アイドルに幻想を抱いてはいけない!知っておくべき現実!

日常生活

店員Kです!

皆様は”アイドル”というものをどう思っていますか?

最近では身近に感じられることをウリにしている
アイドルなども多いですが、
どんなにアイドルに熱心になったとしても、
勘違いしてはいけない部分があるのです。

アイドルのファンになることは自由です。
熱心なファンになるのも自由です。
ですが、アイドルというものに幻想を抱き、勘違いしてはいけない。

そういうことです。

アイドルに対して夢を持っている方にとってはつまらないことを
書いていきますが、それでもいいよ、と言う方のみ
この先を読んでみてください。

それでも夢を見ていたい!という方は、
この先はあまり読まないことをおすすめします!

勘違いしてはいけないこと!

アイドルのファンになるのであれば、
勘違いしてはいけないことがたくさんあります。
そこを勘違いしてしまうファンが、
周囲に対して迷惑行為を起こしたり、最悪の場合
事件沙汰になってしまうこともあるのです。

何事にも”節度を持つ”ということはとても大切なことなのです。

それでは、アイドルに対して抱いてはいけない幻想。
ちゃんと知っておくべき部分をまとめていきます。
最低限、このあたりは忘れないようにすることが、大切ですよ!

アイドルは仕事

まず、アイドルがファンと交流すること。
これは、仕事の一環です。ここを勘違いしてはいけません。
もちろん、交流しない人も居ますが、
ファンと交流を積極的にしている人も、
それはあくまでも仕事だから、です。

皆様も仕事をされている方も居ると思います。
例えば、製造業なら何かを製造する。
アイドルがファンと交流するのはそれと同じことです。
仕事だから、やっている。

ファンへのリップサービスだとか、
お礼の言葉、愛想を振りまくことなどは、
全て”仕事だから”だと思って間違えないでしょうし、
そう割り切って考えておくべきです。

この点を理解できていないと、暴走に繋がる。
夢を抱きたい気持ちも、分からないでもないですが、
それではダメなのです。

当然、現役のアイドルに直接インタビューをしたところで、
大抵の人は綺麗ごとを言うかと思います
(中には現役でもファンをあからさまにぞんざいに扱う
人も居ますけれど…)

でも、それは悪いことではありません。
リップサービスやファンサービスでファンを楽しませる。
それがアイドルの仕事ですし、
それで嬉しい人が居るのであれば、ひとつの商売として
成り立っているので、良い事なのではないでしょうか。

あくまでも「客」

どんなに熱烈なファンであっても、
どんなに長い間ファンをやっていたとしても、
越えてはならないライン、というものがあります。

忘れてはいけないのは、
アイドルとファンの関係性はあくまでも
「客と店」の立場のようなものであり、
どんなにお金をそのアイドルにかけたとしても、
それ以上になることは、基本的にはありません。

「お前にいくらかけたと思ってるんだ」みたいな人も
居ますが、そうなってしまってはいけないのです。

自分は「客」であることを忘れてはいけません。
決して友達でもなければ、恋愛関係でもない、
相手からすれあ、表面上はどう言っていたとしても、
ファンはどのファンも”ひとりのファン”でしかありません。

分かりやすく例えるのであればお店の店員から見た
一人のお客さん、みたいな感じでしょうか。
決して、それ以上の存在ではないのです。

もしも自分がお店の店員だとして、
毎日のように商品を買っていってくれるお客さんが居たとしても、
店員的に「ありがとうございます」と思ったとしても、
プライベート上の自分からすれば、なんとも思わない人が
ほとんどだと思います。
つまりは、そういうことです。

表面に見えるものは商品としての姿

アイドルが、ファンと交流している時の姿や
テレビ番組に出演しているときの姿。
SNSでの発言やブログでの発言、これらが全て素かどうかと言えば、
ほぼ100パーセント違うでしょう。
もちろん、限りなく素に近い方は居るかと思いますが、
アイドルの”仕事中”の姿は基本的に「作られた」姿です。

仮に真面目なイケメンで通っているアイドルが居たとしても
裏ではどうしようもないぐーたらの可能性もありますし、
清楚系で通っているアイドルも、裏では人の悪口や汚い言葉を
平気で吐き捨てるような人かもしれません。
本当の部分なんて、本人しか分からないのです。

アイドルに限らず、仕事場では少なからず、自分を偽っている人も
多いでしょう。
「100パーセント」全て自分を出しきっている人なんて
ほとんどいないはずです。

それと同じです。
アイドルは”仕事”なわけですから、仕事中に、自分本来の姿ではない
キャラクターを演じることは普通のことでしょう。

友達や恋人になることはできない

原則的に、アイドルと友達や恋人になることはできません。
0ではありません。
が、それは本当に限られたことであり、基本的には「あり得ない」と思うべきです。

アイドルとは友達になることはできません。
アイドルの恋人になることも、できません。

仮に、全ての関連商品を購入したとしても、
全てのイベントに行ったとしても、
ファンはファンのままです。
アイドルとファンと言うカタチで出会った以上、
その人とそれ以上の関係は望まないことです。

どんなアイドルにでも、
プライベートというものが存在します。

そして、プライベート上には友人も居るでしょうし、
人によっては恋人も居るでしょう。
ファンは、あくまでも仕事上の存在であり、
プライベートの存在ではないのです。

プライベートに口出すする権利はない

どんなにそのアイドルを支えてきたファンであったとしても、
アイドルのプライベートに口出すする権利など、
誰にもありません。
口出すできるとすれば、せいぜい事務所とかそういうところであり、
ファンがプライベートに対してケチをつけるのは
行き過ぎた行為です。

これもお店に例えれば、
お店の常連客が店員のプライベートに対してケチをつけているようなもの。
はっきり言ってしまえば、異常であることは分かると思います。

流石に法律に反するような行為は問題ですが、
会社の規定にも、法律にも違反していない行為に対して
文句を言うのは筋違いです。

また、何らかの罪を犯してしまったアイドルが居たとしても、
それを罰するのはファンではなく、警察であり、解雇云々を決めるのも
事務所です。

自分だけのものではない

仮にどんなに応援していたとしても、アイドルは自分のものではありません。
同じアイドルのファンが何千人と居るわけです。
くれぐれも、そのことを忘れてはいけません。
度を越したアピールだとか、ルールすら守らずにマイルールを
イベントで押し付けようとしたりだとか、
そういう行為はファンではなく、もはやただの迷惑行為です。

アイドル本人からしても、非常に迷惑だと思いますし、
周囲のファンからしても、大迷惑だと思いますから、
ちゃんと、周囲のこともかんがえて行動することをおすすめします。

まとめ

アイドルのファンになるのは個人の自由ですし、
アイドルに限らず、何らかの趣味を持てる、ということはとても
良い事だと思います。

やはり、人生を充実させるのに、一番大事と言っても過言ではないものは
「趣味」です。
その趣味を持つことは大切なことですからね。

しかし、どんなに熱心にファンをやっていたとしても、
越えてはならないライン、勘違いしてはいけないことと言うモノが
あります。それが↑で紹介したようなことです。

夢を見るのは自由ですが、他人に迷惑をかける夢見は、
慎むべきです。
独りよがりな夢は、寝ている時だけにするべきです。