会社の健康診断を受けたくない!受けないことはできるの?

健康関連

店員Kです!

会社には健康診断というものがあり、
毎年実施されていると思います。
アルバイトさんでも収入が一定以上になると、
この健康診断を受ける必要が出てきます。
(会社側から指示があると思いますから
もしも無い場合は気にしなくて大丈夫です)

ですが、中には色々な理由から健康診断を受けたくない!
という人も居るのではないでしょうか。

健康診断は受けるに越したことはありませんが、
受けたくない!という人のために、それは可能かどうか、
書いていきます。

会社の健康診断を受けないことは可能?

会社の健康診断…
必ず受けなくてはいけないのか、というと、
必ずしもそうではありません。
詳しくは後述しますが、自分で別の医療機関などで
健康診断を受ければ、それはそれで同じ健康診断ですから
問題はありません。

なので、会社の健康診断を受けない、ということは可能です。

ただし、何らかの健康診断は会社勤めをしている以上、
必ず受ける必要があります。
それは何故なのかを含めて、それぞれのポイントをご紹介していきます。

何故受けないといけないの?

会社の健康診断を何故受けないといけないのか。
それは法律で会社側は社員たちに健康診断を受けさせなければ
いけないと決まっているからです。
詳しい法律関係の話はここでは省きますが、会社側に実施義務が
存在し、これに違反をすると罰金が会社側に科せられるのです。

つまり、会社は法律に基づいて、社員たちのために
健康診断を実施している、というカタチになります。

会社の健康診断と言うと、会社側で病院やある程度の日時が
決まっていて…というスタイルが多いかと思います。
会社側が病院まで確保して健康診断をやらせようとする背景には
法律が存在する、ということですね。

拒否することはできるの?

会社による健康診断を拒否することができるのかどうか。
これは上でも書いた通り、自分で別の健康診断を受け、その結果を
提出したのであれば、問題はありません。
ですが、何の健康診断も受けずに、会社の健康診断を拒否
することはできません。

法律上、働く側も健康診断を受ける義務があるとされています。
ですが、こちらに関しては仮に健康診断を受けなかったとしても
法律上の罰則は現在のところ存在しません。
つまりは、会社の健康診断を拒否しても、
法律上で、何かペナルティが科せられる、ということは
ないわけです。

しかしながら、社員が健康診断を拒否していれば
会社が法律上のペナルティを受けることになってしまうため、
会社は何としてでも、健康診断を受けさせようとします。

それでも拒否をし続けると、
会社側から独自にペナルティを与えられたり、
最悪の場合は懲戒処分が行われる可能性もあります。

そこまで話が大事にならなかったとしても、会社からの
健康診断を拒否し続ければ、何らかの会社側からの
対応を受けることになるでしょうから、その点は気を付けてください。

よほどの事情があれば話は別ですが、
特に理由がなかったり、単に「嫌だ」という話なのであれば、
ダダをこねても仕方がありませんから、
健康診断は受けるようにしましょう!

自分で健康診断を受ければ大丈夫

会社の健康診断とどうしても都合が合わなかったり、
会社主導の健康診断なんてお断りだね!という場合は
自分で健康診断を受けて、その結果を会社側に提出することで
対応できます。

会社が指定した健康診断でなくても、
自分で医療機関の健康診断を受ければ、会社もそれ以上は
何も言いません。

日程上の都合や会社の健康診断に気に入らない点が
ある場合は、こちらの方法で対処しましょう。

ただし、この場合の費用は自己負担になる点には注意が
必要です。
会社の健康診断の場合には、会社側が費用を負担するので
無料で健康診断を受けることができます
(オプション的な診断を付け足す場合は別です)

が、自分で受ける場合は会社側からの負担はありませんから
自費で支払うことになってしまうのです。
そのため、相当なこだわりが無い限りは健康診断を
会社の方で受けておくことをおすすめします。

健康診断を受けないことによるデメリット

会社の健康診断を受けないことによるデメリットを
まとめておきます。
時間的都合など、色々な理由はあるとは思いますが、
健康診断は必ずしっかりと受けておくようにしましょう。

・会社での立場が悪くなる
まず、先ほども書いたように、健康診断を頑なに拒否すれば、
会社での立場が悪くなってしまうことも考えられます。
最悪の場合は懲戒処分の処置がとられたケースもあるようなので、
注意しなくてはなりません。
健康診断を拒否して懲戒解雇、なんて笑えません…

・自分の健康状態を把握できない
当然、健康診断は会社のためにやるものではなく、
自分のためにやるものです。
人間、健康だと思っていても、いつどこで、体調を崩していたり
病気になっていたりするか、分からないものです。
もしも、大きな病気になりかけていても、健康診断を受ければ
早期に発見できて、対策や対応することができると思います。
が、健康診断をしなかったことにより、発見が遅れてしまえば、
最悪の場合は手遅れになることだってあるのです。

・費用がかかる
先ほども書いたことのおさらいですが、健康診断を会社で受けないと、
会社側の費用の負担を得ることはできず、自費での健康診断受診を
することになってしまいます。
そのため、一番良いのは会社側の用意した健康診断を受診することです。
無駄にお金をかける必要はありません。
「会社のお金を使ってやるぜ!」ぐらいの思いで、会社の健康診断を
受けてしまった方がお得です!
予定が合わない場合は仕方ないですけどね…。

社員以外はどうなの?

社員以外の健康診断についても、少し触れておきましょう。

・アルバイトの場合
アルバイトの場合は勤務状況などによります。
必ず受けなければいけないということではありません。
条件を満たしたバイトスタッフには、会社から何らかの
連絡が来ると思うので、その場合は↑と同じ扱いになります

・自営業の場合
自営業の場合の健康診断も強制ではありません。
むしろ、強制する人が居ません(笑)
なので、自営業の場合の健康診断は任意となります。
自治体によっては市が行っている健康診断などもありますから
そういったものを利用すると良いと思います。
ちなみに、国民年金や国民健康保険は基本的に強制加入ですが
自営業の健康診断に関しては、強制ではないので、自由に
判断することができます。

・無職の場合
無職の方の場合も、健康診断は強制ではありません。
自分の意思で自由に決めることができます。
この場合は自営業の方と同じ扱いですね。
無職の場合でも国民健康保険や国民年金は強制ですが、
健康診断に関しては強制ではなく、任意です。

…と、こんなところですね。
ただ、いずれの場合も、健康診断は受けておくことを
おすすめします。
と、いうのも仕事の形態がどのような仕事であれ、
人間である以上、病気になるリスクは誰にでも存在します。

なので、早い段階で異常を見つけるためにも
早めに健康診断を受けておくことに越したことはないのです。

まとめ

会社勤めの場合の健康診断は避けることはできません。
会社が指定するものを拒否して、別の健康診断を受けることは
可能ですが、何の健康診断も受けない!ということは
できないことになっています。

自営業や無職、アルバイトスタッフさんの中で条件を満たしていない方は
健康診断は自由ではありますが、
やはり、ある程度の年齢が行っている方は特に、
気をつけることをおすすめします!