仕事が理解できない!職場から邪魔者扱いされないためのポイント

職場の仕事が理解できない…

なかなか要領よく仕事することができない…

そういったことで悩んでいる人も
いるかと思います。

確かに、要領よく仕事ができなかったりすると、
周囲から白い目で見られたり、
風当りが強くなってきてしまうことも
考えられますし、
場合によっては職場に居場所がなくなってしまうことも
あるでしょう。

理解できない場合に関しても同じだと思います。

では、職場の仕事が理解できない場合、
どうしても要領よく仕事が出来ない場合は
どのような点に注意をしていけば良いのでしょうか。

気を付けるべきポイントについて、
まとめていきたいと思います。

邪魔者扱いされないために…

どうしても、仕事ができなかったり
理解できなかったりすると
邪魔者扱いされる可能性は
高まってしまうものです。

この際に「自分はだめなやつなんだ」と
思ってしまってふさぎ込んでしまったり
マイナス思考に支配されてしまったり
そのようなことがないように注意していきましょう。

もちろん、自分自身にも改善するべき
ポイントはあるとは思いますが、
人間、相性の問題もありますし
会社側が適切に指導できていない可能性も
充分に考えられます。

自分だけが悪い!とは限りませんから
その点は勘違いしないようにし、
確認するべきポイントはしっかりと確認して
やっていくようにしましょう。

忘れないようにする

まず、仕事上の大事な連絡事項だとか
教わったことを忘れないようにすることは
大事なポイントになります。

忘れてしまうことで自信を無くして
結果的に仕事が理解できなかったり
要領が悪くなってしまったりするものです。

原始的な方法ではありますが
メモを取るのが一番確実な方法ではあるでしょう。
職場によって、マニュアルなどが用意されている
職場もあるとは思いますが
それでも全てが書かれているわけではないと思いますし、
マニュアルがない職場もたくさんあります。

まずは”忘れないようにする”
ということが大事なポイントになります

分からないままにしない

分からないままにしてしまうこと。
これは、自分自身の自信にも繋がることですし、
「これで大丈夫かな?」という不安が
自信のなさや、要領の良い・悪いにも
繋がって行く部分になってくるかと思います。

”分からないままにしない”
”不安なままにしない”
これは、鉄則です。

分からないことがあれば聞く、調べる、
ということが大事になります。

自分で調べることも大事ですが
職場によって独自のやり方もあるかと思いますから
調べる⇒聞くの手順か、もしくは聞く、ということが
大事になります。
最初のうちは意識して、「分からないことはとにかく聞く」
ということをしっかりとやっていくようにしましょう。

聞きやすい相手を自分なりに見つけることも
大事ですが、居ない場合でも、
しっかりと聞くべきことは聞くようにして下さい。
相手が質問に応えなかったり、聞いただけで
逆ギレするような職場は
職場の方が悪い(職場側の教えない空気が仕事を理解できない、
要領の悪い社員・バイトを作っていることになります)
ですが、基本的には、質問をすれば
同じ質問を何度も繰り返しているだとか
そういったことがなければ、ちゃんと
教えてくれるはずです。

調べたり、勉強をすることも大事

仕事の要領をよくしたり、理解を深めたりするためには
面倒であっても、やはり、ある程度の勉強は
大事になってくるのではないかと思います。
職場によってやることは全然違いますから
どのように勉強したら良いのか、ということを
一概に言うことはできませんが、
分からないことがあったら自分で調べたりすることも
大事だと思いますし、
専門的な知識がある程度必要なのであれば、
そういったことをしっかりと勉強しておくことも
大事なことのひとつになります。

プライベートが無くなってしまうほど無理を
する必要はありませんし、
できれば仕事時間内に完結させることも
大切なことになりますが、
それが難しい場合に関しては
ある程度の勉強も大事に
なるかとは思います。

職種によっては自分自身でも努力していかないと
身につかないようなことも
本当にありますからね。

コミュニケーションはしっかりと

人との会話が苦手な人もいるかと思いますが、
コミュニケーションはしっかりと
取るようにした方が
邪魔者扱いされる可能性を下げることは
できるかと思います。

なかなか難しい部分もあるかとは思いますが、
仕事が仮に少しできなかったとしても、
性格面でなんとか乗り切るようなことが
できる人もいます。

コミニュケーションは自分のできる範囲で
しっかりと取るようにし、
”嫌われもの”になってしまわないように
注意しながらやっていく必要は
あるかと思います。

同じミスをしないように注意する

職場で”仕事ができない”とレッテルを
貼られてしまう原因になりやすいことが、
”同じミスを何度も繰り返す”ということですね。

誰でもミスはするものですし、
ある程度のミスは、仕方のないことだと思いますが
同じようなミスを何度も繰り返しているような場合。
これは、問題であると思いますし
直すように努力をしていかないといけない部分に
なるかと思います。

なかなか、難しい部分もあるかとは思いますが
同じミスを繰り返せば繰り返すほど、
信頼度は下がって行きますし、周囲からの
扱いもどんどんと悪化していくことになってしまいます。

出来る限り、同じミスをしないようにする、
ということは非常に大事なポイントになりますから、
注意をするようにしましょう。

仕事との相性は合っているか確認

仕事の内容を理解できなかったりするのは
自分の能力の問題ではなく、
仕事との相性の問題である可能性も十分にあります。
誰にでも相性というものはあります。
それが仕事であっても、仕事以外のプライベートな
部分であってもそれは同じことです。

もしも、自分と仕事の相性が合っていない場合、
なかなか仕事が理解できなかったりするのは
当然のことです。

そんな場合、努力して相性が悪い仕事を身に着ける人も
いますが、どうにもならない場合があるのも事実です。
どんなに努力したとしても、です。

そんな場合は、無理をせずに、
転職や退職についても、しっかりと考えて
自分との適正がない仕事をしてしまっている場合は、
仕事を変えることもひとつの大事なポイントになります。

周囲の人間との相性も…

上司や同僚との相性が合わないようなケースも
考えられます。
上司や同僚ひとつで、仕事というのは
非常に大きく変わってしまうものになります。

感じの悪い上司やパワハラ上司などが
いるだけでも、大きく変わってしまう
ものですからね。

周囲の人間との相性はとても大事です。

上司の教え方ややり方が悪くて
仕事が理解できないようなケースも
実際にあります。

なんでも最初から上司のせいだと
決め込んでしまうのはNGですが、
本当に上司が原因なのであれば、
場合によっては転職や退職などについても
視野に入れる必要が、やはり、出てくるのではないかと思います。

まとめ

仕事が理解できない!
職場から邪魔者あつかいされる!

これには色々な原因があり、その原因は
人によって様々です。

場合によっては会社側や上司に問題があって
どうにもならないような場合が
存在するのもまた、事実ですね。

自分に、もう少し頑張れるところが
ないかどうかを考えてみて、
もう十分に頑張っている場合や
会社や同僚・上司などに問題がある場合に
関しては、たまたまその職場と相性が
合わなかっただけの可能性も十分に
ありますから、場合によっては自分が
今後どうするかも含めて
しっかりと考えて行くことが大事に
なるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする