店長が遅刻する…。バイト先の店長が遅刻する場合の対処法!

店員Kです!

アルバイトも含み、仕事をする上で
「遅刻」は他の人にも迷惑をかける行為ですから、
絶対にしてはいけないことです。

アルバイトとして働いている皆様も
遅刻をすれば店長から叱責を受けることもあるでしょう。
それは仕方のないことです。

ですが、中にはアルバイトスタッフさんに口すっぱく文句を言っておきながら
”自分が遅刻している”論外な店長さんも居るのが事実です。

今回の記事では
「うちのバイト先の店長、遅刻するんだけど…」という方のために
店長が遅刻する場合の対処法をそれぞれ書いていきます。

スポンサーリンク

店長が遅刻する…

そういう人も居ますよね。
元店長経験者として恥ずかしいです(汗)
私はアルバイト時代も店長時代も1回たりとも遅刻していませんが、
中には日常茶飯事のように遅刻する店長も居ます。

実際に、私がアルバイトを始めた当時の店長は”遅刻癖”のものすごい店長でした。
「どうしてそこまで遅刻するの?」状態です。

しかも、1回なんか遅刻して営業開始時間に間に合わないこともあり、
鍵を持っていた私が独断で店長を待たずに開店準備を終わらせて
開店していたところ、嫌そうな顔をされたことがあります。

「そんな顔をするなら遅刻するなよ!」と真剣に当時思いました(笑)

では、店長が遅刻する場合の対策とポイントを書いておきましょう。

直接文句を言うのは危険が伴います。

店長って自分勝手な人も多いです。
人に遅刻に対して文句を言っておきながら、自分は遅刻したのに
お詫びの言葉の一言すら言えない。
そんな人も本当に存在します。

そのため、直接遅刻に対して苦言を呈するのは危険です。
向こうから謝ってきた場合には「困ります」ぐらいは言っても
良いかもしれませんが、
基本、アルバイトススタッフの側から何か言うのはあまり
おすすめはできません、
どうしても言う必要がある場合のみにしておくのが良いかと思います。

もちろん、指摘するのは正しいことです。
しかし、”遅刻するような店長は基本、自分勝手”です。
自分がアルバイトスタッフから指摘されたことに腹を立てて、
態度を変えたりする可能性もあります。

そのため、文句を言うにしても、控えめに下手に言う必要があります。
面倒くさいですが、店長ってすぐに機嫌を悪くする人も多いので…。

遅刻で影響がない場合はスルー

店長が遅刻しても影響がない場合…
例えば、店長はいつも午後からの出勤で、店を開けるのは別の人!という場合や、
開店時だったとしても、店長以外に鍵を開けられる人が居て、
準備ができるのであれば、影響はないかと思います。

そのため、店長が居ても、居なくても同じな場合は
基本的には何も突っ込まないことを推奨します。

勿論、遅刻は許されないことですが、
残念ながら言っても理解してくれない店長は非常に多いと
思いますから、バイトや職場に”何の影響もない”のであれば大人しく
黙っておいた方が確実ですし、あなたにとっては安全です。。

しつこく何度も指摘するのはさらに危険

店長に遅刻を指摘する場合は、1~2回が限界です。
それ以上、繰り返し指摘するのは、あなたの立場を悪くする可能性があります。

確かに「何で何度も遅刻するんだ!」と腹立たしい気持ちに
なると思いますが、そこはグッと我慢して別の手段を使うべき(後述)です。
とにかく、1回、2回と注意したのにも関わらず、改善されない場合は正直に
言ってしまえば「言うだけ無駄です」

言って治る人は1回目、2回目の時点で
「同じことを繰り返さないようにしよう」と思うのがふつうです。

1回、2回で直らない場合は、
口頭で注意して遅刻癖を直させる!という方向は
諦めた方が良いと思います。

何度も繰り返し注意していると
あなたの指摘は正論なのですが、
店長から逆恨みされて、嫌な思いをすることになってしまう
可能性もあります。

社員が店長以外に居る場合

店長以外が全員アルバイトの場合はこの方法は使えませんが、
もしも店長以外にも社員が居るアルバイト先の場合は、
店長の遅刻が改善しないことを、その社員に相談してみると良いと思います。

