オーバーワークになってしまう原因は?体調を崩す前に対策を!

オーバーワークとは、
「働きすぎ」のことです。

日本では、このオーバーワークの状態に
なってしまっている人が
本当にたくさんいると思います。

人生は、働くためのものではありません。
働くと言うのはあくまでも生きるための
手段のひとつであり、
それが人生の中心になってしまうようなことは
本来あってはならないことです。

しかしながら、自分から
そうなってしまっている人もいれば
会社環境などが悪く、嫌々そうなってしまっている人が
いる、というのも事実です。

そんなオーバーワークの状態になってしまう原因、
対処法をそれぞれ考えていきたいと思います。
”働き過ぎだな”と思う人は
自分が壊れる間にしっかりと
対応するようにして下さい。

働きすぎの原因と対策!壊れる前に…

オーバーワークの状態が続けばどうなるか。
答えは簡単です。
人間は、壊れます。

中には壊れずに働き続けることが
できる人もいるにはいると思いますが
オーバーワークの状態がずっと続けば
基本的に、人間というものは壊れてしまいます。

肉体的に壊れてしまう人もいますし、
精神的に壊れてしまう人もいます。
最悪の場合は命をも落としてしまうような人がいる、
というのも事実です。
オーバーワークは人間の身体にとっては
”毒”でしかありません。

自分が壊れてしまう前に
しっかりと”どうしてオーバーワークになっているのか”を
自分自身で理解し、対策していくことが
非常に大きなポイントになります。

仕事量が多すぎる

会社が自分に与えている仕事量が多すぎる場合。
当然、これは、そのまま素直に
働き続けていれば、オーバーワークになってしまいます。

どう考えても一人では処理しきれないような
仕事を与えられても、我慢して
それをこなしてしまう、という人も
いるかと思いますが、それは最終的には
自分のためになりません。

もしも、自分に対しての仕事量が多すぎる、
と判断した場合は、周囲と相談して
仕事を上手く分担するなどの工夫が必要です。

場合によっては上司や会社と相談してみるのも良いでしょう。
明らかに仕事量が多い場合、
そのまま黙って仕事をしていては
誰も気付いてくれませんし、誰も対応も
してくれません。
まずは相談することが、大切になるのです。

人員不足の場合

人員が不足している場合も、結局のところ、
人手が足りないわけですから、一人あたりの仕事量が
増えてしまうことになります。

これに関しても、やはり上司などと相談し
可能であれば新しい人を雇ってもらうなどの
対応が必要になるかと思います。

人員不足のまま働いていると
あなただけではなく、周囲の人間にも
負担がかかりますし、
明らかに人員が足りない場合に関しては
自分自身が決められる権限を持っているのであれば
人員の補充を考えなくてはいけませんし、
決められる権限がないのであれば
上司などに人が足りないことを伝えて
対応してもらえる可能性に賭けるしかありません

自分が頑張りすぎている

これは、自分自身の問題ですが
帰ろうと思えば帰れるのに
仕事をやりすぎてしまう人がいるのも事実です。

もちろん、自分の意思でやっているわけですから
それはそれで良いのかもしれませんが、
それでも、肉体的には疲労がどんどん貯まって行くのは事実ですし
やはり、精神的にもどこかしらおかしな部分が
出てきてしまう可能性というのは
非常に高いものになると思います。

何らかの理由で仕事を頑張るのは良い事ですが
頑張りすぎは自分の身体への毒にも
なりますから、どこかで自制をし、
手を抜く場所は抜く、頑張らないところは
頑張らない、という心構えも大切なことの
ひとつになってくるかと思います。

これは、自営業などの場合でも同様で、
自営業だと、ついついプライベートと仕事の
境界線があいまいになってしまったりなどして、
オーバーワークになってしまう可能性も十分にあります。
自営業の場合は、特にこの点には気を付けるようにし、
オーバーワークにならないよう
自分で上手く加減を行っていく必要があります。

自分で頑張りすぎてしまっている場合の
対処方法はサラリーマンでも自営業でも、
どちらだったとしても
”自分自身でしっかりと自制をしていく”
ということが大切になってきます。

自分の仕事能力の問題

自分自身の仕事のやり方に問題がある
可能性もあります。
何らかの理由で効率が悪く、
仕事の作業が増えてしまったり、仕事が遅かったりすると
結局遅い時間まで働くことになってしまい
オーバーワークのような状態に
なってしまうことは充分に考えられることです。

また、周囲との協調性が無かったりして、
仕事が思うように進まずに、仕事の
しすぎになってしまうなどなど、
自分のやり方に問題があるようなケース。
これも、やはり改善していかなくてはいけませんね。

自分自身の仕事のやり方に
何か問題がある場合に関しては
しっかりとそれを見つめ直して
やっていく必要があるのではないかと思います。

会社がブラック企業の場合

これが一番厄介なケースですね。
自分の勤務している会社がブラック企業で
ある場合、当然のことながら、
オーバーワークになりやすいですし、
大抵の場合オーバーワークになってしまうでしょう。

しかし、勤務先がブラック企業の場合は、
なかなかその状況を改善しようとしても
そう簡単には行かない、というのも現実です。
少し何か言っただけでオーバーワークが解消
されるような会社なのであれば
最初からブラック企業になど
なりませんからね…。

自分の勤務先がブラック企業の場合は
最大限の注意を払う必要があります。

どういうことかと言うと、
「壊れるまで酷使されて捨てられる」
可能性があるためです。

色々な事情から、
どうしても無理してしまう人も
多いかと思いますが、
そうなってしまわないように
注意して下さい。
ブラック企業の過酷な勤務・
つまり、オーバーワークで命を落とした人も
過去には実際に存在しますし、
命を落とさないまでも精神的に
壊されてしまって、鬱のような状態に
なってしまう人も多いです。

そうなってしまうと、
取り返しがつかなくなってしまいます。

特に、命まで奪われてしまった場合に
関しては、もう後悔しても後悔
することもできませんからね…。

そうなってしまう前に、多少強引な方法に
なったとしても”脱出”することが
大事になってくる場合もあります。

くれぐれも無理はし過ぎないこと。
これは絶対に忘れないようにして下さい。

ある日、急に人間と言うのは
壊れてしまうものです。
限界を超えている、と自分で感じている場合はもちろん
周囲から止められた場合などに関しても
しっかりとその先のことを
考えるようにして下さい。

どうしようもないブラック企業の場合は
最悪の場合、退職してしまうしか
選択肢はありません。
自分が壊れてしまってからでは
本当に遅いですから、
なるべく早い段階でそういったことは
決断していく必要があります。

勤務先がブラック企業である場合は
”いつかは良くなるだろう”と思っていても、
良くなりません。
恐らくはずっとオーバーワークのままでしょう。
そうなればいつかは人間、壊れます。
そうなってしまわないために
転職や退職の選択を早い段階でする、
ということも人間にとって、
とても大事なことになるのです。

まとめ

オーバーワークな人間を壊します。
最悪の場合は命を落とすことにも
繋がってしまいますから、
自分がなぜオーバーワークになってしまっているのか
そのことをしっかりと考えるようにし、
その原因をしっかりと取り除いていくように
することが大切になります。

オーバーワーク状態のまま、無理をし続けるようなことが
無いようにして下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする