新型肺炎から身を守る方法!予防・対策・覚えておきたいこと!

この記事は約7分で読めます。

新型肺炎が、
騒がれている状況ですが、
個人として身を守る方法には
どのような方法があるのか
日常生活で出来ることを、
分かりやすく解説していきたいと思います。

国際的な対策だとか
国としての対策だとか、
そんなことを言われても、個人には
どうにもできないことですし、
自分の身を守るためには
やはり自分自身がしっかりと予防を
していくことが大切になります。

どのような方法で身を守っていけば
良いのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

未知の部分も多い

話題になっている新型肺炎に限らず、
新種の病気や変異したウイルスなどは
未知の部分も多い、というのが
事実になります。

分からない部分も多いですし
どのように感染するのかも具体的に
分かっていない部分もあれば
正しい情報と間違った情報が
錯そうしているようなこともあります。

また、パニックを起こした人が
過激な発言をしたり
大げさなふるまいをしたりすることもあれば、
ウイルスが突然変異を起こして
今まで言われていたことと変わっていくような
ケースもあります。

そのため、新型肺炎に関しても、
未知の部分がたくさんある、ということは
理解したうえで対応をしていかなくてはなりません。

明確な治療方法だとか、特別な対処方法だとか
そういったことは分からない状態での
対応になりますから、
基本的には、通常のインフルエンザだとか
風邪の予防と同じような対策になる、
というのが現実ですし、

基本的なことばかり!と思うかもしれませんが、
特別な対処法とか、そういうものはありませんし、
基本的なことしかできないのが現実なので、
出来ることだけでも、しっかりとやっておきましょう…。

「自分は絶対移らない」
「自分には関係ない」は禁物です!

基本対策を徹底する

新型肺炎から身を守るための
基本的な対策方法としては
普通の風邪や普通のインフルエンザ、
その他の病気から身を守る方法と
同じになります。
実際には、ウイルスの内容が違いますし、
それで十分とは言い切れませんが
それでも、個人で出来ることは
通常の予防と同じことが限界です。

治療方法だとか、予防方法が
分かっているわけでもないですし、
予防接種などが存在しているわけでも
ないですから、
基本的な部分で身を守っていくしか
ありません。

基本的なことにはなりますが
一応、下記のような対策は
頭に入れておき、
自分のできる範囲内で構いませんから
対策をしていくことをおすすめします。

・手洗いやうがいの徹底
これだけでは防げない!みたいなことを
言う人もいますが、
それでも基本的なことなので
やっておいた方が確実です。
外から帰宅したりした場合には
なるべく早い段階で手洗いやうがいを
しっかりとするようにし、
また、忘れないようにする、
ということが大事になります。
アルコールなどによる消毒も可能であれば
行った方がより確実です。

・マスクの着用
外出時にはしっかりとマスクを
することをおすすめします。
と、いうのも、自分はウイルスを
持っていなかったとしても、
周囲がウイルスを持っている可能性も
ありますし、体調の悪い人間が
必ずしもマスクをしているとは限りませんから
自分自身でしっかりとマスクを
することをおすすめします。
また、新型肺炎に伴い、マスク売り切れの動きが
出ているので、その点も注意しましょう。


ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 100枚入

なお、普通のマスクでは効果がない!みたいな
話もありますが、それでも、何もしないよりましなので、
とにかくマスクをしておきましょう。

・人混みを避ける
人混みを避けるようにすることも
大切なポイントです。
不要不急の人込みへの外出は避け、
仕事や学校などで、どうしても避けることができない場合は
必ずマスクを着用するようにして下さい。
また、不安であれば、電車通勤をしている場合は
車に変更するなど、変更できるような箇所がないか
確認することも大事です。

・乾燥を避ける
新型肺炎が乾燥云々と関係があるかどうかは
別として、それでも乾燥を避けることも
基本的な対策としては大切です。
屋内の場合は加湿器などを利用できれば利用、
自分自身の喉に対しては
定期的な水分補給などで
対策をしていきましょう。

基本的な対策としては
こんなところでしょうか。
新型肺炎については未知の部分もありますが
↑のような対策が逆効果になることは
少なくともないと思いますから
しっかりと対策をしておくことをおすすめします。
(基本的なウイルス対策については
新型ウイルスの予防方法は?の記事に
より詳しくまとめてあります)

そのうえで後述の、新型肺炎に対する
対応もしっかりと覚えておくと
より安心ですね。

スポンサーリンク

流行地域への旅行や出張などは避ける

新型肺炎の流行している場所などへの
旅行、出張などはしばらく控えるように
した方が賢明な判断です。
これは、流行しているのがどの地域で
あっても同じことで、流行している際に
わざわざその地域に行く必要はありませんし
なるべくであれば避けるべきです。

自分自身が新型肺炎に感染する可能性も
十分にあるわけですし
自分が感染した際に、
他人に移すようなことになってしまう
可能性も十分にあるわけですから
この点はしっかりと理解しておき
該当地域への旅行などは
いったん落ち着くまで保留にするなどの
対応をした方が良いでしょう。

「自分は大丈夫」という
油断は大敵です。

また、会社などの出張などに関しても
避けられるのであれば避けるべきですし
これは、会社側がしっかりと判断し、
会社側からしっかりと中止や延期の判断を
下すべきであると思います。

体調を崩した場合は…?

もしも体調を崩した場合は
早めに病院の診察を受けるように
した方が良いかと思います。

症状としては情報が錯そうしていたり
まだ未確定な部分も多いですが、
風邪のような症状だとか、
熱がそもそも出ないだとか
色々なことが言われています。

ただ、体調を崩した場合は
いずれにせよ、早めに診察を受けたほうが
良いでしょう。
もしも不安であれば先に病院側に
連絡をしておくと確実です。

!明らかに新型肺炎の疑いが自分の中で、ある場合は
 いきなり受診せずに、保健所や病院へ連絡し
 指示を仰ぎましょう!
(ただ、国内感染も確認されており、症状も
 風邪等と被る部分もあるため、判断が難しいのも事実ですし
 風邪の症状で全員が連絡したら大変なことになるのも事実なので
 判断が難しいですね…)

また、病院に行く際には
自分が新型肺炎かどうか云々は
関係なく、マスクをしていくようにしましょう。
もしも万が一自分が新型のウイルスに感染している場合に
周囲に感染を広めない、という意味合いもありますし、
自分がそうでなかった場合、
周囲からの感染予防、
そしてインフルエンザや風邪など既存のウイルスからの
感染予防にもつながりますから、
ここの部分はしっかりと対策をしておくようにしましょう。

デマ情報には注意する

新型肺炎に関するデマ情報なども
既にネット上で見受けられます。
これは、余計な不安や混乱を
招いてしまうだけですし、
自分自身も不安になってしまい
精神衛生上も良くありませんから
”不確定な情報”はスルーするようにする
ということも大事なことです。

少なくとも、ツイッターや他のSNSなどで
信憑性不明の情報は
拡散しないようにすることは
徹底してください。
また、テレビや大手ニュースサイトなどの
情報に関しても間違っている情報が
紛れている可能性は十分にありますから
冷静に対応していくことが大事になります。

最新情報をしっかりと確認しておくことは
大事なことですが、
過剰に反応しすぎないようにすることも
大事なことです。

スポンサーリンク

会社側や上司が注意すべきこと

流行期に「マスクはダメだ」などと
言っている場合ではありません。
マスク禁止を普段しているような職場でも
柔軟に対応することが大事です。

私も元接客業ですが
マスクは推奨していましたし
買う側からしても「マスクしている店員は失礼」
なんて思う人は、最近はまずいませんし
いたとしても多くはクレーマー気質ですから、
まず、従業員の安全を守ることも
上司・会社としての責任です。
その最低限の責任すら果たせない会社・上司は
先が思いやられます。

まとめ

新型肺炎に対する対策で
個人レベルでできることは
上記のようなことになるかと思います。

基本的なウイルス対策に加えて、
体調不良になった際や、
該当箇所などへの旅行(わざわざする人は少ないとは思いますが)
を控えるようにすること、
デマ情報に注意すること、
などを覚えておくようにしましょう。

不安を感じやすい人はSNSで新型肺炎の話題などを
見るのは控えたほうがいいかもしれませんね

タイトルとURLをコピーしました