子供を産まないとどうこう言っている人は配慮に欠ける無神経な人

店員Kです!

世の中には、人に対して
「子供の人数がどうこう」だとか
「子供を作らないなんて」だとか、
「結婚しないと子孫がどうこう」だとか、
そういうことを言う人がいます。

ですが、そういう発言は、
自分では、何も考えていないのかもしれませんが、
無神経かつ、配慮に欠けた発言です。

例えそう思っていたとしても、普通は口にするべきことでは
ないですし、
他人がとやかく言うことでもありません。

スポンサーリンク

子供が居ないことをとやかく言ってはいけない

他人に対して、子供を作るべきだとか、子供がいないのは
どうこうだとか、そういうことは言うべきではありません。
そんなこと、個人の自由ですし、他人が干渉するべきでは
ありません。

ですが、残念なことに世の中では、
人に対してそういうことを言ったり、
酷い場合は公人であるのに、そういう発言を平気で
したりする人も居ます。
賛否はあるかもしれませんが、私は、自分本位でしか、
物事を考えられないとんでもないことだと思います。

普通に考えれば何故そういう発言をしてはいけないのか
理解できるかとは思いますが、
”どうして?”と言う方のために、
どうして子供を作れだとか、子供がいないことをどうこう
言ってはいけないのか、ご説明していきます。

そもそも、子供を作るかどうかは自由

まず、子供を産む、産まないは自由なのです。
子孫がどうこう言う人もいますし、
税金がどうこう言う人もいますが、そんなことは
人がとやかく言うことではないのです。

特に、子供の居ないまま老後を迎えた人は
人の税金で、だとか、人の手を煩わせて、だとか
そういうことをいう人は、視野が狭すぎです。
子供を産むことでしか世の中に貢献できないとでも
思っているのでしょうか。

子供が居ない人でも、何かしらの仕事をしていたりすれば、
間接的に子供の居る家庭にも役に立っているはずですし、
他の部分でも世の中に何らかのかたちで貢献できているわけです。

子供がいないから、人様の手を老後に煩わせる、とか
そういう考えはそもそもおかしいでしょう。

子供が産めない人も居る

色々な事情から、子供を産みたくても産めない人も居ます。
子供を作れ、だとか、子供が居ないとどうこうだとか
そういうことを言う人は、人に対する配慮にかけています。

作りたくてもできないのに、
そういうことを言われたらどう思いますか?
人の気持ちというものを少しでも考えることができる人で
あれば、普通は人に対してそういうことを言わないものですし、
言うべきではありません。

相手が必ずしもそうとは限りませんが、
相手が子供を欲しがっているか、それとも、子供なんていらない
と思っているか、本心の部分は他人からは計り知れません。
ですから、人に対してそういうことを言うべきではありません。

体調の悪い人に、その悪い部分を指摘するようなのと
同じようなことです。
そういうことを軽々しく人に言ってしまう人は、子孫繁栄を
気にするよりも前に、自分の人間性を心配した方が良いです。

そもそも相手が居ない人も居る

人に子供を作らないのか!だとか、結婚はしないのか!
という人は、結婚は簡単にできるものだと勘違いしているのでは
ないでしょうか。
現代において、結婚に対するハードルはどんどん上がっています。

もちろん、結婚したくなくて、しない人、
結婚に興味が無いから結婚しない人も実際に存在します。
ですが、そうではない人も居ます。
結婚したくても結婚できない。

昔は今よりも簡単に、ある意味では強制的に結婚させられるような
風潮もあったとは思いますが、今は違います。
自由になった代償に、結婚する!ということ自体は非常に
難しくなりました。

相手がいるかどうか、
相手がいたとしても仕事の都合上やお金や時間の問題などなど。
結婚の優先順位が下がったり、できない状態になってしまうのも
仕方のないことなのです。

子供を産まない方が良いヒトも居る

全ての人が子供を産むべきだと考えている人が居るのだとすれば
それは間違った考えです。
まさに、自分のことしか考えていないのでしょう。

親としての資質がないのに、無責任に子供を作り、
結果的に子供を捨ててしまったり、最悪の場合、虐待してしまったり
そういうことをしてしまう親も居ます。
子供が嫌いな人だとか、金銭的に、仕事的に厳しい人だとか、
子育てをする自信のない人だとか、
そもそも子供なんて…!と思っている人だとか、
そういう人たちにまで「子供を作れ!」というのは、果たして、
正しいことなのでしょうか?

生まれてくる子供たちのことを何も考えていない無責任な
発言であると感じます。

子供を産む=偉いという勘違い

子供を産んだ方が偉い。そんな風に考えている
”勘違い”さんも居るのではないでしょうか。
私も、そういう考えの年配の方を見たことがあります。

しかしこれは、非常に危険な考えですね。
子供が居る、居ないで人生の優劣など決まりませんし、
子供が居る、居ないで偉い、偉くないなんて変わりはありません。

子供が10人居たとしても、世の中に迷惑をかけるようなことを
すれば、ただの迷惑モノですし、
子供が居なかったとしても、別の方面で功績を上げていれば、
それは、褒めるべきものであると思います。

子供は一つの要素でしかありませんし、
子供の人数で人生の優劣など決まりません。
大事なのは、他のあらゆる部分を総合した上で、人生をどう生きているか、
という部分でしょう。
子供の人数しか見れない人は、考え方を変えた方が良いかと思います。

他人の人生をとやかく言わない

子供を作る、作らないは上でも書いた通り自由です。
そもそも他人の人生に干渉しようとすること自体が
間違えです。
子供を作ろうが、作るまいが個人の自由。
家族なら、多少言うのも仕方がないですが、
ある程度の距離感がある人間や、赤の他人にそのようなことを
言われる筋合いはないでしょう。

批判的な言い方ならば尚更です。
何の資格があって、人様の子供の人数に口出しするのか。
よく考えてみて下さい。
そんな資格は、誰にもないはずです。

もしもどうしてもそういうことを言いたいのであれば、
言い方に細心の注意を払うべきだと思いますし、
やはり、人のことを考えるのであれば、そういうことは
口にしないべきでしょう。

子孫繁栄とかを気にする前に…

子孫繁栄云々を気にして、少子高齢化を気にして、
子供を作れ!みたいな人も居ますが、人に子供を作れ!などと
安易に言ってしまう人は、
少子高齢化よりも、子孫繁栄よりも先に気にするべきことがあります。

それは、自分自身の人間性です。
全ての人が子供を欲しいと思っているわけではありません。
欲しくない理由も様々。やむを得ない理由の人も居るでしょう。

また、上でも書いてきたように”子供が欲しくても何らかの事情で
子供が出来ない”なんて人も居ます。

そういう人たちに対して大変失礼な発言ですし、
心で思うだけならともかく、社会において口にするべきではありません。
なんでも突っかかりすぎな時代!という意見もあるかとは思いますが、
そういう時代に生きているのですから、やはり余計なことは
思ったとしても口にしないべきです。

まとめ

子供を作る、作らないは自由。
子供の人数で人生の優劣は決まらない。
このことは、最低限頭に刻み付けておくべきです。

子供が居ないのであれば、また別の方向で世の中に
役に立っているかもしれません。
仮に、スーパーのパートだったとしても、
誰かの買い物に、誰かの食生活に、
そして子供も居るご家庭にも役に立っているのです。

人間、子供が居ないから意味が無い、
なんてことは決してないですし、
そういう考えをしている人は、改める必要があります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする