飲みニケーションの注意点!古い考えでの開催は絶対ダメ!

仕事

店員Kです!

飲みニケーションという言葉をご存じですか?
社会人が一緒に飲むことによって
酔った勢いなどで本音を話したりだとか、
そういうコミュニケーションのカタチです。

確かに、そういうコミュニケーションも
良い所はあるでしょう。

しかしながら、最近では
”強制的”な飲みニケーションなどなど、
問題の方が多くなってきているのも事実です。

飲みニケーションなどと言って、
飲むことでしかコミュニケーションを取れないのは
問題ですし、
これは、強制することではないでしょう。

今回は、そんな飲みニケーションについて語ります。
また、上司の立場である人間はどのように配慮すれば
良いか、という点についても書いていきます

飲みニケーションの大事なこと

飲みニケーション自体が悪いものかと言えば、
それはそうではありません。
飲んで、コミュニケーションを取ることも、
1つの方法ではあるでしょう。
ただし、必須かどうかで言えば、決してそうではありませんし、
飲みニケーションを強要するような人が居るのであれば、
それは問題でしょう。

そういう人がいるのであれば、
その会社での飲みニケーションは廃止してしまった方が良いです。
悪いものではありませんが、扱いに注意しなければなりませんし、
今の時代、全員が全員飲むわけでもなければ、ありません。
時代錯誤な考えを持ちこむのであれば、
有効的なコミュニケーションではなく、
単なる時代遅れのコミュニケーションとなってしまうのです。

飲みニケーションを行うことは悪い事では
ありませんが、以下のポイントに注意しなければいけません

①強要してはならない

「飲みニケーション」への参加を強要するようなことは
あってはなりません。
パワーハラスメントにもつながることですから、この点に
関して、誘う側の立場である人間は神経質なぐらいに
注意する必要があります。

「自分はただ飲みに誘っただけ」だったとしても、
相手がイヤだと感じていれば、今の時代
パワーハラスメントは成立する時代です。
自分がどう思っているかではなく、
相手がどう感じるか。

そのため、軽い気持ちでパワハラに手を染めてしまっている人も
居ます。たとえ、本人にそのつもりが無くても、もしも問題に
なってしまえば、それでおしまいですから、気をつけなくては
いけないのです。

飲みニケーションは参加者が”合意”した上で行うべきものであり
強制参加にしたり”断れないような雰囲気”を作って
参加させるようなものではありません。

②相手の雰囲気を察する

上司から誘われれば、部下の立場である人間は、
例え「嫌だ」と思っていたとしても、
なかなか断りにくいのが現実です。

毎回、相手が「行きます!」と言っていたとしても
上司は相手の意をよく考えてみるべきです。
部下が飲みニケーションの場に来るのは
「自分の意思」なのか、それとも「イヤイヤ」なのか。
もしも嫌々来ているのだとすれば、知らないうちに
部下にとって大きな負担になっている可能性もあります。

自分だけが良ければ良い、では上司としての資質は
ありません。
相手が本当に乗り気なのかどうか。
これは、長年人間を観察していれば、ある程度は
分かるかと思います。

部下の立場にあたる人が、自分から「行きたい!」と
言ってくるようであれば、イヤイヤではないのかもしれませんが、
こちらから声をかけない限り、積極的に乗ってくることは
ないケースは、相手は嫌がっている可能性もありますし、
飲みの場の態度でも、読み取ることができる場合もあります。

もしも相手が嫌がっていそうな雰囲気があるのであれば、
しばらく誘うのを控えて見たりするのも良いかと思います
(ただし、相手に”仲間はずれにされている”みたいな
印象を与えることがあってもいけません)

来るかどうか聞く際に
「相手が断れるような言い回し」で誘うのも良いかと思います。
決して、威圧的になったり、高圧的になってしまったり、
そういうことはないようにしてください。

③飲まない人も居ることを理解する

これは年配の方に多い誤解ですが
「人間、誰でも飲める」わけではありません。
ニガテな人も居れば、キライな人も居るのです。

そのため、お店についた直後に勝手に全員分の
飲み物を注文したりだとか、無理やり飲ませたりだとか、
そういうことはしないようにしましょう。
別に、ソフトドリンクだって構いませんし、
お茶だってかまわないのです。

間違っても飲めない人に無理やり飲ませたり、
そういうことのないようにしましょう。

「上司の勧めたものが飲めないのか!」だとか
「大の大人が1杯ぐらい飲めなくてどうするんだ!」だとか
そういう発言・考えは時代遅れですし、
現代には適していない考えです。
もしも、そういう考えをしているのであれば、
改める必要がありますし、現代において、その考えは間違えです。

④通常のコミニュケーションを疎かにしない

当たり前のことですが、
社会において一番大事なのは「飲みニケーション」ではありません。
「コミュニケーション」です。
当たり前のことですが、このことを忘れてしまっている人も
実際に存在します。
飲みニケーションだけしていれば良いわけではなく、
飲みニケーションはコミュニケーションの延長線上に
あるものです。

くれぐれも本来もっとも大事なはずの
「コミュニケーション」を忘れないようにしてください。

⑤重要な話はコミュニケーションで

飲みの場で仕事上の重要な話をすることは
避けましょう。
酔っていると正常な判断が出来なくなる人も居ますし、
本来の意図したことと、違うことを言ってしまう可能性もあります。
また、約束したことを双方が覚えていなかったり、
ついつい調子に乗って大きなことを言ってしまったりと、
色々なことが考えられます。

そのため、仕事上の大事な話をするときは、必ず
飲みニケーションの場ではなく、コミュニケーションの場で
するようにしてください。

無責任に飲みの場で、仕事上のことを約束してしまった場合、
後からそれを取り消すことはできません。
「酔っていて覚えていない」は
仕事上でも、他の部分でも、通用しないことです。
酔っていようが、酔っていまいが、その行動をしたのは
自分自身なわけですからね。

このことは、覚えておくべきです

⑥会社として推奨はしないべき

飲みニケーションはあくまでも仕事の一部であってはいけません。
仕事後の、自由時間でなくてはいけません。
”仕事後に行われる強制参加の飲みニケーション”は
仕事後の自由時間ではなく、仕事です。

飲みニケーションが仕事(サービス残業)の一部になってしまうような
ことがあってはいけないのです。

時折、会社として飲みニケーションを推奨
するようなところもありますが、
それは止めるべきですし、
それが業務時間になってしまってはいけません。

どうしても、会社の業務の一環として
飲みニケーションを取り入れるのであれば、
その時間も残業時間として換算するべきですが、
そうやってちゃんとできるところはまずないでしょうから、
会社が推奨したり、強要することは
あってはあらないと考えます

まとめ

飲みニケーション自体は、使い方を間違えなければ
1つのコミュニケーションのカタチとしては
有効的かもしれません。

しかしながら、謝った使い方をすれば、
飲みニケーションは、ただのパワハラの道具になります。
ゼッタイ参加のような雰囲気を出すことがあっては
いけませんし、参加している人に飲むことを強要するのは
時代錯誤です。

また、重要な話は飲みニケーションの場ではなく
コミュニケーションの場で行うべきです。
このあたりには、注意しておきましょう。