出世を断ってしまうとどうなるの?断った場合に起きること!

仕事

店員Kです!

サラリーマンとして会社勤めをしていると、
出世の話がやってくる可能性もあります。

ですが、中にはその出世話を断りたい!という人も
居るのではないでしょうか。

会社内で出世をすると、色々と責任が増してしまうのは
事実です。
勤務時間なども増える可能性が高いですし、
部下が増えることによって、部下を指導するという仕事も
増えると思います。

なので、最近では出世なんてしたくない!という人も
多いかと思います。

ですが、一つ不安に思うであろうことが
出世を拒んでしまうと、どうなってしまうのか?ということですよね。
今回は出世を拒んだ際に起こるかもしれないことについて
書いていきます。

出世を拒むことはできる?

基本的には、出世を拒むことも可能だとは思います。
ただ、この辺りはあくまでも会社ごとにルールが異なってくると
思いますから、ここで「出世は拒めます」と言い切ってしまうことは
できません。中にはそういう辞令が実質上強制的なものであるところも
あるかと思います。

ですが、出世を拒むことのできる会社の場合は
出世を拒む人も多いでしょう。

ただ、それには色々なリスクを覚悟しておかなくては
なりません。

もしも出世話が来た場合は、それらのことも考えつつ、
引き受けるか、断るかをしっかり考えておきましょう

その出世話は無くなる

当然のことではありますが、出世を断れば、
その時に言われた出世話は無くなります。
恐らくは別の誰かにその話が行くか、出世自体の
話題が消滅してしまうか、のどちらかになるでしょう。

勿論、あとから考え直して「やっぱりあの話、引き受けます!」
なんてことはできませんから、
後から後悔することのないように、自分に対する出世の話が
自分にとって良いものなのか、それとも拒むべきものなのか。
よく考えてから決断するようにしましょう。

今後の出世に影響する

出世話を捨てる、ということは今後の出世を捨てる、
ということだと考えておいてください。
一度「出世話を断った人」というレッテルを貼られて
しまうと、今後の出世にも影響が出てきます。

もちろん、自分は出世なんかする気もないし、
今後もこのままの立場で良い!
という人は良いかもしれませんが、
将来的に出世を考えている!という人の場合は
注意が必要です。

出世の話が今後、
来なくなってしまい、
出世コースから外される可能性は十分にありますので、
断る場合はその覚悟もしておかなくてはなりません。

自分が将来的な出世を望むのであれば
その答えにはより注意する必要があります。

上司からの接し方が変わるかも?

流石に、同僚から冷たく扱われることはないかと思いますが、
直属の上司や、会社の上層部からの対応は
変わる可能性があります。

特に、あなたに期待していた上司であればあるほど
”裏切られた”と感じられてしまって、その対応は
非常に冷たくなる可能性もあります。

それまでどんなに良くしてくれていた上司であっても
急に態度が豹変して、結果的に人間関係に
ヒビが入ってしまう、という可能性は十分に考えられることです。

全員が全員、そうとは限りませんが、
上司の中にはそういう人も居る、ということは
しっかりと考えておきましょう。
もちろん、出世話を断ったとしても、態度一つ変わらず
今まで通りに接してくれる人も、当然のことながら居ます。

後輩が先に出世する

出世を断りたい!と思うわけですから、
後輩が先に出世しても、嫉妬したりするようなタイプでは
ないと仮定しますが、もしも後輩が先に出世するのは気に入らない!
というタイプの方の場合は注意が必要です。

一度出世を拒む、ということは
次に出世の話が舞い込んでくる際の対象は、あなたではなく
別の後輩社員である可能性も高いです。

もちろん、それを笑って祝福できる人であれば問題ありませんが
「出世は歓迎するけれども悔しい」だとか、そういう感情を
抱いてしまいそうな方に関しては
出世を拒むことで、後輩が先に出世をする可能性は十分に
考えられますから
自分が「後輩の部下になる可能性」は視野に入れておいた方が
良いかと思います。

会社からの評価に響く

出世の話を一度でも拒めば、会社からの評価に響く可能性は
かなり高いです。
ボーナスの査定などに影響が出ることもあるみたいですね。
会社側からすれば「せっかく出世話を持って行ったのに」だとか
裏切られた思いや、不安感(会社を辞めるんじゃないか」だとか
そういう感情も湧き上がって来るようです。

そうなってしまうと、やはり評価にも影響が
出てしまう可能性は高い、ということですね。
中には嫌がらせレベルで評価を下げられる可能性もあります。

不利な事柄の候補に入る可能性

そこまでたくさんないとは思いますが、
会社によっては、”不利なこと”に関するリストに載せられたり
実際にそれをされる可能性もあります。

1つがリストラ。
出世を拒んだことにより、会社が「将来性が無い」と判断して
あなたをリストラ公候補に入れる可能性があります。
こうなってしまうと、万が一、大規模なリストラなどが会社で
行われることになった際に、自分が真っ先にリストラ対象に
なってしまう可能性も十分にあります。
この点は注意しなくてはいけません。

また、減給などの対象になったり、異動の対象になったり
する可能性も。
出世を断ったことで、腹を立てた人間が上に居たりすると、
これらの動きはより活発になってしまうかもしれませんね。

最悪の場合は…?

考えられる最悪のケースとしては「退職勧告」
つまりは解雇される、ということです。
実際にこういう会社もあるようなので、油断はなりません。

ただ、ここまでされるケースは流石に少ないとは思いますが
”最悪の場合”そういうことはあるかもしれない、ということは
頭の中に入れておいた方が良いかと思います。

何事も、最悪の場合を想定しておくことは大切なことですからね…。

まぁ、これも拒んでも良いとは思いますが
一度会社側が「こいつを辞めさせたい!」と思ってしまったら
その流れに抗うのって、実のところ、かなり難易度の高いことであるのは
確かです。
会社もグレーゾーン含めて、ありとあらゆる手を使いますからね…。

出世はしなくてはいけないの?

別にそんなことはありません。
基本的には「昇給などへの影響」「今後の出世話への影響」
「後輩が先に出世する」「会社からの評価」が変わるぐらいで、
特例として書きはしましたが、リストラなど、そういうところまで
追いつめるようなことは、あまりしないとは思います。

出世しなければいけない、というわけではありません。
仮に平社員のまま、定年退職まで進めるのであれば
そういう人生の生き方も良い事だと思います。
上のようなリスクはあるにはありますが、
決してこの世は出世が全てではありません。
なので、会社側からの強制的なものではない場合は、
自分の判断で出世するかどうかよく考えて、
判断するようにしましょう。

適正が無いのに出世してしまっても辛いと思いますし、
この辺は周囲とも相談しながら決断すると良いと思います。

まとめ

出世話を断れば、残念ながらやはり何らかの影響は
出てくるかとは思います。
上でも書いた通り、リストラにまで話が及ぶことは少ないとは思いますが…。

ですが、出世や転勤は自分の人生を大きく変えてしまう
要素でもあります。
住む場所や職場まで変わる可能性もありますからね。
なので、躊躇する気持ちも分かりますし、
出来れば出世したくない!なんて人も居るかと思います。

上で紹介したリスクはあれど、
やはり最後に大切なのは「自分の意思」これだけは間違えないと思いますよ。