仕事から逃げる方法!壊れる前に辞める!逃げる為に大事なポイント!

仕事から逃げたい…

そう思っている人もいるかと思います。
ですが、自分の生活がかかっていたり
会社側から脅すようなことを言われたり…
色々な理由があって
会社から逃げることができない、という人もいるでしょう

もちろん、一時的な感情だけで
逃げ出すのは良い事ではありませんが
どうしても辛かったり、
ここではやっていけないと感じるのであれば、
会社から逃げ出す勇気も大切なことですし、
完全に自分が壊れてしまう前に、
会社から逃げ出すべきです。

では、逃げ出すためのポイントは
どのようなポイントになるのか
解説していきたいと思います

会社からの脱出!逃げる方法は?

会社から逃げたいと思う理由は人によって
それぞれだと思います。
その理由については、ここでは特に触れません。

ですが、逃げたいと感じた場合、
会社を辞める前に、色々と下準備や
ポイントなどを理解しておくと、
より逃げやすくなると思います。

会社から逃げる際には
捨てるべきこともたくさんあります。
その点も理解し、
”中途半端な対応”をしないよう、
しっかりと対応していく必要があるのです。

そのポイントを見ていきましょう。

覚悟を決める

まず、会社から逃げる、と決めたのであれば
覚悟を決めることです。

覚悟を決める前に
「本当に辞めても良いのかどうか」を
先々のことまで考えて決断する必要があります。
一時的な感情で勢いでやめたりするのではなく
理性的に考えてしっかりと決めていくようにしましょう。

ただ、一度決めたのであれば、
中途半端な行動は何のプラスにもなりません。
”この会社を辞める”と決めたら
辞めるための行動を起こすこと。

引きとめられて曖昧な反応をしたり
脅されてそれに屈してしまったり、
何となく情が湧いてしまったり。
そんなことはあってはなりません。

中途半端な対応は一番の毒です。

逃げると決めたら、
会社を辞めることを第1に考えるようにして下さい。
変に中途半端な対応をすれば
辞めるものもやめられなくなってしまいますし、
会社に残ることになっても
”一度は辞めようとした人”として扱われてしまい、
後々の仕事上にもマイナスの影響が
出てしまう可能性があります。
そうなってしまわないためにも
「逃げる」と決めたのならしっかりと逃げる、
ということを大切にしていかなくてはなりません

中途半端な情はいらない

会社から逃げると決めた際に邪魔になる一つの要素が
「中途半端な情」です。
情は捨てて下さい。
同僚、お世話になった先輩、自分の部下(いるなら)に
対して変な情が出てしまって、
辞めることが難しくなってしまうような人もいますが、
そういった情が仕事から逃げられなくなってしまう
要因の一つになります。

そんな情は必要ありません。

あなたが辞めたなら辞めたで、
周囲の人たちにとってはそれまでのことです。
あなたが思っている以上に、周囲はあなたのことを
考えていません。
そういうことを考えるのではなく
”自分のこと”だけを考えるようにする。
これも大事なことの一つです。

自己中心的だと言われたとしても
自分が壊れてしまうまで仕事をするような
必要は全くありません。
壊れてしまう前に、逃げる。
このことを大事にしましょう。

会社の同僚など、所詮会社の中の人間に過ぎません。
関係性を絶つぐらいの気持ちでいた方が、
気楽ですし、そうでないと逃げる時に
余計な迷いが生まれてしまいます。

迷惑をかけるかどうかは気にしない

会社を逃げたくなるような
状況に追いこまれてしまっている場合
「自分がここでやめたら迷惑をかけるんじゃないか」という
ことは考えないようにしましょう。

確かに迷惑はかかるかもしれませんが、
そんなこと気にして居たら、本当に会社に
永遠に縛り付けられることになってしまいます。

そんなことになってしまわないためにも、
気をつけなくてはいけません。

人のことばかりを考えてしまう優しい人ほど、
会社から逃げられる、追いつめられてしまって…
などということはよくあることです。
そういう風になってしまわないために
切り捨てる部分はさっくりと切り捨てるぐらいの
ある種の”冷徹さ”を身に着けることも大事です。

次の道を考えておく

会社から逃げる準備をしながら
自分の次の道もしっかりと考えておけると
良いかと思います。

もしも、今すぐにでも…というのであれば
話は別ですが、ある程度退職するまでに
時間があるのであれば
その間に次の就職先を探すなり、
正社員が厳しければとりあえずアルバイトを
見つけるなり、もしくはさらに別の道を
見つけるなりしておくと会社を辞めたあとに
だいぶ楽になるかと思います。

勢いで辞めてしまっても良いのですが
そうなると、その後、自分がどうなるかは
ある意味で運任せになってしまい、
それはそれでちょっとリスクの高い行為に
なってしまいます。

そうなってしまわないために、
ある程度の計画は練っておいた方が良いでしょう。

辞め方を考える

会社から逃げるためには退職しなくてはいけません。
そのため、退職の手続きをしっかりと
行うことが大事になります。

まず、会社側がすんなりと退職を受け入れてくれるような
会社なのであれば、ちゃんとしっかりと会社ごとに決められた
退職方法があると思いますから
退職の手続きを行い、退職までの流れをこなしていきましょう。
会社側が退職を普通に受け入れてくれるような会社なら
こちらも普通に退職すれば良いだけです。

ですが、世の中には退職を言いだしにくい雰囲気を
作り出している会社や退職を拒むような会社があるのも事実です。
そういった場合は、多少強引になってでも退職の手続きをして
退職してしまうのがベストです。
退職を伝えるだけ伝えて、後はその日が来たら会社には行かない、
というのでも良いですが
口頭だけだったりする場合は会社側が「そんなこと言われていない」と
退職を申し出たことをなかったことにする可能性もありますし、
書類で提出しても会社側がそれを処分する必要があります。

そうなると、無断で突然会社に来なくなった、みたいなレッテルを
貼られて場合によっては面倒なことになる
(実際には一人の社員に対して感情的に裁判を起こしたりだとか
 そういうことはまずないとは思いますが)可能性も0ではないため
退職を告げた証拠を残すことが大切です。

内容証明などで退職願を送りつけるだとか
退職を上司に申し出た際の会話を録音したり映像に記録したりしておくなど
後から”ちゃんと退職の意思を伝えた”ということは
分かるようにしておくと安心です。

なお、どうしてもの場合はばっくれという方法もありますが
正社員の場合はばっくれはリスクも高いです。
万が一、会社が何らかの法的措置などに出た場合
問題になる可能性もあります。

上でも書いた通り、会社が1個人に対して法的措置をしても
メリットは無いので(人件費だとか時間の無駄になります)
無いとは思うのですが、それでも絶対はないので、
万が一のことも考えると、
ばっくれをすることはあまりおすすめできません
(厳密に言えばばっくれはNGな行為です)
会社が普通に受け入れるならちゃんと退職の手続きを取り、
会社が退職を許さない雰囲気なら、退職を告げた証拠を残すことが
大切になるかと思います

まとめ

仕事から逃げること。
これは決して悪いことではありません。
自分自身が壊れてしまっては仕事も何もないわけですから
その点はしっかりとよく考えて対応していけると
良いのではないかと思います。

人間、一度壊れてしまうと回復には
長い時間がかかります。
職場に対して限界を感じている場合
「逃げる」ことも一つの勇気になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする