キーボードの音がうるさい!騒音を抑えるための方法は?

ネット

店員Kです!

最近では、プライベートでも仕事でも、
パソコンを使う機会が増えていると思います。

昔は、パソコンが家庭にないのが当たり前でしたが、
今では、パソコンを日常的に使う人も多いと思いますし、
仕事でもパソコンを使う職場は大幅に増えていると思います。

そんな中、一つ問題なのが
「キーボード入力の騒音」。

気にならない人は気にならないとは思いますが、
気になる人にとっては「騒音」以外の何者でもないですよね。

今回は、そんなキーボードの騒音を出来るだけ抑えるための
方法を書いていきます。

キーボードの騒音を抑える

キーボード入力音は
気にならない人には気にならないですが、
気になる人にとっては、本当に気になるものです。

また、長時間パソコンのキーボード入力を続けることで
耳への負担にもなる可能性もあります。
自分自身にも、周囲にとってもキーボードの騒音は、
悪影響を及ぼす可能性があるのです。

私も、キーボード入力は”自称”早いほうです。
仕事上、キーボード入力を止めることはできないのですが
「うるさい!」とよく周囲から苦言を呈されたものです。
確かにうるさいです・・・。

そこで、キーボードの騒音を押せる方法を
私の経験談も元に、色々と書いていきます。

入力を優しくする

何も使わずに騒音を抑える方法は、ただ一つです。
キーボードの入力方法を優しくすることです。
キーボードを優しく入力することで、
キーボードから発生する音を抑えることができるのは事実です。

私も、この方法でキーボードの入力時に発生する
騒音を抑えることはできました。
これが出来るのであれば、
一番手っ取り早いですし、確実な方法です。

ですが、これをやると問題がひとつ。

キーボードの入力を優しくすることで、
気を使うため、キーボードの入力速度が
どうしても遅くなってしまうのです。

もちろん、ずっと静かに入力するように心がけていれば
だんだんと入力速度をあげることも可能だとは思いますし、
人によっては、そんなことせずとも、すぐに適応
できるかもしれません。

が、中には私もそうでしたが
キーボードを静かに入力しようとすると、
どうしても入力速度が落ちてしまう、そんな人も
世の中には存在するのです。
とは言え、プライベート的なキーボード入力であればともかく、
ビジネス上のキーボード入力の場合は、少し速度が落ちてしまうだけでも
なかなかの問題です。

キーボードを優しく入力するようにしてみて、
それで問題なければ良いのですが、
違和感を感じてしまう場合は、
別の方法を使うしかありません。

クセのせいでうるさいのかも・・・?

私の場合、キーボード入力のクセがあり、
それがキーボード入力音を五月蝿くする要因の
一つになっていました。
私の場合は「エンターキー」を押すときに
ガチャン!と非常にうるさい音がたっていました!

何故かは分かりません。
ですが、たぶん、文章を入力し終えた一区切りとして、
達成感か何かあったのでしょう。
「やった!入力終わった!!エンター!!!」みたいな感じです(笑)

自分のキーボード入力を冷静に考えてみて、
「あ、これがうるさいのか・・・」と言うクセが見つかったのであれば
それを改善することで、キーボード入力音を抑えることが
できるかもしれません

静穏キーボードを使う

最終的には、静穏タイプのキーボードを使うしかありません。
私も、キーの部分が出っ張っているものを使っていたのですが、
静穏タイプのキーが薄っぺらいタイプのキーボードに変えました。

実際に変えてみて思うことは、
「やはり、全然違う」ということですね。
静穏タイプに変えるだけで、キーボードの入力音は
相当改善されます。

金額的には1000円台から3000円台ぐらいで
手に入りますし、かなり音はなくなるので、
キーボードの騒音に自分自身が悩んでいる場合、
もしくは、キーボードの騒音で周囲から文句を
言われている場合は、静穏タイプのキーボードを
使うようにしましょう!

静穏タイプのキーボードにも色々とありますが、
↓のようなものを選べば良いかと思います。

結局のところ、こういう商品を使うのが、
キーボードの騒音対策には一番良いです。

周囲にとっても、それが一番良いと思いますし、
自分にとっても、入力のしやすさを保ったままキーボードを
使うためにはこういうのを使った方が良いのです。

ちなみに、キーの配置や使いやすさの感じは、
個人差があると思いますから、自分でよく考えて、決断するようにしてください。

ちゃんと配慮する

人からキーボードの音を指摘された際に
「仕事だから仕方がない!」と開き直ってしまうのは避けるべきです。
キーボードの音を迷惑に感じるかは人それぞれ。
対策しようと思えば、対策すること自体はそう難しいことではありませんし、
相手のことも、ちゃんと考えて、対応するようにしましょう。

変な部分でこだわって人間関係が破綻する方が、厄介ですよ!

まとめ

キーボードの騒音対策としては以上のようになります。

私も、最初は入力の仕方を変えてみたのですが、
やっぱりやりにくいですし、作業の速度にも影響するので
静穏タイプのキーボードを購入しました。

結局、それが一番の騒音対策への近道でしたし、
キーボードの騒音に悩んでいる、もしくは周囲から何かを
言われている!という人は静穏キーボードを試してみるのが
ベストだと思います。