社員と店長の関係性が分からないと何とも言えませんが、
もしも社員が問題だと判断して動いてくれれば
アルバイトスタッフさんであるあなたが言うよりは効果は出ると思います。

ただ、店長と社員の結束が強い場合などは、
逆に「店長の遅刻に対して文句を言ってましたよ」みたいに
吹き込まれる可能性もありますから、店長と社員がどのような間柄か、
その社員の人間性はどんな感じかは把握しておきましょう。

「駄目そう」なら相談しない方が良いかもしれません。

改善しない場合は、本部や上司に相談

バイト先の店長の遅刻が改善されず、朝に店に入ることすら
できなかったり、人員的に色々と困っている場合は、
なんとか遅刻は改善してもらわなくてはなりません。

しかし上でも書いた通り、繰り返しそれを指摘していると
厄介なことに逆恨みされる可能性もあります。

そのため、何度か注意して改善が見込めない場合は、
店長に直接注意するのをあきらめ、
店長の上司、つまり本社の方に
「〇〇店長が遅刻ばかりしていて、スタッフが困っている」ということを
伝えましょう。

本部のメールがわかればメールで、
無理なら電話での相談にしましょう。

恐らく、本部は対応してくれるはずです。
もしも動かない場合は、何らかの方法で証拠を突きつけることをおすすめします。

覚悟をした上で店長にきつく文句を言う!

↑の方法のいずれでも改善せず、どうしても腹が立ち場合、
これしかありません。

そのまま我慢し続けるか、
覚悟して店長にきつく文句を言うか。

アルバイトスタッフさんにガツンと言われると、店長の中には
案外気にする人が居るのもまた事実です。

一度、試しにガツンと言ってみると改善される可能性はあります。

…ただし、自分のバイト先での立場の”安全”は保障できなくなります。
ガツンとアルバイトスタッフさんに言われた店長がどういう対応に
出来るかは正直に言えば分かりません。

反省してくれる可能性もありますし、
ガツンと言っても何も変わらない可能性もあります。
さらには、あなたのシフトを削るなどの”報復”に出る可能性も。
このあたりは言ってみないと分からないので、
もしも店長にガツンと言うのであれば
それ相応の覚悟が必要になります。

最終的には・・・

もしも上記のいずれの方法でも改善しない、
もしくは自分の身の危険を考えて行動するのを控えた場合は
「我慢」するしかありません。

ですが、どうしても我慢が出来なくなったら
新しいアルバイト先を探して、そちらに変えてしまうのも
1つの手段だと思います。

店長が遅刻するたびにムカムカしながら働くのも
体に毒ですし、良くありません。

バイトをしながら、新しいアルバイト先を探して、
決まったら事前に申し出てアルバイトを辞めてしまうのが
一番良いかと思います。

言っても分からない、改善しようともしない、
そんな店長はいつかどこかで身を滅ぼしますから
放っておけば良いのです。

まとめ

ダメな店長はどこにでもいます。
遅刻癖のある店長も居るでしょう。

「どうして店長になれたのか?」と思ってしまいたくなるような
店長もこの世の中にはたくさんいます。

遅刻するような店長は大抵の場合はなおりません。
直るような人は最初から、遅刻などしないからです。

紹介したのは経験上、一番効果が出やすい方法ではありますが
それでも効果が出ない可能性は高いです。

私のアルバイト時代の店長も、一度改善しましたが
またすぐに忘れてしまいました。
お話になりません。

効果は一時的かもしれませんが
どうしても・・・という方は紹介した方法を
試してみることをおすすめします!

ただし、自分の立場が危うくならないようには
気を付けてくださいね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする