口の中が甘かったり、唾液が甘かったりする原因は…?

何も食べたり
飲んだりしていないはずなのに口の中が甘い…

そんな症状が出てしまうと
不気味にですよね。

直接的に害はなく、
気にしなければ気にしないことも
出来るかとは思いますが、
何の意味もなく何も食べていないのに
口の中が甘くなる、ということは
基本的にはありません。

何か、口の中が甘くなっている原因が
そこには隠れている、というのが事実です。

では、その”口の中が甘くなっている原因は何か”
そして、治療するための方法は何か、
その点について見て行きたいと思います。

何もしていないのに口の中が甘い

何か甘いものを食べたり
何かを飲んだりすれば、口の中が甘くなるのは
これは当然のことですし
何もおかしなことではありません。
むしろ、甘いものをい食べているのに何の甘みを
感じなかったりする方が問題でしょう。

しかしながら、何か食べたり、何か飲んだり
しているわけではないのに、口の中が甘くなって
しまう…これは、何か身体の中から発されている
シグナルである可能性も十分に考えられます。

例えば、口の中が甘いのが数日で
消えたりだとか、すぐになくなったのであれば
基本的にそれほど大きな心配は
しなくても良いと思いますが、
もしも症状が続いたり、
どんどん甘みが増しているようなことが
あれば、要注意の状態であることは確かです。

考えられる原因と、対処方法について
それぞれお話をしていきたいと思います。

ストレスなど

まずは、ストレスは疲労などが
原因になっている可能性。
これが考えられます。

最近、仕事などで疲れていたり、
何らかのストレスを溜めていたり、
そういったことはないでしょうか。
また、大きく生活環境が変ったり、
仕事が変わったり、
そういったことでもストレスなどが
蓄積される可能性は十分にあります。

この場合は、病気ではありませんが、ストレスや
体調不良などを放置しておくことによって、
さらに症状が悪化してしまう可能性は十分に
ありますから、その点には注意を
するようにしましょう。

自分で思い当たる部分があるのであれば
できる限りストレスを自分自身に与えないようにすること、
疲労が貯まっている場合は、
なるべく休める時間には休むことが
大事になってきます。

仕事の都合上、なかなか難しい部分も
あるかもしれませんが、もしもどうにも
ならない場合に関しては
自分の勤務体系や、その仕事を続けるか
どうかまで含めて、しっかりと
検討をしていく必要があります。

体調不良

風邪などで、体調不良を引き起こしている際に
口の中の味が若干変わることがあります。
私も、風邪を小さい頃によく引いていましたが、
口の中の味が変わるようなことは
よくありました。

自分で思い当たるようなことがある場合は
まず、しっかりと自分の体調を
回復させるようにしていきましょう。
風邪などが原因となっているのであれば、
その風邪が治るころには
症状も改善していくのではないかと思います。

人工甘味料の過剰摂取

ジュースなどに含まれる
人工甘味料を過剰に摂取することで、
口の中の甘みが消えなくなってしまったり
何も食べていないのに
口の中が甘い、という症状に
繋がってしまう可能性があります。

自分自身で考えてみて
甘い飲み物を大量に摂取したりだとか
そういったことはなかったかどうか、
よく考えてみるようにしましょう。

もしも思い当たる部分があるのであれば
少しの間、人工甘味料などが含まれている
飲み物は控えるようにし、
しばらく様子を見てみるようにしましょう。
仮に人工甘味料が原因になっているのだとしたら、
摂取を控えることで症状が
落ち着いてくることもあるかと思います。

味覚障害の可能性

味覚障害の症状で
口の中が”甘く感じてしまう”という
症状が出る場合もあります。
実際に甘いのではなく、
味覚の障害によって”甘く感じてしまう”と
そういうことになります。

味覚障害の原因としては亜鉛不足、
薬の副作用、加齢などになります。
人によって様々ですが、これらによって
味覚障害を発症し、場合によっては
口の中に甘みを感じるようなことも
出てくるかたちになりますね。

これが原因の場合に関しては、
亜鉛を摂取するようにするなどの対策から、
投薬治療、食事療法などによる
治療方法があります。
味覚障害自体で命に関わるような
ことはありませんから、
その点は安心しても良いとは思いますが
辛いことには変わりないと思いますから
必要に応じて病院に相談し、
治療方法などを相談していくと、良いのではないかと思います。

糖尿病の可能性

口の中が甘い、という症状で
考えられる一番嫌なケースが
「糖尿病」になるでしょうか。

糖尿病は血中の糖の濃度が
増えるものになり、
それによって様々な症状を
引き起こすことになります。
糖尿病により、神経に障害を引き起こし、
結果的に「味覚障害」が発生し、
先ほど書いたことと同じように
「口の中を甘く感じてしまう」という
状態になります。

が、この場合、単なる味覚障害とは違い
放置しておくことで、
臓器への影響などが出る可能性もあるほか、
目(網膜症)への影響を与えるような
可能性もあります。

糖尿病を治療する方法としては、
根本的に治療するのではなく
血糖値をコントロールするかたちの
治療になります。
そのため、常に病院の先生と相談しながら
経過観察を行っていく必要がある、
というものになりますね。

食事・運動などの基本的な
生活の部分から治療していくことと、
投薬による治療、
この治療を組み合わせることで
血糖値のバランスをとっていくかたちになります。

口の中が甘い症状も
糖尿病から来ているのであれば
その治療が行われることによって
症状が緩和される可能性は十分にあります。

ただ、いずれにしても
糖尿病の場合は口の甘みだとか
そういった部分とは関係なく、
その治療は長引くことになりますし
長い闘いになってしまいますから
できる限り、糖尿病に
なってしまわないように、予防をしていく、
ということが大事なことになるかと思います。

病院を受診した方がいいの?

口の中が、唾液が甘い、という症状で
ただちに命に関わるようなものは
基本的には見当たりません。

そのため、ある程度は要湯を
見てみても問題ないかと思いますし、
様子を見てみて、甘みが消えるようであれば
あとはそのまま普通に生活を
していれば良いかと思います。

しかしながら、口の中が甘い症状が
いつまで経っても消えなかったり
どんどん悪化していくようなことがあったり
自分自身でその状態に対して
不安を感じてしまうようなことがあるので
あれば、早めに病院を受診して
どのような原因で口の中が甘くなっているのかを
突き止めることは大切になるかと思います。

焦って病院に行ったり、
焦って治療する必要はないかと思いますが
ストレス、味覚障害、糖尿病の場合などには
放置しておくと悪化する可能性も
ありますから、適度なタイミングで治療が
必要となったら治療を開始した方が
良いということは事実でしょう。

どうして口の中が甘いのか。
これは、個人で確実な原因を
突き止めることは難しいです。
最終的に、治らないのであれば
病院を受診する必要があるのです。

まとめ

口の中が甘くなってしまった場合
それが数日以上続くのであれば
何らかの原因が隠れている可能性は
非常に高いと言えるでしょう。

しっかりと、口内が甘くなってしまった
原因を突き止めて対処する、
ということは大切なポイントになるかと思います。

それほど深刻に考える必要はありませんが
何らかの異変が身体に起きている可能性は
髙いですから、注意しつつ
経過を見守っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする