トイレ工事の時間はどのぐらいかかるの?工事中はどうすれば?

トイレのリフォームや
交換工事を検討される方も
多いかと思います。

トイレは生活に欠かせない存在になりますから
経年劣化やその他色々な理由で
不便な部分が出てきてしまった場合に
関してはしっかりと交換などの対応を
していかなくてはなりません。

では、トイレの交換工事やリフォームなどには
どのぐらいの時間がかかるのでしょうか。
そして、工事中は
どのように対応すれば良いのでしょうか。

その点について、実際の経験談も元に
お話をしていきたいと思います。

どのぐらいの時間がかかるのか?

これは、工事業者、トイレの環境、
行う内容によっても異なります。
が、ある程度の目安となる時間はあって、
トイレの交換工事だけであれば、
何のトラブルもなくスムーズに進めば
2時間以内に終わることが多いです。
私も実際にトイレの交換工事を経験したことがありますが
この時は1時間40分程度で終了しています
(私のケースは、洋式⇒洋式)

壁や床などのリフォームも行うと
当然さらに時間がかかることになり、
この場合は4時間~5時間程度(トイレの広さなどによっても
異なります)と言われています。
長くても、よほど特殊な工事でなければ
半日以内には終了する、ということになっており
最短であれば2時間程度では終了する、ということになります。

そのため、何日も何日もトイレが使えなくなってしまう!
だとか、そういったことは基本的にはありませんから
そこのところは心配しなくても良いでしょう。

ただ、工事中にトイレに行きたくなったら
どうすれば良いのか、心配になってしまう人も
いるかと思いますから
対処法を解説していきたいと思います。

複数あるなら…?

最近のご家庭では、トイレが複数個存在することも
多いかと思います。
複数個存在するのであれば、
トイレを2つ一気にリフォーム・交換することは
ないと思いますから
工事を行っているトイレ以外のトイレを利用しつつ
工事が終わるのを待てばよいだけです。

そのため、複数個のトイレが
存在している場合に関しては
あまり気にする必要はありません。

事前に済ませておく

まず、事前にお手洗いを済ませておくことです。
トイレの交換工事だけであれば2時間程度で
終わるのが一般的であり、
トイレの近い人だったり、お腹を壊したり
していなければ、2時間は持つ、という人は
多いかと思います。

その場合は、何も特に考える必要は
ありません。
ただ、リフォームする場合は4、5時間かかることも
ありますし、何か途中でトラブルが発生する
可能性も否定はできませんから
そのような場合に備えて、一応、下記のような対処法を
覚えておくと良いかと思います。

近所に借りられる場所はあるかを確認

近所にトイレを借りられる場所が
あるのであれば、工事が終わるまでの間
そこのトイレを借りれば良いでしょう。

例えば、近くに大型のスーパーがあるのであれば
スーパーに行き、トイレを借りて
また戻ってくる、みたいなこともできます。
大型施設であれば何回か出入りしていても
基本、誰も気づかないでしょうし、
利用しやすいと思います。
公民館のような誰でも使える施設が近くに
あるのであれば、そういった場所でも良いですし、
汚い!だとかそういったことが気にならなければ
公園のトイレなどを利用するのも一つの方法で
あるかと思います。

近くに”誰でも使えるトイレ”がないかどうかを
確認しておき、ある場合は
いざというときはそこを借りるように
考えておけば良いでしょう。

そういった場所がない場合は
コンビニでも良いかと思います。
お茶1本でも買って(別に必ずしも買わないと
いけないわけではありませんが)トイレを
借りるのも良いですし、
何回もトイレに行きたい場合、
複数のコンビニを上手く利用するのも方法の一つです。

さらに、ご近所に親しいご家庭があり、
お手洗いを貸してもらえそうな雰囲気なのであれば
お願いしてみるのも一つの方法です
(ただし、これは深い付き合いでないと難しいとは思いますが)

このように、周辺箇所のトイレで利用できるものが
ないかどうか、ということを
考えてみる、というのは良い手段であると思います。

どこかに外出してしまう

応対する人間は必要かと思いますが
家族がいるのであれば交代交代で外出したり
工事の最中で、特にその場にいなくても
平気な場合は、買い物に出かけたりだとか
”トイレ工事中の自宅”にいるのではなく
他のどこかの場所に外出してしまう、
というのも一つの方法にはなるかと思います。

外出中に工事が終わるのを待つ、
という感じですね。
ただ、注意点として、家を空っぽにしてしまうと、
防犯上よろしくありませんし
工事業者の方からお話がある場合もありますから
状況を見極めつつ対応していくようにしましょう。

携帯トイレなどを用意する

本来防災グッズの意味合いを持つ
携帯用のトイレですが、
トイレの工事が長引く場合は
そういったものを用意しておくと
いざというときに安心できるかと思います。

携帯トイレがあれば、半日程度であれば
問題ないでしょうし、
普段使い慣れていないものを使うのは
なかなか抵抗もあると思いますが
いざ、トイレが我慢できなくなってしまったときの
ために、こういったものも用意しておくことが
できると安心かもしれません。

使わなければ使わないで
防災グッズとして、家に備蓄しておくのも
良いと思いますし、
ごみになることはないと思いますから
そういったものを用意しておく、
ということは大事なポイントになるかと思います。

近くなるようなことはしない

お手洗いが近くなってしまうようなことは
なるべくしないようにしましょう。
あまり気にしすぎるのも良くありませんが、
例えばペットボトルのジュースを一気飲みしたりすれば
トイレが近くなるのは事実ですし、
お腹を壊すような暴飲暴食をすれば
お腹を壊してしまう可能性も
充分に考えられます。

そのようなことになってしまわないためにも
”トイレが近くなってしまうようなこと”は
避けれるのであれば避けるようにした方が良いでしょう。

近くなればそれだけ、色々な対策が
必要になりますし、
飲み物をたくさん飲んでいると、
例え2時間で交換が終わったとしても、
持たない可能性も十分にありますからね。

説明はよく聞いておきましょう

トイレ工事をする前には
必ず業者から説明があるかと思います。
どのぐらいの時間がかかりそうかどうか、
というお話もあると思いますから
そういった説明は、ちゃんとよく聞いておくようにしましょう。

もちろん、作業していく中で所要時間が
変化する可能性はありますが、
大体の時間は説明された通りに
なると思いますから、
しっかりと説明を聞いておく、ということは
とても大事なことになるのです。

また、もしも所要時間について
説明がない場合に関しては
事前に必ず確認するようにしましょう。
分からないことを分からないままに
しておくと、不安になるものですからね。
聞けば、大体の時間は教えてもらえると思いますし
大体の時間が分かっていれば
ある程度の対策を立てることは
可能であると思います。

まとめ

トイレ工事の所要時間は
工事内容によって異なりますが
大体2時間~半日程度になりますね。

その間の対策に関しては
上にまとめたとおりです。
一番良いのは、トイレが2つあれば
対策云々は考えなくて良いですし
トイレ工事にかかる時間も
いくらでもどうぞ!という感じに
なるかとは思いますが
トイレが2つあるご家庭ばかりではないでしょうし
ひとつのところもたくさんあります。

そんな場合は上記のようなポイントを
しっかりと覚えておくようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする