もう小売業は限界…!米トイザラス破産と小売業の現状!

店員Kです!

少し前から「危ない」と言われていた
米トイザラスですが、ついに破産申請となったようですね。
あのトイザラスまでもが、やっていけない時代になってしまうとは
驚きです…。

私も小売業として長年働いていますが、
確かに小売業は厳しいです。
正直、もう限界なのではないかと思うぐらい。

今後、さらに時代が進めば”小売業”なんてものが全部
消滅してしまう時代がやってくるかもしれませんね。

そのぐらい、今の時代は小売業に対して厳しい時代です。

今回の記事では米トイザラスの破産と日本に与える影響、
小売業の厳しい現実について書いていきます!

スポンサーリンク

米トイザラス破産!

米トイザラスがついに、破産申請をバージニア州の裁判所に申請しました。
あのトイザラスまでもがこんなことになってしまうなんて、
驚きですね…。

私も小さい頃、何回かトイザラスに行ったことがありますが、
子供の私にはとても楽しい空間でした。
ネット販売では味わえない楽しい雰囲気がありましたね。

かなり広々とした店内も印象的。
トイザらスに連れて行ってもらって、喜ばない子供は居ないでしょう!
・・・たぶん(笑)

日本への影響は?

米トイザラスは破産申請を出しましたが、他の各国で展開されている
2000店舗以上のトイザラスはこれまで通り運営するほか、
ネットなどでの展開もこれまで通りとのことです。
と、いうことで現時点では日本で展開されているトイザらスには
影響はない、ということで間違えないようです。

ただし、米国での再建が難航すれば、日本に存在するトイザらスにも
影響が及ぶ可能性がある、とされており
危ない状況になってしまったのは確かなようです。

日本のトイザらスで働く皆様も気が気じゃないでしょうね…
(小さい頃行っていたトイザらスもどうなってしまうのか…)

と、いうことで”現状では影響はない”ものの、
米国本社の再建状況次第では、今後どうなって行くかは分からない、
残念ながらそういうことになりますね…。

小売業の現実!

あれほどまでに巨大なトイザラスまで破産申請することになって
しまうような時代です。
今は小売業はどこも苦しいのです…。
私の旧勤務先もそうでしたし、今の自営業のお店もそうです。

もはや、時代が小売業というものに対して
冷たい時代になってしまいました。

では、何が小売業を苦しめているのか。
それを見ていきましょう!

原因はネット販売の増加

やはりこれです。
アマゾンやオークションなどのネット販売の拡大。
これが一番大きな要因ですね。
と、いうよりも原因の大多数がこれでしょう。

もはや今は店舗を必要としない時代なのかもしれません。
「アマゾン」や「オークション」が存在する以上、
お店に行かずして商品を手に入れられますからね。

もう本当に、自宅に居ながら「ぽちっ」とするだけで、一瞬で商品が
買えてしまうのですからわざわざお店に行く必要もない…
そういうことですね。

①手軽…

まず、ネット販売の方が圧倒的に早くて手軽ですよね。
アマゾンなどだと本当にカートに入れてポチッとするだけで
すぐに商品が届きますからね。
早い場合なんか当日や翌日には届きますし、
一度経験すると楽で楽で仕方がないんですよね。
わざわざお店などに行かなくても…と、そう思ってしまう人が多いのもうなずけます。

そして、もう一つ。
「品切れ」かどうかもすぐに分かります。
お店に〇〇を買いに行ったときに売れきれだった…
そんなこともありますよね。

そうすると非常に落胆しますし、時間的にも勿体無い。
「無駄足」になってしまうこともあります。

しかし、ネット販売であればそうはいきません、
売り切れかどうか、自宅に居ながらして一瞬にして分かってしまいます。
そういう点でも、時間のない人にとっても便利なのがネット販売。

これでは利便性において、ネット販売には勝てませんね。

②品揃え

トイザラスに関しても、物凄く品揃えは良いのですが、
それでもネット販売には勝てないのが現実。
特にアマゾンにはもはや”なんでもある”レベルですからね。
普通の小売店などではとてもじゃありませんが太刀打ちできません。

取り寄せなども早いですし、
あらゆる業者の出品商品もありますから、
スペースにも限りのある小売のお店がネット販売に勝てる
わけが無いんですよね…

③価格!

