職場のコソコソ話の注意点!実は聞こえている可能性も?

職場でのコソコソ話…

コソコソ話をするということは
あまり人に聞かれたくない話だったり、
ペラペラ話していてはいけないタイミング、
ということだと思います。

が、コソコソ話をする人は
案外、多いかと思います。

ですが、何の考えも無しに職場で
コソコソ話をしていると、思わぬトラブルに
発展したりする可能性もありますから、
その点には注意しておきましょう。
要らぬトラブルを避けられるのであれば、
避けた方が良いのです。

コソコソ話はトラブルの原因に?

もちろん、コソコソ話を絶対にするな!ということではありませんが
コソコソ話を日常的にしていると
思わぬトラブルに発展する可能性もありますし、
もしもするのであっても、注意しなければいけない
部分があるのも事実です。

何も考えずにコソコソしていると
トラブルの原因になる可能性がある、ということですね。

本人たちは悪気もないと思いますし、
絶対にしちゃいけない、ということではないのですが
注意点に関してはしっかりと覚えておき、
注意しておいた方が良いかとは思います。

案外、聞こえている…

まず、コソコソと人の悪口を言っている場合は
注意をしなくてはいけません。
何を注意するのかと言うと、
コソコソ話をすると「案外、聞こえている」ということです。

自分たちからしてみれば
「周りには聞こえていない」と思っているかもしれませんが、
案外、聞こえているものです。

他人のコソコソ話が聞きたくなくても
聞えちゃった…なんて経験はありませんか?
それと同じで、本当に結構聞こえるものです。

私も、お店で働いている時代、
他人のコソコソ話が結構聞こえました。
本人たちは聞こえないと思っている内容も、
聞えてしまっていました(笑)

相手が何も言ってこないから聞こえていないんじゃないの?
と思うかもしれませんが、
面倒臭いので、あえて放置しているだけの可能性も
充分にありますし、
あまり、悪口を他の人がいる場所で
コソコソと言わないようにした方が良いかとは思います。

どうしても悪口を言いたいのであれば、他の人が
いない場所で言うようにした方が良いでしょうし、
後述する理由から、できればそもそも悪口は
他の人に言わない方が良いでしょう。

私語厳禁の場合注意

仕事場が、私語厳禁の場合も注意を
しなくてはいけません。
上でも書いた通り、コソコソ話の内容は
案外、聞こえてしまうものです。

当然のことながら、
内容以前に「何か話しているな」と言うことは
もっとばれやすいです。

例えば、静まりかえったオフィスなどで
コソコソ話をしていれば、
それが他の人の耳に入る可能性は高いでしょうし、
どんなに静かにやっても
ぼそぼそと声は聞こえますから、
私語を隠すことはできないかと思います。

相手が広める可能性も

どんなにコソコソお話をしていても
相手が広めてしまう可能性があるのも事実です。
信頼している相手であっても、
陰口などをコソコソ話している場合、
相手が突然広める可能性は0ではありません。

しかも、相手にとって都合の良いように、
話が湾曲されて広まる可能性も十分にあるため、その点に
関しても、更なる注意が必要になります

どんなに信頼している相手でも、
裏切る可能性はありますし、
人間とはそういうものです。
職場において仲良しだと思っていても、
頼りになる人だと思っていても、
相手はそうは思っていない可能性がある、
ということは忘れてはいけません。

もしも広められてしまったら困るような話に
関しては、例えコソコソ話であっても
しない方が良いでしょう。

嫌なイメージを与える

例え、マイナスの話をしていないとしても、
周囲に対して嫌なイメージを与えてしまう可能性が
ありますから、その点に関しても
注意しなくてはいけません。

特に、コソコソ話をされていると、
中には「自分のことを何か噂しているのか?」と
勘違いするよな人も出てきてしまいます。
そうなってしまうと、非常に厄介ですし、
トラブルの原因にもなってしまいます。

「自分のことを噂しているのか?」などと
思った人は、そのままコソコソ話をしている人たちに
対して不信感を抱いたり、
苦手意識を持ったり、嫌な感情を抱いたり
する可能性があります。

誤解されたままいつの間にか
相手に嫌われてしまっていた!なんてことも十分に
考えられますからそんなことになってしまわないためにも
不用意にコソコソ話はしない方が
良いかと思います。

気にしない人は気にしませんが、
見る相手によっては「自分が何か言われているのかな?」と
負の印象を持ってしまう可能性があります

仕事中の場合、要注意

仕事中にコソコソ話をしていると
「仕事をさぼっている」と判断されてしまう
可能性もあります。
ちゃんと仕事をやっているのにそんな風に思われてしまったら
嫌だと思いますし、
その点は注意しましょう。

また、実はコソコソ話をしてさぼっている、という場合も
要注意です。

上でも書いた通り、コソコソ話は案外聞こえるものですし、
見ている側からすれば、仮に内容までは聞こえなかったとしても
コソコソ話をしていることは、当然、一目瞭然なわけです。

隠れてコソコソやっていても、案外、人は
見ているモノですし、サボりと思われてしまっても
(実際にさぼっているのか、そうでないのかは別としても)
仕方がありません。
このあたりはしっかりと注意をしておいた方が
良いのではないかと思います。

あらぬ誤解を招かないようにしましょう。

クレームの原因になる可能性

接客業の場合は、より一層の注意が必要です。
どういうことかと言うと「クレームの原因になる可能性がある」と
いうことですね。
お店のカウンターでコソコソ話をしていると、
上で書いた例ともかぶりますが
「自分がコソコソ何か言われているのではないか」と感じる人が
いるのも事実です。
もちろん、感じるだけの人もいますが、
中にはクレームをつけてくる人もいます。

これは別にクレーマーでもなんでもなく、
コソコソして話をしていれば勘違いされてしまうのも
仕方がないと思いますから
それは極力避けるべきであると思います。

中には、絡んでくる体質のような人もいるかもしれませんし、
必要以上に怒鳴りつけてくるような人もいるかもしれません。
そうなってしまうと、大事になってしまい、
相手に対しても、お店にとっても嫌な思い出に
なってしまうと思いますから
接客業の場合は、特にコソコソ話をしないように
注意した方が良いかと思います。

時と場合を考えて…

コソコソ話は、時と場合を考えて
するようにしましょう。
場所によっては誤解を招いたり、
聞かれたくないことを聞かれてしまったり
する可能性も十分にありますし、
接客業などの場合は、先ほども書いたように
クレームの原因になってしまう可能性もあります
(実際にそういうクレームを見たことがあります)

コソコソ話自体を絶対にするな!とは言いませんが、
トラブルの原因になる可能性がある!ということは
事実ですから、その点に関しては
気を付けた方が良いかとは思います。

”時と場合を考えて”
しっかりと判断していくことが
大切になるかと思います

まとめ

コソコソ話に限らず、
人間は思わぬ方向で誤解を受けたり、
それがトラブルの原因になってしまったり
する可能性があります。

そうなってしまわないためにも、
コソコソ話もそうですし、
その他の部分もそうですが
なるべくトラブルになる可能性のあることに関しては
自分自身でしっかりと自制して、
注意していくことが大切になるのでは
ないかと思います。

コソコソ話もトラブルのきっかけになることは
充分に考えられますから
注意するようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする