喉が痛い!その原因は?喉が痛い場合の原因8つと対処法!

健康関連

店員Kです!

私はよく、喉が痛くなります…。
風邪だったり、乾燥だったり色々な原因がありますが…
私の場合は「乾燥」が原因のことも多いですね…

そのため、よく水分補給をするようにしています。
結構、水分補給を頻繁にしていると、風邪の予防にも
良いみたいですし、個人的にはおすすめの方法です。

…さて、喉が痛いと聞くと、皆様はどんな理由を
思い浮かべますか?
やっぱり、風邪でしょうか?

今回は「喉が痛い」症状の原因をまとめていきます。
全てが風邪のせいとは限りません。

喉が痛くなったら…?

喉が痛くなったら、まずは原因が何なのか知ることが大切です。
風邪だとか、乾燥の場合は、まぁ、最悪の場合放っておいても
いつかは治るでしょう。
しかし、中には病気のサインであるケースもあるようですし、
あまりにも喉の痛みが長く続くようであれば、やはり医療機関を
受診した方が良い…!
ということのようです。

それでは、喉が痛くなる原因についてみていきましょう。

①風邪が原因…

風邪が原因で喉が腫れたり…痛くなったりする、
これはもはや定番のケースですよね。
唾を飲み込むと、喉が痛い…
何もしなくても喉が痛い…
何だか喉が腫れているような気がする…

これらの症状が出ると思います。

また、場合によっては、かなり激痛だったり、
何かを飲み込むのを辛いようなケースもありますが、
これに関しては風邪が治れば、喉の痛みも、
喉の腫れに関しても無くなって行くと思いますから
心配する必要はありません。

医療機関を受診すれば、痛み止めなどを貰えると思いますし、
市販の風邪薬を飲んだりするだけでも、だいぶ症状は
良くなるとは思います。

インフルエンザなど、風邪以外のものでも
喉の痛みは出ることがありますね。

②乾燥が原因…

湿気のないところ…カラカラしたところに居ると、
喉は乾燥していき、それが原因で痛みを発することもあります。
私はよく、乾燥で喉の痛みに襲われることも結構あります^^

そんな時はまず、湿気のある部屋に移動するか、
加湿器などを使って、部屋の湿度を調整することをおすすめします。

また、水分を定期的に補給して、常に喉を潤わせておくことも
大事な要素の一つです。

乾燥したまま喉を放っておくと痛みが悪化したり、
風邪を引いたりする可能性もありますから、
潤わせることができる環境なのであれば、早めに手を打つのを
おすすめします。
のど飴一つ舐めるだけでも大分違うかもしれませんね。

③声を出し過ぎた…

カラオケや応援、もしくは仕事上の声掛けなどで、
声を出し過ぎた場合に喉が痛くなったりすることもあります。
これは、単純に喉の使い過ぎですね。

この場合は、しばらく喉を休めてあげることをおすすめします。
まぁ、仕事上の場合は仕方がないですが、
喉を傷めたなぁと感じる時は、しっかり喉を潤したり、
のど飴をなめるなどして、せめて使っていない間ぐらいは
喉を休ませてあげることをおすすめします。

④花粉などでも痛くなる…

アレルギー反応により、喉が痛いような痒いような、
そんな感覚に陥ることもあります。
この場合も、そこまで気にせず、放っておいても大丈夫だとは思いますが
辛い場合は、薬を飲むなどして対応しましょう。

春場の花粉がスゴイ日などに、外に出ていると、
喉に違和感を感じたり、痛みが出ていたりすることもあるかと思います。
風邪との差を判断するのはなかなか難しいところですが、
花粉の強い日に、外に出てからそういう症状が出てきた!という場合は
花粉によるものの可能性も高いかと思います。

他に、ホコリっぽいところを訪れたり、
黄砂の予報が出ている日に、外に行ったりした場合も
喉が痛くなったりする可能性はあります。

⑤魚の骨など…

これは、ちょっと今までの原因とは違いますが、
食事中に魚の骨などがささった場合にも、
喉が痛くなる可能性はあります。
もちろん、この理由の場合には、自分で心当たりもあると思いますから、
すぐに分かるかとは思います。
他の理由による喉の痛みとは違って、
物理的に何かが刺さっているわけですから
「チクチク」という感じになるかとは思います。

魚の骨については⇒こちらで説明しています。

放っておいても大丈夫だとは思いますが、
飲み物を飲む、うがいをする、ご飯を丸のみするなどの
方法で骨を取り除くことができれば、楽になるかとは思います。

⑥くしゃみなどをした…

くしゃみを続けてしていると、喉を傷める可能性はあります。
しばらく、喉がジンジンとするような痛みに襲われる場合も。
くしゃみって、勢いが強いものは本当に凄い勢いで出ますし、
何度も何度も繰り返しくしゃみをしていると、それが喉の痛みに
繋がる可能性もあるわけです。

これは、特に気にする必要は無く、時間の経過と共に
痛みは引いていくとは思います。

くしゃみの多いシーズンの場合は、要注意ですね。

⑦病気の可能性

残念なことではありますが、喉の痛みがずっと続くようであれば
病気の可能性もあります。

ウイルスの感染症や、腫瘍や、その他の病気など、
命に関わる重大なものに繋がる可能性も0ではありません。

もちろん、大抵の喉の痛みは、風邪などによるものが
ほとんどで、そこまで気にする必要はないのですが、
もしもいつもの喉の痛みとは違うな、と感じるような部分が
あったりだとか、
喉の痛みがいくらなんでも長すぎる!という場合は、
医療機関の受診を受ける方が良いかと思います。

命に係わる病気のサインである可能性も0ではありません。

⑧精神的な問題

精神的な問題で、喉に違和感を感じたりするケースもあります。
過度なストレス環境の下で、生活していたりだとか、
そういう場合は要注意ですね。

精神的な原因で、喉の違和感が出てしまっていたりする場合は、
その精神的な原因を取り除く必要があります。

なかなか、難しい事だとは思いますが、
周囲の力なども借りつつ、上手く、自分にとっての
ストレスになっている要因を取り除くようにしていきましょう。

ストレスを溜めたままの状態、ということは、
喉の痛みに対してだけではなく、体全体に悪影響を
及ぼしかねないことですから、気を付けましょう。

喉の痛みが出たらどうすればいいの?

喉の痛みが出た場合には基本的には、喉を酷使することを控え、
なるべく喉や部屋を乾燥させないようにすることです。
風邪かな?と思うのであれば市販薬を飲んで様子を
見てみるのも良いと思います。

数日間、様子を見てみて回復するようであれば心配
する必要はありません。
多くの場合、風邪や乾燥などが原因であることがほとんどです。

しなしながら、いつまで経っても喉の痛みが回復しなかったり
耐えきれないぐらいに強い痛みが出てきてしまったり…
そういう場合は「通常の喉の痛み」とは違いますから
医療機関を受診しましょう。

医療関係者以外の方による自己判断は危険です!

受診してみて、ただの風邪であれば
「なんだ…」という感じで安心できると思いますし、
何かの病気であっても、早めに発見できたことは
不幸中の幸いと言えるのではないでしょうか。

まとめ

喉が痛い!という状態になる原因は、上に述べたとおり
色々とあります。
痛い時は本当に痛いですし、辛いかとは思いますが、
喉を休めるようにして、回復を待ちましょう。
多くの場合、それで回復するかと思います。

私も今までに数百回と喉の痛みを経験していますが、
いずれも風邪や乾燥によるものでしたし、
基本的にはあまり心配することではありません。
基本的に、そのまま治りますからね…!

ただ、何らかの異変を感じたときには、やはり
医療機関を受診することは大切なのです。