そして、ネット販売は価格も安いです。
何故なら「大量に」仕入れているからですね。
大量に仕入れをしている業者に対しては、やはり仕入れ価格を
安くしたりすることもあります。
現に私の旧勤務先で、大量に仕入れたソフトは少し、
仕入れ価格が安くなっていました。

すると、どうなるか。
仕入れ価格が安くなった分、販売価格を安くすることができます。

アマゾンなどのネット通販サイトの新品価格が安い事の
一因は「大量に仕入れしているから」です。

お店は滞留在庫のリスクなども恐れてどうしても仕入れ数を
セーブしてしまいます。

なので、品揃えだけでなく、価格面でも勝つことができないのです。

④実際に…

そして、私も小売業の人間でありながら
買い物に「アマゾン」や「駿河屋」と言った、
ネット通販のお店を使っています。

何故か?それは楽だからですね。

このように小売業の人間として働いている私でさえ
アマゾンやオークション、その他サイトを使っているのです。
これはもう、、止めることのできない時代の流れです!

便利なのですから仕方がない!
小売店が減って行くのもザンネンながら仕方がないのです!

⑤ついでに中古販売業について

中古買取・販売業もネットの登場により危機的状態に。
何故なら「オークション」があるからですね。
今やお店を通さずにオークションで簡単にモノを売れる時代になりました。

そして、オークションで売ると
「お店で売るより高く売れる」のですから、みなさんオークションに
売るようになってお店では売らなくなります。

なのでリユース業と言われる中古買取・販売のお店も絶滅に
向かいつつあるんですよね^^

お店の方が買取が安い理由はお分かりかと思いますが、
オークションで「5000円」で売れる商品は、
お店で売っても「5000円」ぐらいでしか売れないわけです。

ですが、オークションと同じ値段「5000円」でお店が
買い取りしたら、5000円でしか売れないものなので、
儲けは0です。
流石にこの金額で買い取ることはできません。

なのでお店はオークションで売れる価格よりも安く買取します。
「3000」とか、頑張っても「4000」ぐらいでしょう。

ですがそうすると、お客様からすれば
「オークションでは5000円で売れるぞ!安くね?」と
なるわけです。

でも…そう言われても5000円で買い取ることはできない…

”オークション”が一般に広がった時点で、
もう中古買取販売店はチェック・メイトなのかもしれませんね。。

その他の要因

ネット販売以外にも要因はあると思います。

…まぁ、これもネットに起因することではあるのですけれど、

まず「サービスの低下」
これはどういうことかと言うと、
売上が落ちると当然、サービスに回す費用も無くなっていきます。
広告の回数が減ったり、その他、割引キャンペーンの回数が減ったり…
どんどんそう言うサービス面が失われていきます。

また、人員についても次第に削られていき、
スタッフ一人ひとりにかかる負担が増大。
負担が増えたスタッフは次第に疲れていき、
お客様に対する対応も悪化する…

こういう負のスパイラルに陥っていきます。

そして、サービスが低下することにより、さらに売上は低下して、
またサービスが低下する…
こうなってしまうと、もうお店に生き残る道はありません

まとめ

このように小売業はネット販売の拡大により、
壊滅的打撃を受けています。

便利さ⇒勝てない
価格⇒勝てない
品揃え⇒勝てない
中古買取⇒勝てない

唯一勝てるのが実際に手にとって見れるところ。

ですが、そんなメリットだけではもう、どうにもならないのが現実。

多くの人がネット通販を利用するようになりましたからね。
悲しい事ですが、それが現実です。

もう、どうにもなりません。

トイザラスもそうですし、
その他のお店もこれからパタパタ倒れていくのではないでしょうか。
(飲食はネット販売の影響は受けにくいですけどね)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする