フリーランスで仕事が無くなった場合はどうすればいいの?

店員Kです!

今の時代はフリーランスとして活動している人も
昔と比べて増えているかと思います。

自分に何らかのスキルがあるのであれば
それも人生の選択肢のひとつですし、
スキルが無くてもそれでやっていけるのであれば、
良い事だと思います。

しかしながら、
フリーランスは自分で仕事を勝ち取らなくてはいけません。
それができないと、仕事がなくなってしまい、
路頭に迷うことになってしまいます。

では、もしもフリーランスとして活動していて
仕事が無くなってしまったら
どうすれば良いのでしょうか。

仕事がなくなったら何をすればいいの?

フリーランスとして活動している人間に
仕事が無くなってしまう。
これは、とても大変なことです。
サラリーマンとは違って、フリーランスは自分で収入を
稼がないといけませんから、仕事がなくなるということは
そっくりそのまま破滅を意味するのです。

ですので、フリーランスで仕事がない、という状態には
大きな危機感を抱かなくてはいけないのです。

では、もしも仕事が無くなってしまった場合は
どのように対処していけばいいのかを
確認していきましょう。

積極的に行動する

フリーランスとして活動する場合、
受け身になっていては、いずれ仕事はなくなってしまいます。
向こうから仕事をお願いされるフリーランスなんて
ごくわずかです。
自分から積極的に行動して仕事を勝ち取って行かなくてはなりません。

なかなか難しいことではありますが、
人脈があるのであれば、それをフル活用して、
仕事を探したり、
時にはネットで仕事を探したり、使える手段は何でも利用して
仕事を探していく、ということも時には大切なことに
なるのです。

仕事がない、と言ってそのまま
「誰か仕事をくれないかな~」と漠然と待っていては
何も変わりませんし、そのまま仕事は増えないままです。
仕事が無い、という状況に危機感を持ち、
自分からしっかりと仕事を探していきましょう。

質や価格、条件を見直す

誰からも仕事を依頼されなくなってしまった、
行動しても仕事を手に入れることができない。
そんな状況になってしまった場合は
自分自身に何か問題がある可能性もあります。

例えば、自分の仕事の質が悪いパターン。
仕事の質が悪ければ、悪評が広まり、
仕事をこの人に頼むのだけはやめておけ、と
いうことになってしまいます。

価格もそうですね。
価格競争もありますし、仕事に関する費用が
高い場合は、誰からも仕事を頼まれなくなります。

その他、自分の条件面に問題があったり、
自分の性格面に問題が合ったり、
色々な面が考えられますので、
一度、自分を見直してみることも
大切であると思います。

もしも悪評が出てしまっている場合に関しては
なかなか一度立ってしまった悪評を消し去るのは
難しいかと思いますがその点に関しては
なんとかやっていくしかありません。

別の分野にも分野を広げる

自分の仕事範囲だけでは
仕事が舞い込んでこない、という場合に関しては
自分の仕事以外の分野にも仕事の幅を広げることが
大切になるかと思います。

別分野への進出ですね。
なかなかそう簡単な事ではないと思いますが、
仕事がやって来ない、
もしくは需要のない仕事をしているのに
いつまでもそれにすがりついていては
先に進むことはできません。
別の分野にも視野を広げていく必要があるでしょう。

ただ、無謀に仕事の幅を広げても意味がありませんし、
質の低い仕事をしてしまっている場合、
フリーランスにとっては致命傷になりかねません。
ある程度自分が対応できる分野を優先的に
仕事の幅を広げていく、
ということが大切になるのではないかと思います。

アルバイトなどを検討する

どんなに自分がやりたい仕事だったとしても、
フリーランスだけじゃ食べていけない、というのであれば
そのままフリーランスとして続けていくことは
難しいです。
足りない収入分を何かで補わなくてはいけません。

そんな場合の足りない分を補う候補の一つが
「アルバイト」になりますね。
正社員として就職すれば、フリーランスとしての活動は
副業レベルにまで落とさないといけなくなってしまいますが
アルバイトであれば、そうでもありません。
自分が生活できるようにするだけの分ぐらい
稼げばよいわけですし、
バイト先によってはある程度シフトも自分で
調整できるでしょうから、
フリーランスで仕事がない!という場合は
アルバイトをしつつ、上手く収入を
稼いでいくこともひとつ、視野に入れてみるのが良いのではないかと思います。

誰かに相談してみる

どうしても仕事がなくて、上手くいかない場合は
誰かに相談してみるのも一つの方法です。
友人に愚痴を言うのでも良いですし、
何か相談できる機関などに相談してみるのも良いかもしれません。

何気ない愚痴からでも、友人から思わぬアドバイスが
聞けたりする可能性もあります。
自分ひとりで抱え込まないで誰かに現在の状況を
吐きだしてみる、というのも時には大切なことに
なるかもしれません。

自分ひとりでは思いもしなかったような
突破口が見つけられる可能性もあります。

ただ、当然のことながら、
自分の仕事の現状を一番よく把握しているのは
自分自身になりますから、その点は忘れないようにしましょう。
友人や家族からすれば「知らないよそんなこと」という
反応になる可能性も十分にありますからね…!

諦めも重要

どうしても、フリーランスとしてやっていても
仕事がない!という場合は時には諦めることも
重要になります。
収入を得ることができいないのに、いつまでもそれに
すがりついていては、
どうにもなりませんし、いずれ本当に破滅してしまいます。
未練はあるかと思いますが
そういったことになってしまう前に、
しっかりと自分で区切りをつけて、新しい道に進むなり、
就職するなりした方が良い場合もあります。

借金まみれになってしまったりだとか、
生活ができなくなってしまったりだとか、
そういう状況になってしまっているのに
フリーランスにこだわりつづけるのは、
諦めない心、ではなくただの無謀です。

「駄目だ!」と思った時点で見切りをつける勇気も場合によっては
必要になりますし、
もしも見切りをつけるのであれば、
なるべく早い段階で見切りをつけるようにした方が良いです。

就職活動も今の時代はすぐに上手くいくとは限りません。
ある程度、就職に時間がかかることなども考慮して
早め早めに次のステップを模索した方が良いです。
そうしなければ、いざ、「これはダメだ!」と思った時には
もう手遅れ!なんて可能性もありますし、
そうなってしまってから後悔したのでは、遅すぎます。

必ずある程度の余力を残した時点で
”回復”の見込みが立たない場合はすっぱりと諦めて
別の道を目指した方が良いでしょう。

何年かして、また資金的に余裕ができたのであれば
その時は再挑戦してみても良いと思いますし、
フリーランスをあきらめても人生終わるわけでは
ありませんから、破滅する前に見切りをつけることも
大切なことになります

まとめ

フリーランスで仕事がない、という状況は
危機的状況ですから、しっかりと自分で現状を
見極めて、対処するなり方向転換するなりしないと
やっていけなくなってしまいます。

サラリーマンであれば仕事がなくても
給料は貰うことができると思いますが
フリーランスの場合は、仮に1か月間何の仕事も
無ければ、別口の収入が無い限り、
”収入ゼロ”になってしまう、ということは
覚えておかなくてはなりません。

場合によっては、ただちに対処しないと
手遅れになることもありますから、注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする