新人バイトへの接し方がわからない!?どう接すれば良いのか。

この記事は約6分で読めます。

新人アルバイトさんへの接し方…

慣れていないと以外と戸惑ってしまうものだと思います。

特に、自分の後に初めて入ってくる新人さんに
対しての接し方は難しいものですよね。

また、店長だとか社員だとか、
そういうポジションになっても
やはり、新人アルバイトスタッフさんへの
正しい接し方をイマイチ理解しておらず
結果的に新人スタッフがダメになってしまったり
すぐに退職してしまったりと、
そういったことに繋がってしまうこともある、
というのが事実になります。

そのようなことになってしまわないためにも
しっかりと新人アルバイトスタッフへの接し方を
学び、理解しておくということが
大切なポイントになってくるのです。

スポンサーリンク

新人スタッフへの接し方を知る!

新しくバイトを始めたばかりの人は
少なからず緊張していたり
不安に思っていたり、
そういった人もいます。

自分がアルバイトをしたことがあるのであれば
ある程度想像もできると思いますが
結構緊張したりすることも
あるかと思いますし、
先輩や上司がどんな感じの人なのか、という部分は
非常に気になる部分ではあると思います。

非常にデリケートな状態ですので、
対応方法を間違ってしまうと
嫌なイメージを持たれてしまったり
苦手意識を持たれてしまったり、
結局、バイト先にとってマイナスに
なるような結果になってしまうことも
あるのです。
この点には、注意をしなくてはいけません。

やってはいけない対応は
出来る限り避けて、接していくようにする、
ということが大切になります。

きつい対応をし過ぎないように

新人のアルバイトスタッフは
どうしてもミスをしたり、
要領が悪かったりすることは
あるかと思います。

忙しい時に、何かを聞かれたり
ミスをしたり、思うように動いてくれなかったり、
そういったこともあると思います。

ですが、最初は誰だってそうだと思いますし
分からなくて当たり前です。
最初から何も言わずにホイホイ動けている方が
逆に不気味と言えば不気味でしょう。

タイミングによっては、ミスなどを
されてイラッとするようなことも
あるかもしれませんが
それはぐっと抑えて下さい。

もちろん、教育のために
何かを指摘したり注意したり
することは必要ですが
きつく言い過ぎる必要はまったくありませんし
きつく言いすぎれば、新人スタッフの中で
苦手意識が芽生えたり恐怖心が
芽生えたりする可能性があります。

たとえそれが愛情や教育目的であっても
きつく叱りつけすぎると言うことは
アルバイトスタッフのモチベーションを破壊し、
今後成長するはずだったバイトスタッフを
駄目にしてしまう可能性があります。
場合によってはパワハラで問題になる
可能性もありますね。

どのような目的であっても暴言・暴力が
許されないのは当然ですし、
そうでなくても、きつく叱りつけたり
怒ってばかりいるのも現代ではアウトです。
根性論だとかそういったものは
もはや通用しません。

闇雲に怒ってばかり、
こういう店長や社員、先輩アルバイトがいると
新人は育たず、いずれ辞めて行きます。
注意しましょう。

言葉遣いに困ったら?

新人アルバイトスタッフに対する
言葉遣いに困ってしまう…
という人もいるかと思います。
タメ口で接するべきか、敬語で接するべきか。

これは、迷ったのであれば
敬語にしておくのが無難です。
呼び方も〇〇さんで良いでしょう。
自分の方が年上だから、自分の方が上司だから、
自分の方が先輩アルバイトだから…
そういったことを気にする必要は
全くもってありません。

敬語が一番無難です。
特に、フレンドリーになりすぎてしまったり、
偉そうな言葉遣いになってしまって
相手に不快感を与えてしまったり、
悪気がある・ないに関わらず
そういったことになってしまいそうな人に関しては
敬語にしておくのが無難でしょう。
距離感を近づけすぎないためにも、
相手を不快にさせないためにも
言葉遣いで悩まないためにも、
自分で上手く言葉遣いが組み立てられない!
というのであれば、無難に敬語に
しておくのが一番です。

上司が敬語でも
先輩が敬語でも
今はそういう人も結構いますから
全然おかしなことじゃありません。

放置はダメ!

新人アルバイトスタッフを放置しておく、
というのもやってはいけないことです。
放置されてしまうと本当に不安に
なってしまいますし、良い事は
何もありません。
自分で覚えろ!みたいなスタイルのところも
あるかもしれませんが
それは単純に”責任放棄”でしかなく、
特にバイト先の社員や店長にあたる人物は
しっかりと教えるべきことは教えて行かなくてはいけません。

何も教えずに放置していれば
新人さんは途方にくれることになりますし
かなりやりにくい、と感じるかと思います。

先輩か社員か、誰でもいいのでちゃんと
指導をすることが大事ですし、
放置状態になってしまわないように
しっかりと周囲が気配りをしていく、
ということはとても大事なことに
なりますから、この部分は
よく覚えておくようにしましょう。

いきなり接近しすぎない

フレンドリーに接して緊張をほぐしてあげようとする…
これは、別に悪い事ではありませんし、
ある程度は大事なことになります。

が、やりすぎもNGです。
いきなり接近しすぎることによって、
新人アルバイトスタッフさんが
嫌な気持ちになってしまう可能性も
充分にありますし、
内輪ネタなどでいきなり盛り上がられていたりすると
あまり気分も良くないものです。

人によってはそういうのが苦手な人も
いるでしょうから、
しっかりとそのあたりは注意をするようにしましょう。

また、いきなりプライベートレベルに
親交を深めようとしたりすることは
絶対にやってはいけないことですし、
いきなり個人情報のあれこれを聞きだすことも
やってはいけないことです。

相手の緊張をほぐそうとして
フレンドリーな感じを演出することは
全然構わないとは思いますが、
やりすぎないように、
距離感を上手く調整する、
ということは非常に大事なポイントに
なるとともに、間違えると
新人バイトさんが苦手意識を持ったり
する可能性もありますので
そのあたりの接し方には
最大限の注意を払っていくようにしましょう。

偉そうにしない、先輩ぶらない

いきなり偉そうな態度を取ることは
反感を買う可能性もありますし
少なくとも良いイメージを抱かれる
可能性は非常に少ないですから
その点に関しては、注意をするようにしましょう。

よく勘違いしている人もいますが
”偉そうにしている”のと”上司として頼りがいがある”のは
これは全く別問題です。
偉そうにしている=頼りがいがある、ではありませんから
この点は絶対に勘違いをしないようにして下さい。
難しい部分ではありますが、
頼りがいのある上司・先輩に無理してなる必要は
ありませんが、少なくとも”偉そうにしている上司・先輩”に
なってはならない、ということが
重要なポイントなのです。

新人アルバイトさんにいきなり
偉そうに接すれば
「嫌だなぁ」と思われる可能性も十分にありますし
それがモチベーションの低下につながる可能性も
充分にありますから、その点は
しっかりと注意をしていかなくてはいけないのです。

まとめ

新人アルバイトスタッフへの
接し方には注意するようにしましょう。
相手も、バイトをはじめたばかりで緊張しているのは
事実ですし、デリケートな状態になっています。

そんな中、急に厳しい対応をしたり
放置したり、そういったことがあれば
心が折れてしまうかもしれませんし
将来的に大事な戦力になってくれるはずだった
人を壊してしまう可能性も十分にあるのです。

新人さんへの接し方は
少し意識して注意するようにする、
ということが大事になります。

タイトルとURLをコピーしました