時給が高いアルバイトはどんなバイト?見つけ方と注意点!

どうせアルバイトをするのであれば、
出来る限り時給の高いアルバイトをしたい!
という人もいるかと思います。

時給には最低賃金が各都道府県ごとに
定められており、
それを下回る時給で働かせることは違法です。

ですが、上限については特に決められていないので、
アルバイトによっては最低賃金の2倍以上の
金額がついているようなアルバイトもあります。

そういったアルバイトはどのようなバイトなのか。
時給の高いバイトを紹介していきたいと思います。

時給が高いバイトとは?

時給は、それぞれのバイトによって異なります。
募集の際に、大体のバイト先が「時給〇〇〇円」と
記載しているはずです。

ですが、最低賃金を上回っていれば
後はそのあたりは自由となりますので、
職種などによっては高い時給が支給されることもあります。

例えば20円の差だったとしても
1時間あたり20円の差がつくわけですから、
10時間働けば、その差は200円になりますし、
100時間働けば2000円も差がつくことになります。

小さな違いかとも思うかもしれませんが、
積み重なると、大きな違いになってくるものです。

では、どんなバイトが高い時給なのか、
それを見ていきましょう。

①資格が必要なバイト

当然のことではありますが、資格が必要なアルバイトに
関しては時給は高い傾向にあります。
薬剤師など、何らかの資格を必要とするアルバイトは
ほぼ確実に時給は高くなりますし、1000円を超えることが
ほとんどになるでしょう。

何らかの資格を持っていないと応募できませんから
当然のことながらハードルは高くなりますが、
資格を持っているのであれば、
その資格に関連するアルバイトを探してみると、
普通のアルバイトよりも高い時給で働くことができます。

②深夜のアルバイト

業種に関わらず、深夜関係のアルバイトであれば
時給は高くなる傾向にあります。
そもそも法律でUPしないといけませんし、
夜の仕事系統のジャンルであれば、さらに時給は
UPするかと思います。
飲食店などに関しても、深夜は時給がUPしますし、
コンビニでも当然深夜営業の時間帯であれば
時給はある程度UPします。

ただ、深夜はやはり防犯面などで、昼間に
比べるとリスクもありますから、そういった部分に
関してはしっかりと考えておき、
自分でよく考えて決断を下すことが大切になります

③コールセンター

コールセンターのアルバイトは時給が高い傾向にあります。
1000円を超える時給となっているところも多いようですね。
ただ、コールセンターはコンビニやそのほかのお店以上に
対応のマナーが求められ、厳しいトレーニングなどもありますから
その点は覚悟が必要になる業種です。

また、それ以上にお客様からの苛烈なクレームは
相当なストレスになります。
コールセンターで鬱になってしまう人も居ますし、
恐怖を感じるような人もいるでしょう。
そういった意味では、そういうことがあるからこそ
時給が高くなっている業種である、ということは
覚えておいた方が良いかと思います。

④危険を伴う仕事

危ない仕事とは違法だとかそういう意味ではなく、
危険を伴う作業などが含まれるアルバイトのことです。
やはり、そういうバイトだと時給も上がることになります。

ただ、当然のことながら危険を伴うバイトということなので、
万が一の怪我の可能性なども考えなくてはなりません。

また、治験などもこのうちの一つになりますね。
新しい薬の研究のための治験ですね。
治験が始まる段階で、既にほぼ確実に大丈夫であろう、
という段階にはなっているのですが、
それでも100パーセントではありません。
ただ、その分給料としては高額で、
仕事内容自体も、薬を服用する以外は
自由だったりするケースも多いです。

⑤誰もやりたがらない仕事

誰もやりたがらない仕事というのは当然のことではありますが
時給も高くなります。
汚い、きついなどの仕事ですね。
ただ、そういった仕事でも時給が高くないようなケースも
あるので、しっかりと確認してから応募するようにしましょう。

ただ、”やりたがらない仕事”に関しては時給を上げないと
人が集まりませんから、
やはり時給が高い可能性は高いです。
自分が、その仕事内容でもいいからお金を稼ぎたい!というのであれば
そういったアルバイトをやってみるのも
悪くはないかと思います。

⑥特定のイベントのバイト

年末年始、クリスマス、バレンタインデーなどなど
特定のイベント時のアルバイトは時給が
高い傾向にあります。

ただ、これに関しては”季節限定”になりますから、
ずっとできるようなアルバイトではなく、
その短期間でがっつりと稼ぐ、とそういうことになりますね!
特に年末年始、クリスマスあたりの時給はとても高いです。
そういったタイミングで、特に用事がなく、
お金を稼ぎたい!というのであれば、
アルバイトを探してみることをおすすめします!

あえて予定をずらして、そういったバイトをしてみる!
というのも悪くはないと思います。

⑦教育系のアルバイト

塾の講師だとか、家庭教師だとか、そういった類の
アルバイトに関しても、ある程度時給が高くなる
傾向にあります。
ただし、教育系のアルバイトに関しては
当然のことではありますが、自分にある程度の
学力が必要になります。

頭が良い必要はありませんが、
教えられるだけの、最低限の学力は必要は必要になります。

また、人にモノを教える、ということになるので、
当然のことながら、”人と接する仕事”になります。
コミニュケーションは大切になりますので、
その点に関しても、ある程度はできないといけません。
それが出来るのであれば、教育系のアルバイトも
ある程度の選択肢にはなるのではないでしょうか。

⑧配達系のアルバイト

配達系統のアルバイトも時給が高いものはあります。
例えば、ピザ屋なんかだと、内部でピザを作るバイトよりも
配達スタッフの方が時給が髙かったりしますし、
新聞配達などに関してもそうです。
外で何を配ったり、運んだりする、ということに関しては
時給が高くなりやすい傾向にあります。

また、配達中は上司などと一緒にいる必要が
基本的にはないですから、
あまり上司部下のコミニュケーションをしたくない!という人にも
ある程度おすすめできるのではないかと思います。

あまりに時給が高すぎるバイト

そんなに多くはないですが、中には危険なアルバイトも
あります。特に、あまりに時給が高すぎたりするアルバイト、
かつ、求人広告やハローワークなどではなく、
ネットだとかそういうところで募集されているアルバイトに対しては
注意が必要です。

世の中には違法のアルバイトも存在します。
時給ばかりに目を取られていると結果的に
恐ろしい目にあってしまう可能性もあります。

時給も大切な要素の一つではありますが、
”時給以外の部分”に関しても、しっかりと
確認をしておくことが大切になります。
時給だけで決めることは危険なので気を付けましょう。

時給が高いのにはワケがある!

基本的には、時給が高いのには
それなりの理由があると考えるのが
ふつうだと思います。

仕事が厳しいものだったり
資格が必要だったり
髙いスキルを要求されたり
誰もやりたがらないようなものだったり、
その理由は様々かと思います。

”どんな訳があるのか”
ということもしっかりと事前に考えることは
大事なことになります。

まとめ

時給が髙ければ高いほど、同じ時間で
多くのお金を稼ぐことができます。
ただ、仕事内容がきつかったりだとか、
そういうこともありますから、そういう点も
しっかりと確認して、時給だけに目を奪われることなく
しっかりと自分に見合ったアルバイトを選ぶようにしましょう。

時給が低くても、仕事がやりやすかったり
バイト先の環境が良かったりするところもあれば
表面上の時給が良くても、サービス残業をさせるような
ところもありますから、
時給だけに目を取られて判断することは危険です。
ちゃんと全体を見つめるようにしていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする