実録!恐怖の買取Vol14 大迷惑!最初から売る気0のお客様

店員Kです!

商品の買取。
色々なお客様から買取をします。

今までにもご紹介してきたように
買取金額にケチをつける人も居れば
お客様が嘘をついて店員を騙し、お金を巻き上げようとする人も居ます。
買取申込書への記入を躊躇する人などもご紹介しました。

しかし…
今日ご紹介するのは、それとはまた違う方向で迷惑を
お店にかけた恐怖の事例。
正に”恐怖の買取事例”です。

それではご紹介していきましょう。

恐怖の買取
”最初から売る気0のお客様”!!

スポンサーリンク

買取査定…

買取は、査定だけで金額を聞いたあとにキャンセルすることもできます。
もちろん、キャンセルして頂いても、お店側としては全然問題ありませんし、
どんなカタチにせよ、お持ちいただけるだけで嬉しいものです。

しかしながら度を越した買取キャンセル…
意図的(?)な買取キャンセルはお店にとって、
ただただ時間を無駄するだけであり、
お店にとって、非常に迷惑なものになります。

大量の持込

ある日のこと。
旧勤務先のアルバイト時代に男性客が100本以上の
プレイステーション3のゲームソフトを持ちこみされました。

この100本を全て買い取りすることができれば
お店にとって大きなプラスですし、大変ありがたいことです。

本数が多いので買取査定に時間がかかり、
30分以上の時間を査定に要しました。

ただ、お持ち頂いたソフトの本数が何本であろうとも
1つ1つ査定を丁寧(?)に査定を行っていくので
ある程度の時間はかかってしまうのですよね。

で、査定結果が出たので、お客様をお呼びして
査定結果をお伝えしました。
…が、その直後、信じられないことが起きました。

「全部キャンセルします」

ふぁい?

全部キャンセル…??

そうです。
このお客様は全てのソフトをキャンセルしてお持ち帰りに
なられました。

別にキャンセルは自由なのですが、
まぁ、お店としては30分以上の時間をパーにしたわけですね…。

たいていのお客様は、一部は置いていってくださることが
多いのですが
このお客様は全てキャンセルでした(泣)

これだけなら別にたまにあるキャンセル事例、ということで
済むのですが…。

再度ご来店…?

数ヵ月後、再度同じお客様がご来店されました。
お持ちいただいたのは前回と別のソフト100本。

結構特徴的な方で、
あまりコミニュケーションも得意ではないようで、
モゴモゴと話される方なので、1回みただけで
強烈に覚えるお客様でした。

その方が再びご来店されたのです。

嫌な予感がしながら査定を開始。
今度は少し手っ取り早く査定を終え、
合計金額をお伝えすると
その方は1本1本確認、
そして再びキャンセル(笑)

流石に舐めてるのか!?とちょっと思いました。。
買取査定後、キャンセルは自由といえど、
こうも繰り返されるとお店にとっては完全にマイナスですし、
”わざとお店に迷惑をかけるためにやってるんじゃないか”と
思ってしまいます。。

3度目は流石に店長も…

三度目もご来店されました。
また1ヶ月ぐらい空けてのご来店。
流石に当時の店長も覚えたらしく、凄く嫌そうな表情でした。

しかも、大量のソフトを閉店間際に持ち込むという
悪質な状態。
恐らく、この方はお店に嫌がらせをしていたのでしょう。

当時の店長も
「確認せずにさっと値段出せばいいよ」と言ってました。

そしてサッと値段を出して
お伝えしたところ全部キャンセル。

はいはい…
(普通のお客様のキャンセルなら何も思わないのですが
 ここまでされると本当に迷惑です)

そしてしばらくこのお客様は来なくなりました。
どうせ何も売らないので来なくても良いのですが…
流石に毎回30分ぐらい使わされて何も売らないのでは
営業の妨害をしているとしか思えません…
(決して買取価格が安いわけではなかったと思います)

忘れた頃にやってきた…!

しかし、私が店長に就任したあと、
久しぶりにこの方がやってきました。
また100本近くのソフトです。

最後にやってきてから1年以上が経っていたので
すぐに分りました。

私は、アルバイトスタッフさんに
”この人は全部キャンセルする人”だと伝えて
素早く査定を終わらせました。

勿論、全部キャンセルです。
完全に嫌がらせです。

しかも、それから再び定期的に来る様になり、
私が休日の日にも姿を現し、
やはり100本近くのソフトをカウンターに出し、
査定をさせられたようです。

毎回持ってきているソフトも違うように見えるので
そもそもそんな数のソフトをどこで購入しているのかも疑問。

アルバイトスタッフさんは不満を漏らしてましたし、
忘年会の席などでも「要注意人物」として挙げられるほどでした。

とにかく恐ろしいです。
この方の姿を見るだけで絶望するぐらい。

しかも、さらに苦しいのが
「キャンセルで」というだけで
平然としており、何も申し訳無さそうにしてないのも
ちょっと問題ですね。

流石にあの本数をキャンセルするのであれば
普通は多少は申し訳無さそうにすると思うのですが…
(私が反対の立場だったら「お手数おかけしました」ぐらいは
言うと思いますよ)

加えて、カウンターにソフトを出すとき、非常にゆっくり
出して、レジ前を独占。他のお客様が来てもお構いなしなので
一度指摘したこともあります。
周囲の迷惑を何も考えられないお客様のようでした。
(端による、などの配慮もできない…)

あまりにも酷いので…

私の知る限り最後の来店日。
私は毎回キャンセルを繰り返すため
”意図的”にお店に嫌がらせをしていると判断。

最後にやってきた際には
本来はこういう手段は良くないのですが、
通常よりも相当安めの買取金額を提示し、
もしも他のお店の方が買い取り金額が高いのであれば…と
お聞きしたところ
「他の店に売っているわけではない」との返事を頂きました。

私はやはり嫌がらせであると確信
「申し訳ありませんが…」と前置きした上で、
毎回キャンセルのようなので、査定のみの場合は、
本数を制限させて頂きます、とお伝えしました。

普通はどんな査定でもしっかりとやるのですが、
この方の場合は悪質な確信犯であると、
申し訳ないですが判断させて頂きました。

これ以降はお店にこの方は現れませんでした。

この件のその後

その後、閉店になってしまったので、この方は現れませんでしたが、
繰り返されるうちに明らかな確信犯だと感じました。
多くの買取をこなしていると分るのですが、
この方の場合は”明らかに売る意思”が最初から全く無く、
買取金額に関してもたいして確認すらしていなかったので
やはり嫌がらせ目的だったのだと思われます。

この件の対応について

かなりの回数、時間の無駄をしてしまいました。
できればもっと早く、確信を持って苦言を申し上げるべきでした。
ただ、純粋に査定をして欲しいお客様なのか、
嫌がらせ目的なのか見極めるのに時間がかかり、
結果的にかなりの時間を無駄してしまった形になりますね。

この点は、私としても大きく反省するべきだと思います。

ただ、ちゃんとした利用での査定はちゃんとやらなくては
いけないので、なかなか見極めが難しいところでは
あるのですけれどね…。

まとめ

異様なまでの大量買取。
ちょっと人間的にも問題があるような方でしたし、
何を目的に嫌がらせ(?)を繰り返していたのか
分かりませんが、
とにかく大変でした。

”嫌がらせ”と確信した理由の一つは
大量のソフトにも関わらずに
「買取金額をサーッと見るだけでキャンセルを決める」こと。

もしも他店と比較しているのあれば
メモするなり写真を撮影するはずですがそれもせず。

買取不成立の場合、私の勤務先では明細をお渡し
できなかったので…

ですが…
サクッと見ただけで買取キャンセル。
これで確信しました。
”最初から値段なんてどうでも良いのだと”

恐ろしいことですね…


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする