逆に迷惑!内定辞退をする際に直接会いに行く必要はありません!

仕事
スポンサーリンク

内定を貰った後に、
内定を辞退しよう、となった際に
「直接会いに行って感謝の気持ちを伝えましょう」
などと言う人もいます。

ですが、そんなことをするメリットがありません。
内定辞退は、辞退すると決めたら
なるべく早い段階で相手に電話などで伝える必要は
ありますが、直接会う、などということを
する必要はありませんし、相手もそんなことを
求めていません。

この点についてお話していきます。

内定辞退をする際には?

内定辞退をする際には、
相手になるべく早めに伝えることが大切です。

何故なら、辞退者が出れば、採用する側は
また別の採用者を決めなくてはなりません。
そのため、出来るだけ早い段階で伝えてくれた方が
会社側にとっても、助かるものです。

内定辞退を悪い事だと考えてしまったり、
なかなか言い出せなかったりする人もいるかと思いますが
なるべく早い段階で教えてくれた方が
採用する側としては助かります。

どのみち辞退するのであれば早い方が良いのです。

辞退の方法ですが”わざわざ会いに行く”必要はありません。

電話で十分です。

電話での内定辞退は冷たい、などと言う人もいますが
逆に考えてみれば分かることです。
お祈りメール(不採用の通知)だって、たいていの場合は
メール、文章、あっても電話だと思います。
相手が会いに来ることなんて、まずありません。

内定辞退の場合も同じことです。
わざわざ会いに行く必要などないのです。
電話で、内定辞退を早めに告げる。
それだけで十分です。

直接会いに行って感謝の気持ちを伝える?

その必要はありません。

上でも書いた通り「電話で内定辞退を告げる」
それだけで十分です。
むしろ、会いに行くよりも、早く教えてくれた方が
相手のためにもなりますし、
感謝の気持ちなんか伝えられても会社からしてみても
何のプラスにもなりません。

失礼のないように言葉遣いなどには気を付けた方が
良いですが、わざわざ会いに行く必要などありませんし、
そこまでするのは”過剰反応”です。

内定辞退をするのであれば
電話(電話がダメなら手紙やメールでも)でハッキリと伝えて
それでおしまいです。
それ以上するべきことはありませんし、
会社側からしても、内定辞退は日常茶飯事ですから
「あ~あ」程度のお話です(そのあとは大変ですが)

あまり気を使いすぎる、ということもよくありません。
世の中は必ずしも綺麗事だけでは通用しない世の中であり、
時には冷徹になることも大切です。

内定辞退しよう、と決めるだけの何かが
あなたにあったということですから、
最低限、早めに教えてあげる必要はありますが
それ以上のことをする必要はありませんし
”すっぱりと切り捨てる”ということも大事です。

会社も同じように「不要な人材」は不採用という
カタチで切り捨てます。
雇われる側だって「自分には行く価値のない会社」は
切り捨てて良いのです。

冷たい、という意見もありますが
ブラック企業なども蔓延する今の世の中
雇われる側も時には冷徹にならないと
生き抜いていくことはできません。

内定辞退で、直接ご挨拶に…なんて言っているようでは
本当に、社会で生き抜くことはできません。
汚いことも、たくさんある世の中ですからね。

会社は内定辞退者に興味がない

会社からしてみれば、内定辞退者になど興味はありません。
当然、内定辞退が出ればその代わりの芯材を
探さなければいけませんが、
ちゃんとした企業であれば、内定辞退が出る可能性は
ある程度視野に入れているはずです。

そもそも”内定辞退をする”と決めた人に
会社側としては興味がありません。
どのみち、その人は、会社に来る人間では
なくなるわけですから、
正直、手紙だろうが電話だろうが
「あ~そうですか 次どうしよう」となるだけです。

辞退者にそこまで興味なんてない。

これが現実です。

なので、直接会いに来られて「内定を辞退します」なんて
言われてもかえって迷惑に感じる人も多いと思いますし、
電話で言ってくれればいいのに、とその一言に
尽きると思います。
会いに来られれば対応しなければいけませんし、
かえって面倒臭いだけです。

お互い、時間の無駄をするだけなので、
逆に相手(会社)の迷惑になる可能性もあります。

繰り返しになりますが
会社側からして、興味があるのは「次」です。
内定辞退者はもう過去の存在であり、
興味はありません。
辞退します、なんて挨拶に来られても、何のメリットも
会社にはありませんし、挨拶しに行く側にも
メリットはありません。

内定辞退する際に会いに行って感謝を伝える、
などということをする必要はありませんし、
電話で十分です。
過剰な礼儀はかえって迷惑になりますし、
私も少しカタチは違いますが、お店で店長をやっていた際に
(バイトですが)採用辞退の申し出はありましたが、
電話で十分でした。

直で来られても、こちらからしても
面倒なだけです。

”過剰な礼儀”は誰のためにもなりません

割り切った対応を

過剰な礼儀は、逆に迷惑をかけるだけです。

内定辞退をする以上、相手から
少なからず嫌な感情を内心で抱かれる可能性はあります。

が、就職活動とはそういうものですし、
それは採用する側もちゃんと分かっていることです。

必要以上に引け目に感じたりする必要など
まったくありませんから、
内定辞退をした際に、過剰な対応を
しないよう”割り切った対応”をすることが大事になります

まとめ

内定辞退は電話で済ませれば十分です。

自分にとっては辞退する会社のことよりも、
自分が選んだ未来のことを考える方が重要ですし、
辞退する会社に出来る最後のことは
「なるべく早く自分の辞退を教える」ということだけです。

会社側からしても、辞退された人間に興味はありませんし、
いつまでもくよくよ考えたりはしません。
代わりの人材をどのように確保するか、
という点に考えはシフトするはずです。

会いに行っても、
会いに来られても、
正直、メリットはありません。
過剰な礼儀と過剰な礼儀の強要は、非生産的な行為です。
そこまでする必要は、ありません。

タイトルとURLをコピーしました