スーパーブルーブラッドムーンとは?見る方法と地震との関連

店員Kです!

今日の夜にはスーパーブルーブラッドムーンが見れるのだとか。
皆既月食と、スーパームーン、そしてブルームーン、
この現象が全て同時期に起こることを言うのだそうです。

2018年早々、宇宙好きにはたまらないイベント(?)に
なりそうですね!

この現象、とても珍しいことで、
気象条件が合えば、日本各地どこでも見ることが
できるそうなので、気になる方は見てみると良いかもしれませんね。

ただ、スーパーブルーブラッド…なんて言われても
何の事だ?っていう人も多いかと思いますから、
それぞれの用語の説明と、見るためのポイントや時間についても
一緒にご紹介していきます。

スポンサーリンク

スーパーブルーブラッドムーンとは?

カタカナの横文字が並んでいる…。しかも長い…
と、いうことで、一つ一つ意味を見ていきましょう。
3つの現象が同時に起きる、ということで、
こういう長い名前になっている、ということですね。
この3つの減少が重なるということは非常に珍しいことで、
今回を見逃すと、次に見れるのは相当先になってしまいます。

スーパームーンとは?

簡単に言えば、月と地球の距離が近づくことによって
月が通常よりも大きく見える状態のことを言います。
通常よりも月が大きく見えるほか、輝きに関しても、
通常よりも強くなっているようですね。

このスーパームーンという言葉自体は、他の
単語よりもよく聞くのではないでしょうか?

一部では地震との関連についても言われていますが
(月の引力が影響を与える、など)
これについては、データを示して地震の発生確率が上がる、と
言っているところもあれば、具体的な根拠はない、としている
ところもあり、確実なことが言えないのが現状です。

なかなか、宇宙が絡むことを100%解明するのは
難しいことですからね…。

ブルームーンとは?

次に、ブルームーン。
スーパームーンに比べるとあまりなじみの無い単語だと思います。
これは、満月が1か月で2回やってくることを言うようです。
大体2~3年に1回程度しかそういうことはなく、
ブルームーン単体でも、なかなか珍しいことです。

ただ、この言葉は具体的な定義がないらしく、
1回の季節に4回満月が来ることをブルームーンと呼ぶようですし、
待機中の塵の影響により、月が青く見える現象のことも
ブルームーンと呼ぶようです。

今回のスーパーブルーブラッドムーンにおける
ブルームーンは「1か月で2回やってくること」を言っているみたいですね。

この場合は青く見える、ということではないようです。
ちなみに、ブルームーンを見ると「幸せになれる」という伝承が
あるそうですね。

ブラッドムーンとは?

最後に、ブラッドムーン。
名前だけ聞くと一番不気味な感じではありますが…。

これは、皆既月食の際に、太陽との光の関係から、
月が赤く見えることを言います。

突然、月が赤く見えたら驚くかとは思いますが
異常な現象ではなく、皆既月食に伴う自然現象ですので
安心してください^^

私も知らなければ赤い月を見たら恐怖すると思いますが、
何か起きるとかそういうことではなく、
皆既月食が起きているだけなので、心配する必要はありません。

ちなみに皆既月食とは、月が、地球の影に隠れて、太陽が見えない位置に
行くことを言います。

・・・と、
この月が近づく「スーパームーン」
1か月に2度の満月が訪れる「ブルームーン」
そして皆既月食に伴う「ブラッドムーン」

この3つが同時に起きることから
スーパーブルーブラッドムーンと呼ばれる現象が
起きる、ということのようです。

どうすれば見ることができるの?

今回のスーパーブルーブラッドムーンを見ておきたい!という人も
多いかと思います。
見ることのできる条件をまとめておきましょう!
なお、一応記事掲載時点の情報なので、何らかの条件で
急に変わる可能性もあるので、念のためご了承ください
(変わることはないとは思いますが・・・)

・どこから見れるの?
日本全国、どこからでも見ることができるようです。
日本国外でも、色々な国で観測することができるようですね。
国内であれば、どこに居ても大丈夫、ということです。

・いつごろ見れるの?
色々な現象を見ることができます。
発表されている時間としては、
まず20時48分から、月がかけ始める現象を観測
することができるようです。

21時51分には、完全な皆既月食となり、
23時8分から輝きが戻り始め、
0時12分に元の形に戻る、とされています。

つまり20時48分~0時12分のあいだ、
このスーパーブルーブラッドームーンを楽しむことが
できると言うわけです。

・心配なのは…
この現象は、日本全国どこからでも見ることができるのですが
心配なのは天気です。
ちょっと不安定な予報なども出ており、
曇ってしまって、そもそも月が雲に隠されてしまっては
この現象を見ることもできません。
まぁ、天気は人間には何もできませんから、
ちゃんと晴れてくれることを祈るしかないのですが、
なかなか難しいところですね…。
こればっかりはどうにもなりません。
どうしても!と言う場合は、少しでも曇る確率の低い場所に
移動するしかないのですが、移動したところで、そこが確実に
晴れるとも限りません。。

・ネットで…
NASAのウェブサイトで動画が公開予定とのことです。
生で見ることができなくても、気になる方は
こちらのWebサイトで見ることができますから、
確認してみるのも良いかもしれませんね!

地震との関係性は?

スーパームーンは地震との関連性が噂されています。
ですが、調べてみるとこちらに関しては
”確実な根拠”があるものではなく、
また、スーパームーンが発生した際に、確実に地震が
起きている!ということでもありません。

スーパームーンの1か月前後に地震が起きた!
だとか、そういう話も聞きますが、
1か月も幅を取っていれば、地球全土で、毎日のように
小さい地震を含めれば、多数の地震が起きているわけですから、
それほど気にすることではありません。

無関係とは言い切れませんが、関係あるとも言い切れない。
そういう状態です。

実際にスーパームーンが発生している際に地震が
必ず起きているわけでもなく、確率としては起きていない確率
(実際に小さいのを含めれば100%どこかしらで起きてはいますが)
なので、変に気にする必要はありません。

一部で、スーパーブルーブラッドームーンの日は危険!
のようなことを書いているところもあるようですが、
事あるごとに危険!危険!言っているところのようなので、
惑わされない方が良いかと思います。
(実際に、見てみましたが、過去に何度も同じようなことを
言っていて、実際には何も起きていないケースが多いです)

勿論、地震は、いつ起こるか分からないものですから
常に備えや知識を蓄えておくことは大切ですが、
特別危険視する必要は無い、ということです。

偶然の一致で地震が起きることもあれば、
当分起きないこともあるでしょう。
全ては自然現象ですから、予測など簡単にできるものではありません。

まとめ

3つの現象が同時に発生…
なんとも凄そうな響きですね。

このスーパーブルーブラッドムーンを見ること自体は
簡単なのですが
問題はやはり天気でしょうね。
無事に晴れてくれることを祈るしかありません。

また、地震との関連性については、あくまでも
憶測レベルのもので、意見の食い違いが生じているような
感じですから、あまり気にする必要はありません。

実際に起きている時もあれば、起きていない時もありますし、
スーパームーン関係なく起きる時もあれば、起きてない時もあります。

ともかく、今回の現象は非常に珍しい現象なので、
楽しんでみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする