履歴書の種類や紙の質、ペンについて解説!高級なものだと良いの?

この記事は約6分で読めます。

履歴書にも色々な種類があります。
安い履歴書から高い履歴書…
色々ありますね。
髙いと言っても、そこまで恐ろしい値段のものは
ありませんが、
100円で履歴書を購入することができる現代でも
100円以外の履歴書が存在しているのは事実です。

そして、履歴書に記入するためのペン、
これもいろいろありますね。
100円で10本ぐらい入っている
ボールペンもありますし、
1本で数百円するようなものもあります。

そういったもので
”合否”を左右されたりしてしまうことは
あるのかどうか、
評価に影響することはあるのかどうか、
元店長で面接をやっていた経験を元に
ご案内していきたいと思います

スポンサーリンク

履歴書やペンの値段で合否に影響は…?

いきなり答えになりますが、
これは「ほぼ確実に、ありません」。
”お、この人、高級な履歴書使ってるな”なんて
考えで評価が上がるようなことはないですし、
逆に”100円の履歴書を使ってるからマイナス”なんて
ところも、ほぼ確実にないでしょう。
大事なのはそんな部分ではありません。
大事な部分については後述しますが
まず、”履歴書の値段”で合否に影響するような
ことはありません。

ちなみに、なぜ”ほぼ”と書いているのかと言うと
世の中には色々な人間がいて
”変わりモノ”も中にはいます。

中には
”100円の履歴書か~”なんておかしな採点基準の人も
1万人の中に一人ぐらいはいるかもしれませんし、
”高級な履歴書使いやがって”みたいな人も
1万人いれば一人ぐらいはいるかもしれません。

ほぼ0であると思いますから
心配する必要は全くないのですが、
中にはそういう一般的ではない考え方を
している人もいるかもしれません。

ですので”ほぼ”と書きました。

とは言え、ほぼ全員が履歴書の値段を
気にすることはないでしょうから
(むしろ、そんな部分で合否を判断しているようなら
採用担当から降りた方がいいです)
基本的に心配する必要は、何一つない、と言っても
良いでしょう。

ペンに関しても同じで
「このボールペンは安い!」なんてことで
評価を落とされたりすることはありませんし
逆にどんなに高級なボールペンを
使っていようと、それで評価がプラス
されるようなこともありませんから
その点も勘違いをしないようにする、
ということは大事なことに繋がります。

それを踏まえた上で、
どのような点に気を付けるべきなのか
履歴書、ペン、それぞれで解説していきます。

履歴書の値段は関係なし?本当に注意すべきなのは?

書き方に関しては別記事で解説していますので、
今回は割愛しますが、
履歴書の種類に関してのお話をしておきます。

履歴書の種類は、特に基本指定されていないはずなので
何でも良いです。
「写真アリのもの」だとかそういう指定はあると思いますが
価格帯の指定はないので、
条件さえ満たしていれば100円の履歴書でも
全然問題はありません。
お金をかける必要は全くない、ということですね。

むしろ履歴書にお金をかける必要はないので
100円ショップで購入するのが
一番手っ取り早い方法です。

注意するべき場所としては、そこではありません。
履歴書関係で注意するべき部分は
「ちゃんと内容が書けているかどうか」と
「紙が汚れていないかどうか」という部分になります。

「紙がぐしゃぐしゃになっている」
「紙が濡れてしまっている」
「何度も使いまわした痕跡がある」
「紙が汚れている」
こういった部分があると、マイナスに
なってしまいますから、そこのところは
注意をするようにし、対応していくように
しなくてはいけません。
履歴書の価格がどうこうではなく、
上記のような部分に、しっかりと注意をする、
ということの方がはるかに大事な部分に
なりますから、この点は
しっかりと覚えておいた方が良いでしょう。

履歴書の値段云々を心配
するのであれば、もっと別の部分を
心配した方が良いです。
先ほどから書いている通り
履歴書が安いものだとか
そんな部分まで見る人は
まずいないでしょうし、
上で挙げたような部分の方が
はるかに大事な部分です。

上で挙げた部分も見ないところも
多いと思いますが
履歴書の値段云々に比べると
見られる可能性はあるので
注意をしましょう、ということですね。

ペンを気にする必要は?本当に気にするべき場所は?

次にペンのお話。
履歴書を書くには何らかのペンが
必要になるかと思います。

基本的に履歴書の記入に使うペンは
「ボールペン」になりますから
まずはそのことを覚えておきましょう。

そして、そのボールペンですが、
これは、どんなものでもOKです。
”ちゃんと出ること”が条件ですが
ちゃんと書けるボールペンであれば
100円のボールペンでも
1000円のボールペンでもなんでも良いのです。

「こいつ、安いボールペンを使っているな」などと
いうことで評価を下げたりすることは
ありませんし、
逆に「おぉ!高級なボールペンを使っているな!」なんて
ことで評価が上がることもありません。

平たく言えば
”かければ何でもいい”ということですね。

ただ、注意しなければいけない点もあります。
それは、お金の部分ではなく
”ちゃんと書けるかどうか”ということですね。

どんなにお金をかけても
ボールぺンのインクがところどころで途切れていたり
そういったことがあったら意味がありませんし、
それはマイナス評価になる可能性も高くなります。
例えば、文字が途中で一部消えていたり、
インクが上手く出なくてちょっと文字が
乱れた感じになってしまっていたり…
そういったことがあると、当然、マイナスに
繋がることになってしまいますから
どんなに安いボールペンでも高いボールペンでも
そこのところは構いませんから、
とにかく、インクがちゃんと出る
ボールペンを用意するようにしましょう。

インクが出なかったり、
インクが極端に薄かったり
そういったことは
場合によってじゃマイナスになってしまう
可能性が高まりますから
注意をすることが必要になります。

お金はかけなくていい!

結論を言うならば
「お金をかける必要はない」ということですね。
あまりにお金をかけてしまうようなことがあると、
逆効果ですし、
何も意味はありません。
履歴書、使うペンそれぞれに上記のようなことは
注意していく必要はありますが、
それ以上のことを考える必要はありません。

100円の履歴書がダメだとか
100円のペンがダメだとか
そんなことはありませんし、
それで評価が下がる可能性は
ほとんどありません
逆に言えば、どんなに高級なものを
使おうとも、評価が上がることはありません。
そのような部分を見ても
採用する側からすれば
普通は何のメリットにもならないからです。
採用する側が見るのは、
もっと現実的な部分になります。

そのため、高級な履歴書やペンを
使えばいいということではない、
他にもっと見るべき大事な部分がある、
ということはしっかりと覚えておかなくては
いけないことです。

お金をかける、かけないは個人の自由ですが
少なくとも、お金をかけないと評価が
下がってしまうんじゃないか、みたいなことを
気にする必要は全くありませんし、
お金をかけたことで評価が上がる!という勘違いを
してしまったりしないように、注意していきましょう。
バイトでも社員でも
大事なのはお金ではありません

まとめ

言われなくても分かっているとは
思いますが勘違いをしてしまわないように
しっかりと注意をしていくように
気を付けましょう。

注意をしていないと、余計な心配を
する羽目になりますから、ちゃんと注意を
することが大事になります。

タイトルとURLをコピーしました