おすすめの静音キーボードと選ぶときのポイント!

ネット
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

パソコン作業をする人にとって
気になるであろうことの一つが
「キーボードの騒音」ですね。

私もパソコンでの入力を仕事上、
日常的にしていますが
本当にうるさいですし、
耳もおかしくなりそうです笑

また、周囲から嫌がられるのも事実です。

そんな際に役立ってくれるのが
静音のキーボードです。

通常のキーボードよりもはるかに静かなので、
キーボード入力を日常的にする人にとっては
優れた味方になってくれるのです。

どんなキーボードなの?

静音キーボード、と一言で言っても
色々な種類がありますので、
どんなものかは一概には言えませんが
簡単に言えば「入力音が静かなキーボード」ということになります

通常のキーボードであれば
素早くタイピング(入力)していると何かと
ガチャガチャと音がうるさいと思いますが
静音のキーボードを使っていれば、ものにもよりますが、
だいぶ静かにすることができます。

自分の耳にとっても良いと思いますし、
当然、周囲への気遣いにもなりますから
そういった意味でもおすすめできます。

では、どんなものが良いのか、
ポイントと、個人的なおすすめをご紹介します

どこで買えばいいの?

家電量販店などにもキーボードは販売
されていますが、現代では
アマゾンなどのネットショップで購入してしまうのが
一番手っ取り早いと思いますし、
品揃えなども良いかと思います。

私も、アマゾンで購入しました。

勿論、店頭で購入しても構いませんので、
自分の用途に応じて、好きな方法で買いましょう。

店頭でも、キーボードを直接触ることは
難しいので、結局のところ、あたり・はずれなどに
関しては買ってみないと分かりません。

選ぶ際のポイント

静音キーボードと言ってもいろいろな種類があります。
私もこれまで、いくつかの種類を試しましたが
その経験を元に、選ぶ際のポイントをご紹介します。

・対応しているかどうか
まず、これは最低限確認することです。
どんなパソコンの周辺機器であっても、自分が使っているものに
買おうとしているキーボードが対応しているのかどうか。
まず、これは最低限確認するべき事項です。

・有線か無線か
静音キーボードは外付けになりますから、
パソコンにケーブルで接続するか、もしくは無線通信をして
接続するかのどちらかになります。
有線のものもあれば、無線のものもありますので、
購入前にしっかりと確認してください。
無線だとケーブルなしでスッキリしますが
モノによっては反応が悪かったりすることもあります
この辺りは個人の好みの問題なので、自分で判断しましょう。

・入力しやすいかどうか
いくら音を静かにしたらと言って
”入力しにくい”状態になってしまってはお話になりません
特に、仕事上でパソコンを使っている人にとっては
入力しにくい状態は、大問題です。
これも、個人の好みにはなりますが「シリコンタイプ」のものは
相当入力しにくいので、
音はとても静かですが、注意しておかなくてはいけません
どのタイプが入力しやすいかは個人的な部分もあるので
何とも言えませんが、入力しにくいものもあるので注意です。

・必要なキーの確認
自分に必要なキーがちゃんとあるかどうかも確認しましょう。
コンパクトタイプと通常配列のものがあるので、
そのあたりも、自分の好みと合うモノをしっかりと
確認することが大切になります

・どのぐらい静かなのか
実際に使ってみないと分からない部分もありますが
静音キーボードでも、モノによって、大分音の感じが
違います。中には「これは本当に静音なのか?」などと言うものも
ありました。レビューなども見つつ、見極めましょう。

・当たり外れがある
キーボードという商品の性質上、どうしても当たり外れがあります
キーがすぐに外れてしまったり、戻らなくなってしまったり、
あまり反応が良く無かったり…
そういうこともあるので、頭の中には入れておいてください。
初期対応の有無はメーカーによってまちまちです。

こんなところでしょうか。
色々な商品があるので、しっかりとポイントを押さえた上で
選ぶようにしましょう

おすすめは?

私も、仕事上でパソコン入力をよくするので、
静音キーボードを色々と使っています。
その中での、個人的なおすすめがこちらですね。

エレコムの本格静音キーボードです。


エレコム 有線フルキーボード【本格静音設計】メンブレン式 マルチファンクション専用キー付 ブラック TK-FCM090SBK

色々使ってきましたが
値段的にもお手頃ですし、入力の心地も個人的には悪く無いですし、
音もかなり静かです。
他のメーカーのものも使いましたが
個人的にはこれがいい感じですね。

もっと高いやつもいろいろとありますが
個人的にそこまでお金をかけなくても…と思うので、
こちらを愛用しています。

ただ、あくまでも”私のおすすめ”であり
感じ方は個人によって違います。
また、キーボードのアタリ・ハズレもあると思いますから
その点に関しても念頭には入れておいてください。

職場で使う場合

自分で用意したキーボードを職場で
使おうと考えている場合は、必ず
職場がキーボード持ち込みOKなのかどうか、
ということは確認を行うようにしてください。

職場によっては何らかの理由で
持ち込みNGであることも
考えられます。
その場合は、自分でせっかくキーボードを用意しても
それを使うことができませんから、
注意するようにして下さい。

まとめ

キーボードを変えるだけでも
本当に入力音は静かになりますし
周囲にとっても、自分にとっても
プラスになってくれるかと思います。

ただし、静音キーボードを購入する際には
上のようなポイントには注意するようにしましょう。

特に、入力がやりにくく、
やらなくてはいけない作業が遅くなってしまった!
なんてことになってしまえば、
それはそれで本末転倒ですから
しっかりと自分がやりやすいと感じるものを
選んで利用していく、ということも大切なポイントの一つです。

タイトルとURLをコピーしました