体育会系の会社の注意点!よくある特徴とポイントを解説!

体育会の会社、というものも
この世には存在します。

勿論、体育会系であっても
ちゃんとした会社もありますが
中にはブラックな企業だったり
考え方が古臭い企業だったりすることも
あるので、そこのところには
注意が必要になります。

体育会系の会社にありがちな特徴と
そこで生き残るための
ポイントについてを
それぞれ解説していきたいと思います。

くれぐれも、雰囲気に飲み込まれて
精神的に壊されてしまうような
ことのないように、注意していきましょう。

体育会系の企業とは?

体育会系の企業とはどういうことか。
具体的に法律などで決まっているわけでもありませんし
どこからが体育会系に入るのかが
明確に決まっているわけでもありませんが、
根性論を唱えたりだとか、
上下関係が強かったりだとか、
古臭いやり方をしていたりだとか
そういった企業のことを示します。

もちろん、これだけでは悪いとは言えませんが
こういった体育会系の考えが
結果的に悪い方向に繋がって行く可能性もあり、
その点には注意をしなければなりませんし、
もしも体育会系と言われている企業で
働くことを決めたのであれば、そういった部分に関しては
注意をしていかなくてはならないかと思います。

どのような特徴があるの?

「体育会系の企業」にはどのような特徴が
あるのかどうか、それを見て行きましょう。

・根性論
体育会系の企業には
根性論が根付いている可能性があります。
何でも根性ややる気、努力で乗り切れるという
ような考えですね。
どの程度こういう考えが根付いているかは
分かりませんが、こういった考えは
時にトラブルの原因にもなりますし
時代錯誤でもありますから、あまり良い考えでは
ないと言えるでしょう。
「根性ではどうにもならない部分」について
はっきりと理解できているのであればともかく
理解できていないパターンの場合は、問題が
起きる可能性もあります。

・上下関係が強い
体育会系の企業のほうが、上下関係は
激しい傾向にあるかと思います。
もちろん、どのような会社であっても上下関係と
いうものは少なからず存在するものではありますが、
それが特に強いのが、体育会系の企業になりますね。
「絶対服従」のような雰囲気になってしまっているところも
場合によってはありますから、そういった点については
”警戒”も必要になってくるかと思います。

・考えが古臭い可能性
体育会系の企業の上層部の考えは
”古臭い”可能性があります。
悪く言えば、時代についてくることが
できていない、と言い換えることもできます。
とにかく、どこかしらに考え方の古臭い部分は
出てきてしまっていると思いますから、
そういった部分に関しては、
違和感を感じる部分もあるでしょうし
やりにくいと感じる部分もあるかと思います。
また、上層部がそういう考え方である場合、
なかなか簡単にはかわりませんから
その点はよく考えておいた方が良いでしょう。

・ブラック企業の可能性
体育会系=ブラック企業ではありませんが
そうなりやすい要素が揃っているのは事実です。
上を見ても分かるように「根性論」だとか
「強い上下関係」だとか「考えが古臭い」だとか
そういった部分は悪い方向に転べば
全部ブラック企業を構成する要素に
なり得ます。
そのため、体育会系企業の方が、
そうではない会社と比べればブラック企業である可能性は
髙いと言っても、あながち間違いであるとは
言い切れないのも事実です。

このようなところでしょうか。
良い部分もあるかもしれませんが
悪い方向に働いてします可能性の方が
基本的には、高いかと思います。

良いことと悪いことははっきりさせる

体育会系の会社に勤務する場合に
覚えておきたいことは
「ダメなものはダメ」と言うことです。
別に体育会系であること自体は
悪い事ではありませんし
ちゃんと守るべき部分は守り、
まっとうにやっているのであれば
何も問題はありません。

ただ、体育会系だろうと何であろうと
人を雇って働かせている以上
企業として法律は守らなくてなりません。
それを破って、社員を酷使するような
会社なのであれば、やはりNoを突きつけなくては
いけませんし、そのまま我慢して
精神的にも肉体的にも壊されてしまうようなことが
あれば、本当に本末転倒ですから、
無理して我慢しすぎずに、時には会社に
Noを突きつけることも大事になります

無理はし過ぎないように

体育会系の会社で働くと
どうしても根性論だとかそういったものを
押し付けられてしまう可能性は十分にあります。

しかし、根性ではどうにもならないこともありますし
努力ではどうにもならないことも、世の中には
あるのが事実です。
くれぐれも、無理はし過ぎないようにし、
自分自身で「ダメだ」と感じるようなことがあれば
我慢しすぎないようにして下さい。

無理をし過ぎて倒れてしまったり、精神的に
壊されてしまったりしても
会社は知らんぷりをし、あなたを切り捨てる可能性も
充分にあるのです。
そうなってしまうと、本当にどうすることもできませんし
人生を滅茶苦茶にされてしまう可能性も
充分にありますから、絶対に
無理をしすぎないように注意して下さい。

「根性が足りない」だとか
「今ここで逃げたらどこでも働くことができない」
だとか、そういう最もらしい台詞を
吐くような人もいますが
騙されないようして下さい。

↑はブラック企業の常とう手段であり、
よく使われる台詞です。
そんなセリフを真に受けていたら
本当に人生を壊されてしまいますから
そうなってしまわないように、
注意することが必要になります。

一度精神的や肉体的に破壊されてしまうと
立ち直るのにも相当な時間がかかってしまうことに
なりますから、この部分は本当に、注意が必要なのです。

逃げる決断も時には必要

体育会系の企業でも、そうでなくても
時には逃げる決断というものが必要になります。
会社がどうしようもないと感じた場合は、
退職し、別の就職先を探した方がはるかに良いです。

そういった会社での勤務が長引いてしまえば
長引いてしまうほど、どんどん状況は
悪くなっていくばかりですから
そのようなことになってしまわないためにも
自分で限界を感じた場合や
「この会社はダメだ」と感じた場合に
関しては転職の準備を進め、
早い段階で退職してしまった方が
良い場合もあるのです。

くれぐれも、無理にがまんして
自分が壊れてしまったりだとか
そういうことになってしまわないように
注意していきましょう。

それが当たり前にならないように

体育会系の会社にずっといると
その考えに影響されて
それが当たり前になってしまう
可能性もありますから
これには注意するようにして下さい。

根性論なんて今の世の中では
基本的には通用しませんし、
激しい上下関係も、通用するところ、
しないところがあります。
体育会系の会社の文化は
ある意味では独特なものですから
”これが当たり前なんだ”と誤解してしまわないように、
という点には注意する必要があります。

それは当たり前でもなんでもありませんから
他人に強要したり
その考えが正しいと思いこんだり
そういった風に
染まってしまわないように注意する必要があります

まとめ

体育会系の企業が一概に悪いという
わけではありませんが
もしもそういった企業に勤務
するのであれば、しっかりと注意
するべき部分は注意しながら
行動していく必要があります。

自分自身が無理を
し過ぎないようにすることは
大切ですし、もしもブラック企業で
ある場合は、自分が壊れる前に
逃げ出す準備をする、ということも
大切なポイントになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする