夜間工事の対策!深夜の騒音に対応するためにはどうすれば?

夜間工事…。

工事は、昼間に行われることが多いですが
工事の内容によっては、夜間にやらざるを得ないような
ものが存在しているのも事実です。

ですが、近隣で夜間の工事をやられてしまうと
場合によっては気になってしまうと思いますし、
夜の睡眠にも影響が出てしまうこともあるかと思います。

そうなってしまわないためにも
夜間工事への対応をしっかりと考えておくようにしましょう!

事前にお知らせがあるのが基本

もしも自宅の近隣で夜間工事が行われる場合、
基本的には事前にお知らせなどが入ってくる!というのが
基本になりますね。
近隣で工事が実施される場合、何の連絡もなしに
工事が行われる、ということはないでしょう。

なので、事前にどの日に夜間工事が行われるか、
という点をしっかりと覚えておくとことも大事になります。

何も知らないままだと
急に夜に工事をやりだしたらびっくりすると思いますからね…

では、どのような影響があるのか、
どのように対策をしていけばいいのか、
それぞれ見ていきましょう。

どのような影響があるの?

まず、夜間工事が行われると、どのような
影響があるのかどうかを見ていきましょう。
影響として、考えられるのは3つですね。

「光」「騒音」「振動」
このうちの騒音と振動が特に厄介だと思います。
また、外出する場合は交通規制などが
行われている可能性もあるので
(行う場合に関しては、こちらも事前に連絡があるかとは思います)
その点に関しても、注意しておきましょう。

騒音に関しては、深夜に行われる場合、
昼間のように大々的にはやらないとは思いますが
それでも、ある程度の音にはなるかと思いますし、
工事内容や自宅の位置によっては”うるさい”と
感じるようなこともあるでしょう。

また「振動」に関しても工事内容によっては
発生します。
これも位置関係にもよりますが
自宅が軽く揺れてしまったりと、
不快感を伴う場合もありますから
これに関しても、注意はしなくてはいけない、と思います。

光に対する対策

深夜に、そんなに大々的に光を照らしながら
工事するようなケースはそこまでないとは思いますが
万が一、自宅に光が当たるようなことがあれば、
カーテンを閉めるなどして対策しましょう。

ただ、カーテンを閉めても、工事現場の光は、
完全には遮ることができないでしょうから、
それでも気になる場合に関しては
「雨戸などを閉めて遮断する」
「窓のない部屋に移動する」
「アイマスクなどを利用する」等の方法で
対応を行っていくようにしましょう。

光に関しては、これで問題はないかと思います。

音に対する対策

続いて夜間工事の音に対する対策。

工事の音って結構耳につくものですよね?

夜間の工事であれば昼間よりは
ある程度静かにやってくれるかと思いますが、
それでも、工事の内容上、どうにもならないような
ケースも存在します。

とは言え、深夜に工事をされ続けたら
その音が気になってしまう場合、眠れなくなってしまいますよね。

対策としては…
家の窓など、閉められる場所を閉めて
なるべく音が聞こえないようにすることですね。

それでもダメであれば、耳栓などを用意して
外部からの音を遮断し、寝るようにすると
良いかと思います。

また、音楽を聞きながら眠れる!という人は
工事の音を、音楽をかけて上手く消しながら
眠るようにしてみると良いかと思います。
普段、音楽をかけながら眠れる人であれば、
音楽で工事の音が打ち消されれば
眠ることも可能であると思います。

私語だとか、
工事のやむを得ない事情以外で
うるさくて眠れない場合は
工事の担当者に一声かけるのも一つの方法です。
人間ですから、中には変な人もいます。
そういった場合はこちらから言わなければ
分からないこともあるでしょうからね…。

揺れに対する対策

もしも気になってしまう場合、正直、
これが一番厄介です。
工事内容によっては揺れは発生しないこともありますが
揺れが発生するような工事が行われる場合だと
気になる人は気になるでしょう。

そして、揺れ自体の対策は一番難しいです。

光と音は遮断することができますが
揺れを遮断するのは難しいですからね。

対策としては、工事が始まる前に寝てしまうことや
睡眠時間を可能であれば夜間工事の時間とずらすように
すること、なるべく揺れを感じない部屋で寝るようにすること、
日中、自分の身体を疲れさせておいて、すぐに
眠れるようにしておくこと、あたりでしょうか。

そのあたりに気をつけながら、自分なりに一番
寝やすい方法を見つけていくしかありません。

もしも本当にどうにもならない、でも寝ないといけない、
という場合、近くのカプセルホテル(あれば)などを利用したり
泊めてくれる親戚や知り合いの家があるのであれば、
頼ってみるのも一つの手かもしれません

まとめ

夜間工事はそれほど頻繁に行われることは
ないかとは思いますが、
いざ、自宅の周辺で行われるとなるとうるさいですし
気になってしまいますよね。

工事自体を中止させたりだとか
そういったことはできませんから
もしも夜間工事のお知らせが入った場合に関しては
自分なりに対応をしていくしかありません。

光や音、揺れなどに敏感な場合に関しては
特に、睡眠自体の障害になってしまう可能性も
充分にありますから、その点に注意しつつ、
眠れない、なんてことになってしまわないように
アイマスクや耳栓など、自分にとって
必要だと感じるものに関しては
しっかりと用意をしておくようにしましょう!

ちなみに、夜間工事以外の対策は
自宅周辺で工事が行われた場合の記事にまとめてありますので
良ければそちらもご覧ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする