バイトしながら歯科に通うのは意外と難しい!通うためのコツ!

店員Kです!

アルバイトをしながら歯医者に通うのって、
意外と難しいです。

私も、親知らずが生えて来てしまって、
アルバイトをしながら歯医者に通うことになりましたが、
結構予約とかが大変でした。

シフトが完全固定のアルバイトであれば良いですが、
変動するシフトの場合だったりすると案外大変です。

予約を取りたくてもシフトが決まっていなかったり・・・。

ですが、歯も親知らずは放っておけば危ないですし、
普通の虫歯でも、悪化すると本当に元気がなくなるぐらいの
激痛に襲われますから、行かずに我慢するのも非常に
辛いことです。

今回は私の経験を元に、アルバイトをしながら歯医者に
通うためのコツを伝授(?)していきます。

スポンサーリンク

バイトしながら歯医者に通う

ある意味、結構難しいことです。
学校であれば、ある程度、時間が決まっていると思いますし、
正社員の場合も変動系の仕事であれば別ですが、
時間が決まっている場合も多いと思います。

ですが、アルバイトは、案外時間が適当なことも多いです。
人が足りない場所に配置されたり、
毎週のように出勤する日付が違ったり…。

特に、バイトリーダーみたいなポジションになると、
何かと店長や責任者に頼られることも多く、
なかなか日程の調整が上手く行かないのも事実です。

歯医者とバイトを両立するポイント

と、いうことで、ここからは
「アルバイトとしての仕事」と「歯医者に通うこと」の両立を
するために、どのようにすれば良いか、
ポイントを書いていきます。

もちろん、この世には無数のアルバイトがありますから、
一概にはいえませんし、
環境は色々です。

これから紹介するポイントを上手く自分のバイト先に
照らし合わせて考えてみてください!

固定のバイトの場合は?

日程が完全に固定されているアルバイトの場合は
特に悩む必要もないかと思います。
自分のシフトが入っていないときに歯医者の予約を
すれば、問題なく歯医者に通えるでしょう。

急に呼ばれることが不安なのであれば、
「毎週〇曜日 歯医者に通うことにしたので」と
一言、店長や責任者に伝えておけば、より安心かと思います。

シフトが決まっていない場合

シフトが毎週固定ではない場合、
シフトが決まっていないと、予約を取る事ができません。
歯医者の予約って、通う場所の人気度合いにもよりますが、
結構1~2週間先まで埋まっているものです。

そのため、シフトを早く決めてくれないと、予約が全然
取れない状態になってしまいます。

私も、歯医者に通っていたバイト時代、
そのときの店長は”翌日のシフト”までなかなか決めてくれない人で
本来、大事なはずのアルバイトのシフトを常に後手後手に
回すような人でした^^

なので、予約が取れない(笑)

しかも、当時私は店長不在時を任されるような立場だったので、
本当に予約が取れずに困りました。

で、シフトが決まっていない場合はどうするかと言うと…

・店長に確認する
歯医者の予約を取りたいからシフトを決めて欲しいと、
単刀直入にお伝えしました。
もちろん、偉そうな感じで言えば、機嫌を損ねる可能性なども
ありますから、あくまでも下手な感じにお伝えします。
そうすれば決めてもらえることもあります。

・予め、予定があることにする
仕方がないので私は、シフト希望を出す際に、毎週〇曜日を×(出れない)に
して提出していました。
本来、シフトが早めに決まっているのであれば、そんなことをせずに
シフトが入っていない日に予約を入れれば良いのですが
シフトを決めてくれない店長の場合はやむを得ません。
予め休み希望を出しておいて、その中から歯医者の予約をとるしかありません。

・他のスタッフにお願いする
シフト希望を提出しないスタッフさんが居て、
なかなかシフトが組まれない場合も考えられます。
この場合、強要するのはよくないですが、
お願いするような感じで、シフト希望表を早めに提出してもらうのは
一つの方法ではあります。

・勘で入れてしまう
シフトが不定期、とは言え、ある程度の傾向はあると思います。
”ここは休みだろうなぁ”みたいな感じですね。
私の場合もありました。
なので、私は見込みで予約したこともあります。
ただ、そういう時に限って急に店長がいつもと違うシフトを
組んだりするので、恐ろしい気はしますが…。
もしもシフトを入れられてしまった場合は、歯医者かバイトを
キャンセルしなければなりません。
ただ、歯医者をキャンセルする場合も、繰り返すようであれば
大迷惑ですから、勘でシフトを入れるのはやめましょう。

…こんなところでしょうか。
シフトが不定期で、なかなか決めてくれない場合は
歯医者に通うのも結構大変なのです。

休みが合わない

毎週フルタイムで入っているような人だと、
場合によっては「行きたい歯医者」の休診日が
被ってしまっていて、バイトをしながらじゃどうしても
いけない!ということもあるかと思います。

そんな場合は、バイトのシフトが始まる前
(例えば10時からなら9時に予約する、とか)に
歯医者の予約を入れるか、
世の中には歯科医院はゴロゴロありますから、
別の、自分の休日などに合う歯医者を探すか。
道は2つにひとつだと思います。

ちなみに、もしもシフト直前に歯医者に行く場合、
予め「バイト前に歯医者に行くので、もしかすると
遅れてしまうかも」ということだけは
念のため、伝えておくことをおすすめします。

重複してしまった場合はどうする?

色々気をつけていても、
バイトと歯科医院の予約が重複してしまう
可能性はあると思います。
もしも重複してしまった場合は、
上でも書いたとおり、バイトか、歯科医院のどちらかを
キャンセルする必要があります。

どちらを優先するかどうか、正解はありません。
ご自分でよく判断して、キャンセルすべきほうを決断し、
ただちに連絡を入れましょう。

なお、絶対にやってはいけないことは、
「予約のキャンセルをしないで、スルーする」ことです。
歯医者をキャンセルする場合、必ず連絡をして下さい。

歯医者を優先する場合も同様です。
バイト先には必ず連絡を入れるようにしてください。

どちらを優先するにしても、早めに連絡することが
最優先事項です。

親知らずなど、大きな治療をする場合

私がやったような親知らずの抜歯だとか、それ以外の大きな
治療をする場合は、事前にバイト先に報告して、
ある程度休みをとっておくことをおすすめします。

親知らずの場合は、抜歯当日と翌日を休みにして
頂きました。

と、いうのも翌日まで痛みが響く場合や、
顔が腫れてしまう場合や、口を開きにくくなってしまって
ちゃんと喋れなくなる、ということもあるようで、
私は接客業だったので、抜歯の当日と翌日を休みにした感じです。

自分が、歯科治療で大きな治療をする場合は、
必ず、病院などから事前に説明があると思いますから
それをしっかりと聞いて、理解したうえで
休む必要などがある場合は、事前にしっかりとアルバイト先に
お伝えして、万全の状態で歯科治療に向かうようにしましょう。

まとめ

アルバイトをしながら歯の治療をするのは案外
難しいことです。

ですが、歯は放っておいても治ることはありません。
寧ろ、放置すれば放置するほど、どんどん悪化していくことが
ほとんどです。

歯1本だから、と思っていると、壮絶な痛みに襲われることも
ありますから、侮ることなく、上手く時間を見つけて
歯医者に行くようにしましょう。

一番良いのは、店長や責任者の人がしっかりとシフトを
組んでくれることですが、そうしてくれない場合も
ありますから、その場合は自分で上手く対応するしかありません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする