされてしまう可能性も高いのです。

ブラック企業が原因である場合、
年収を改善しようと考えるのであれば
選択肢は「転職」しかないでしょう。

一個人の力でブラック企業を変えてやろう、だとか
労働組合の力で正当な報酬を得られるようにしよう!だとか
そういうことにはあまり期待しない方が良いです。
もちろん、ブラック企業自体は考えを改めるべきですが、
それでも、一人の社員が声を上げただけでそれが改善されたり、
労働組合がちょっと活動したぐらいで、待遇が改善されたり
するような会社は、そもそも最初からブラック企業には
なっていないはずです。

そういったことからも、もしも、今の状況を変えたい、
と願うのであれば、やはり「転職」という道を
選ぶしか方法はないでしょう。

自分の事業が原因

これは、自営業の方の場合のお話になりますが
自営業をやっていて年収が低い、というのであれば
ザンネンながらそれは自分自身の事業が
原因そのものになっています。

自営業とは非常に厳しいものです。
世の中では成功している例ばかりが
大々的に取り上げられているので
簡単なイメージを持ってしまう人もいるかもしれませんが
自営業とは、実際のところ、本当に厳しいものです。
多くの人が挑戦して、多くの人が失敗している…
最悪の場合、人生破滅している人もいるぐらいなのです。

ですから、自営業を甘く見てはいけませんし、
軽い気持ちで自営業に手を染めるようなことがあれば
ほぼ確実に痛い目を見ることは間違いないと言っても
過言ではないでしょう。

自営業をしていて年収が低いのであれば、
事情は色々あるとは思いますが
最終的には自分の責任です。
その場合は、自分が今後どうするのかを
しっかりと考えなくてはいけません。

もしも、その年収のままで良い!というのであれば
別にそれでも構いませんが、
自分の環境を改善したい、と考えるのであれば
自営業を辞めることも含めて、
しっかりと色々な道を検討していかなくては
なりません。

自営業を続けるにしても、漠然とそのまま続けていれば
急激に年収が増える、などと言うことは
絶対にありません。
そのため、変えたいのであれば、
自営業を続けるにせよ、やめるにせよ、どこかを
変えなくてはいけない、というのは
紛れもない事実なのです。

職種の問題

職種が全てではありませんが、職種によっては
平均的な年収が低いようなケースもあります。
もしも、自分の職業がそういった職種なのであれば
それが原因で低い年収での生活を強いられている可能性もあります。

今、自分が従事している職種を変える、ということは
なかなか難しいことだとは思いますが
場合によっては、職種の変更を検討しなくては
いけないようなケースも出てくるのではないかと思います。

そのままの年収で良いのであれば構いませんが
もしも年収について見直したいのであれば
自分の職種を見直すような必要も、
場合によっては出てくるかもしれません。

年収に焦って失敗しないように…

年収を上げたい!という方の中には
焦りを感じる人もいるかと思いますが
年収ばかりに気を取られて失敗してしまわないように
注意することは必要になります。

どんなに年収があったとしても、
プライベートの時間が全て犠牲になっていたりすれば
意味がないですし、身体も壊れてしまいますからね…

”バランス”はとても大事なことです。

まとめ

年収が低い原因をまとめてみました。
年収が低い、ということは必ずしも
「悪い」ということではありません。
例えば、年収がいくらあっても
人間としてみなされないようなレベルで
働かされ続けたりだとか、そういうことがあれば、
幸せなのか、と言われてしまうと決してそうではありません。

しっかりと”年収”と”仕事”が見合っているのかどうか、
ということも判断しながらやっていく、ということが
大切なポイントの一つになります。

タイトルとURLをコピーしました