こたつに入ったまま寝るのはとても危険!命に関わることも?

日常生活
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

冬場の暖房器具の一つ、こたつ。
冬場はこたつの中でのんびりと過ごす、という人も多いのでは
ないでしょうか。

そんなこたつ。
確かにとても暖かく、冬場には欠かせない存在となっている人も
いるかもしれませんが、
実は使い方によっては”危険”な存在になってしまうことも
あるのです。

使い方を間違えなければ便利ですが、
使い方を間違えてしまうと危険。

そんな危険性について、見て行きましょう。

寝るのはとても危険!

暖かいこたつですが、こたつの中で寝てしまうのは
実はとても危険なことなのです。
こたつでのんびりと過ごすのは構いませんが、
それが思わぬ事故に繋がってしまわないように注意
しなくてはいけません。

こたつも使い方を間違ってしまうと危険な存在に
なってしまう!ということですね。
説明書などにもこたつを寝たまま使用しないように、
とは書いてあるかと思います。
しっかりと用法を守って利用するようにしましょう!

では、こたつで寝てしまうとどのようなことを
招く可能性があるのか、それを見て行きましょう。

低温やけどをする可能性

まず、寝たままこたつを使っていると
低温やけどになってしまう可能性があります。
火傷は高温のものを触った際以外にも、
こたつのような、それほど高温ではないものに
持続的に当たり続けることで、起こす可能性のあるやけどです。

起きている状態であれば、自分でなんとなく
かゆくなってきたなぁ、みたいな感じで
こたつから自分で足を出したりすることもできますが
寝ていると、それに気付けないまま低温やけどに
なってしまう可能性も十分に考えられます。

これは、こたつを使用したまま寝ていると
よくあり得ることなので、注意しなくてはいけません。

風邪を引きやすくなるというのは本当?

こたつに入ったまま寝ていると風邪を引きやすく
なってしまうというお話もあります。
これは、体内のバランスがこたつによって
崩れてしまうためと言われています。

こたつに入っている部分は暖かく、
こたつに入っていない部分は冷たい。
それが、体温調節のバランスなどを崩し、
体調を崩してしまうきっかけになるのです。

そのため、風邪を引きやすくなってしまったり
体調を崩してしまったり・・・
色々なことが起きてしまうわけですね。

体内の水分も失われてしまい、喉などが乾燥することによって
体調を崩す要因になります。

色々な面で体調を崩してしまうきっかけにもなりますから
そのあたりの部分については要注意です。

身体が痛くなる原因に

こたつで寝ていると、足などを満足に伸ばすことができず、
身体が痛くなる原因を作ってしまう可能性もあります。
変な体勢で寝ていると肩こりや首の痛みなどにも繋がるほか、
寝違えなどにも繋がってしまうために注意が必要です。

元々寝るための設計にはなっていないため、
昼寝ぐらいであればともかく、本格的に就寝する場合は、
こたつではなく、ちゃんとした布団で寝ることおすすめします。

これを我慢して、繰り返しこたつを使って
寝ていると、肩こりや首の痛みがさらに悪化する原因になってしまい、
慢性的に痛みに耐えるようなことになってしまう可能性も
ありますから、そうなってしまわないように
注意するようにしましょう!

命に関わる場合も…

そして、一番危険なことが「命の危険性」です。
こたつで寝るぐらい大丈夫だろう、と思っていると
重大な結果に繋がってしまう可能性もある、ということです。
もちろん可能性としてはそんなに頻繁に起こることではないのですが、
それでも、可能性としては0ではありません。
可能性がわずかでもある限り、やはり、そういう事故を
起こさないようには注意したいものです。

これは、体内の脱水などが血流にまで影響を及ぼし、
確率としては低いですが、
稀に「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの引き金に
なってしまう可能性があります。

これらは命に関わる可能性もある非常に需要な病気に
なりますから、こたつに入ったまま
寝ないようにすることで回避しましょう。

こたつを甘く見てしまうと、このように
重要な結果を招くことになる可能性もあるのです。

こたつは安全に利用しましょう!

上のような危険性はあくまでも
こたつを利用しながら日常的に睡眠している場合の
お話です。
ちょっと昼寝してしまった、だとか、
1回でどうこう、ということではありません。

ただ、日常的にこたつで眠っている場合は
上記のようなことも、本当に絵空事では
なくなってきますから、しっかりと安全性に
配慮して、こたつを正しく使うように心がけましょう。

基本的には睡眠時にはこたつを使わないようにし、
電源をしっかりとオフにしておくことが大切です。
こたつで暖かく過ごすのは起きている間だけに
しておきましょう!

子供がいる場合注意!

子供がいる場合はより注意が必要です。

もしも子供を一人にするような場合は
必ずこたつの電源を切り、
こたつそのもののコンセントまで
外しておくことが大事になります。

また、こたつの安全性が分かるような年齢で
あっても、しっかりと使い方については注意を
しておくようにしましょう。

本人の怪我や、場合によっては命に関わるようなケース、
そして、火災などの危険性がありますから注意です。

まとめ

こたつはとても便利なものですし、
実際に使ってみると暖かいです。
愛用している人も多いでしょう。

実際に私も使っていますが、
なかなか心地の良いものです。

ただし、使い方を間違えてしまうと、とんでもない
事故に結びついてしまうのもまた事実です。

そうなってしまうと、
便利な生活のためのこたつが凶器になってしまう
可能性もあります。

そうなってしまわないためにも、
こたつの利用方法をしっかりと守り、睡眠時には
こたつの電源はオフにして、
ちゃんと布団やベットなどで眠るようにすることが
大切なポイントになります。

くれぐれも使い方を謝って
事故を起こしてしまわないようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました