会社はいざとなれば、あなたを見捨てる。それが現実!

どんなに会社に尽くしたとしても、
いざとなれば、捨てられる。
それが、この世の中です。

もちろん、全てがそうとは限りませんが、
基本的には、そう思っておいて間違いないでしょう。

どんなに会社の為に尽くしても
どんなに会社に人生を捧げても、
会社から”用済み”だと判断されれば
簡単に捨てられてしまう。

それが、世の中の現実です。

では、どうして捨てられてしまうのか。
どのような点に注意をすれば良いのか。
その点について、見ていきましょう。

社員は捨てられる世の中

冷たいことを言うようですが
会社にとって、社員は使い捨ての駒でしかありません。
ブラック企業にとっては、当然、そのようにしか
考えられていないでしょうし、
社員を人間として見ていないからこそ、
酷使することができるのです。

しかしながら、今現在は普通の会社でも、
今後もずっとそうとは限りません。
社員を使い捨てにするのは
ブラック企業だけではない、ということですね。

普通の会社でも、色々な事情から
都合が悪くなって来れば平然と社員を
切り捨てる可能性は十分にありますし、
どんな会社であっても、安心しては
そのうち酷い目に遭う可能性があるのです。

ポイントを見ていきましょう。

業績が悪化すれば捨てられる

社員に対してどんなに待遇が良い会社だったとしても
”業績が悪化”すれば会社は態度を豹変させます。
既に業績が悪化している会社であれば別すが
今現在は黒字!という会社に勤務している場合は
気を付けた方が良いかと思います。

会社は、業績が悪化すれば、
態度を豹変させる可能性も非常に高いのです。

社員に対して良い顔をしているのは
会社がまだ余裕があるうちだけ。
もしも、会社が苦しくなってきたら、その態度を
豹変させて、社員を切り捨てる行動に移る可能性は
充分にあるのです。

業績が悪化するにつれて
ボーナスがなくなったりもするでしょうし、
リストラや希望退職などに関しても
行われる可能性が高いです。
どんなに会社に尽くしていたとしても、
業績が悪化すれば無情にも切り捨てられるのです。

「会社の為だから」
「みんなのためだから」
そんな風な綺麗事を言う会社もあります。

最悪の場合、ブラック企業化する企業もあります。
私の前の勤務先(ブラック企業)も、
私が入社するはるか前は、無料社員旅行(自由参加)や
待遇も良く、ブラック企業ではなかったようです。

しかしながら、私が店長になったころには、
業績も悪くなっており、
社員に100時間以上のサービス残業を課すなど、
完全なブラック企業と化してしまっていました。

このように、最初はまともだった会社も
追いつめられればブラック企業へと変化してしまうこともあるのです。

いずれにせよ、どんなに会社に尽くしても、業績が悪くなれば
会社は自分を守る為にあなたを切り捨てる可能性は
大いにあります。
そのことは、忘れないようにしましょう。

都合が悪くなれば捨てられる

これも、一つの可能性です。
会社にどんなに尽くしていても、
会社からどんなに可愛がられていても、
会社にとって、都合の悪い事が起きれば、
何のためらいもなく、会社は社員を切り捨てます。

たとえば、何か責任問題に発展するような出来事が
会社で発生してしまった場合、
会社はまず、会社自体の責任ではなく、
一部社員に責任をなすりつけようとする可能性があります。

実際に私が前、勤務していた会社では起きていたコトであり、
一部の責任者が会社のミス(とあることで取引先から怒られた)を
なすりつけられたことがあります。

このように、会社は都合が悪くなると
社員に罪をなすりつけて生き残りを図ります。
どんなに良くされていても、自分がその対象に
なってしまう可能性は十分にありますから
その点に関しても注意しておかなくてはなりませんし、
”自分の責任ではない”と証明できるようにしておくことも
大切になるかと思います

歳を取れば捨てられる

会社は、若い人材を好むことも多いです。
実際に私の勤務していたブラック企業では、
年齢を重ねた人は冷遇されていましたし
世間でもそういった人は、冷遇されているのも事実です。

一部の会社によって重宝する人間は別ですが、
中間管理職だったり、出世コースから外れているような人は
どんなに会社に尽くしていても、
利用価値が無くなった、と判断されてしまえば
いとも簡単に切り捨てられてしまいます。
冷たいようですが、それが社会というものですね。

こうなってしまうのを、自分の力で防ぐことは
本当に難しいです。
年齢を重ねれば給料だけが上がり、会社からしてみれば
不要な人材になってしまうことも多いのです。
出世コースだったとしても、100パーセント安全とは
言い切れません。

会社は、どんなに尽くされても、その社員のことは
”都合の良い存在”ぐらいにしか見ていません。
それが、雇う側の現実です。

年齢を重ねれば重ねるほど、
リストラだとか、そういった対象になりやすいのも事実ですし、
酷い会社では追い出し部屋などが用いられる可能性もあります。

会社に逆らえば排除される

どんなにそれまで会社に尽くしていても、
会社に逆らうようなことを言えば
そこで出世コースから外れて会社から排除される
可能性もあります。

今まで散々会社の為に頑張ってきたのにも関わらず
たった1回、何か言っただけで会社から排除されてしまう、
ということですね。
そんな酷いことがあるのか!と思う人もいるかもしれませんが
これは実際に起こり得ることです。

会社にとってたとえ1回でも口応えする人材は
遠ざけたい、と考える会社も実際に存在しています。
そういう考えがブラック企業化を招くのですが
そういう会社もあるので、こういったことも
頭には入れておかなくてはいけません。

会社の言いなりになれ、というわけではありません。
言いたいことはどんどん言うべきです。
ただ、会社によってはそういう仕打ちをする会社もあるので
その点は覚えておかなくてはいけないかと思います。

全てがこういう会社だというわけではありませんが、
”都合の良い社員”でいる間だけ、いい顔をしておいて
”都合の悪い存在”になった途端に態度を豹変させる。

そんな、どうしようもない会社が実際に存在するのも事実です。

気分次第で捨てられる

最後に、上のようなことに当てはまらなくても”気分次第で”
捨てられてしまう、ということは覚えておいた方が
良いかと思います。

労使の関係は、本当に使われる側が不利なモノです。
そう簡単にポイポイされては、困ってしまいますし、
法律的にも基本、そのようなことはやってはいけないことなのですが
会社側はグレーな手段を利用して、
いくらでも社員を解雇したり、排除したりすることができてしまう、
というのが今の世の中ですね。

あまり、会社に入れ込み過ぎない方が
身のためであると思います。
どんなに尽くしても、
どんなに一生懸命やっても、
退職すれば会社からすれば”用済み”ですし、
会社は都合が悪くなれば、その社員が何歳であろうとも
切り捨ててしまいます。

そういう世の中なので、
あまり入れ込み過ぎると、万が一会社から排除された際に
自分には何も残っていない!
みたいな状態になってしまいます。

まとめ

会社は、社員を都合よく利用しているだけです。
もちろん、そうと分かっていて、会社に人生を捧げる人もいますし
それはそれでひとつの生き方であり、自由ですから
それが絶対にダメ!と言ってしまうことはできませんが、
盲目的に会社に尽くしたりはせずに、
最終的な判断はしっかりと自分で下せるようにして、”考えること”を
放棄しないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする