自宅の周辺で工事が行われた場合の影響と対策!

日常生活
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

世の中では色々な工事が行われています。

場合によっては、あなたの自宅周辺で
道路工事が行われたり、水道工事が行われたり
する可能性も十分にあります。

そういった工事が行われると、
近隣の場合、少なからず日々の生活に
影響が出てきます。
時には、生活に不便だと感じるようなレベルの
影響も出てくることでしょう。

では、そんな工事による影響と
自宅近隣で工事が行われた場合の対処法などに
ついてまとめていきます。

工事による影響と対応方法!

自宅周辺でどんな工事が行われているかにも
よりますが、色々な影響が出る可能性が
考えられます。

近隣で工事をるような場合に関しては
近隣住民に挨拶しに来たり、案内のビラなどを
入れていったりすることもありますが
業者によっては何の話もなく
突然工事を始めるような(法的な許可は取ってるはずですが)
業者もあります。

業者がどんな業者だったにせよ、
工事が行われることになれば自宅への
影響は避けられません。
考えられる影響と対策方法をそれぞれ見ていきましょう。

騒音が発生する

工事が行われるとなると、近くでやっている場合、
騒音が聞こえるようになります。
どんなレベルの騒音かは、工事の内容や
工事している場所にもよりますが
結構うるさいです。

場合によってはかなりのストレスになったり
気分が悪くなってしまうようなこともあるかと思います。

ただ、ザンネンながら工事関係者に
「うるさい!」と言っても、工事するためには騒音が
どうしても出てしまうと思いますから
なかなか対処する方法はありません。

対処法としては耳栓などを使う方法もありますが、
音が聞こえないと困るような場面では使うことはできません。
場合によっては、工事している時間帯は外に出かけてしまうなどの
対処も必要になるかとは思います。

夜間の場合はさらに厄介で、
流石に夜間の騒音は抑えて行われることも多いですが
それでも場合によっては耳につくかと思います。
寝れてしまうのであれば、それはそれで良いですが
もしもなかなか寝れない状態になってしまうのであれば、
耳栓などを利用し、眠れる状況を作り出すようにしましょう。

最悪の場合は、夜間工事が行われる時間帯をさけて
寝る時間そのものを調整する必要が出てくるかもしれません。
どうしても眠れない場合、工事の時間をさけるしかないですからね…

震動が発生する

工事を行うと、どうしても震動が発生します。
その震動が意外と厄介なもので、
ずっと自宅がブルブルしたりしている場合、
結構不快感は強いですし、
厄介なものです。

時には、地震のようにダダン!と揺れることもあり、
工事の内容次第や、自宅と工事の場所が
近い場合には、かなり不愉快な感覚を常に
味わうようなことになるかと思います。

揺れに関しては耳栓をしてもどうにもなりませんから、
とにかく我慢するしかありません。

が、小刻みに揺れているような状態が
続いている場合、場合によっては乗り物酔いのような
感覚になってしまい、気持ち悪くなってしまうようなことも
あるかもしれません。

その場合に関しては、酔い止めの薬などを服用し、
しのぐようにすることが
ベストであるかと思います。
文句を言っても、どうにもならない揺れもあると思いますから
嫌な気持ちにはなると思いますが、自分たちで
しっかりと身を守って行くほか、ありません。

もしもどうしても耐えられない場合は
騒音の時と同じように、一度外出してしまう、というのもまた
1つの方法になりますね。

通行止め

工事が行われる際には、通行止めになる可能性もあります。
普通の道が、工事で通行止めになっている場合は
回り道をしていけば良いですが、
自宅の近くが通行止めになっていて、
車が外に出られない!というようなことになってしまった場合は、
予め、工事関係者と話し合いをしておく必要があります。

”車を出さなければいけないタイミングでは出してもらえるのか”
それとも”完全に通行止めで出れないのか”このあたりは
よく確認しておく必要があるでしょう。
もしも、車を使う必要がある日に、完全に出られないような
状態になってしまうのであれば、
車を近くのコインパーキングなどに止めるなどして
対策を練らなくてはいけません。

実際に通行止めが行われることになった場合で、
出られるのかどうか心配な場合は、しっかりと
業者の人と話し合って確認をしておくようにすることが
大切なポイントになります。

断水などの可能性

水道に関係する工事の場合、
断水が起きる可能性もあります。

工事に伴う断水がある場合は、
断水の日付と時間帯が事前に
お知らせとして来るかと思いますし、
ある程度の時間帯は明記されているはずです。

その時間帯は入浴などは避けるようにするほか
断水の時間帯に応じて、ある程度
ペットボトルなど、何でも良いですから
生活用水を確保しておくとより安全です。

断水時間帯の前までに入浴だとか、
お手洗いだとか、そういったことを済ませておくことができれば、
より安心なのではないでしょうか。

ただ、日付だけ伝えられていて突然
「今から断水します~」みたいな
いい加減な業者がいるのも事実です。
これをやられてしまうと困ってしまいますよね。

日付が分かっていても、突然だと
そのタイミングで入浴していたり
お腹を壊してしまったりしていた場合、
大変なことになってしまいます。

あまりにも急な場合で、
どうしても断水されると困ってしまう場合は
事情を説明して、少し待ってもらうようにしましょう
(普通の業者であれば待ってくれると思います)

ただ、事前に大体の時間が告知されている場合に関しては
その時間帯に入浴などは避けるようにするのがベストです

停電の可能性

停電を伴う工事はそれほど多くはありませんが、
中にはそういった工事もあるかもしれません。

そういった工事が行われる場合に関しては、
必ず事前に停電のお知らせなどが入ると思いますから
その時間帯に、パソコンをいじっていたりだとか
そういうことがないようにしましょう。

また、停電時間帯に対処できるように
必要なものがあるのであれば
用意しておくと良いかと思います。

マナーが悪い場合は伝える

工事業者の中にも、
マナーの悪い業者がいるのは事実です。
不運にも、そういった業者が自宅周辺の工事を
行うことになってしまった場合に関しては、
色々な部分を注意しておきましょう。

例えば、いい加減な業者だと、
工事の作業終了後に、ごみを捨てて行ったりだとか
そういうマナーの悪い行動をするような業者もあります。

その場合は遠慮せずに現場責任者などに
こういったことがあった、と伝えて改善を
お願いして良いかと思います。
黙っていては、そのままエスカレートする可能性も
ありますから、その点に関しては注意が必要です。

ただし、近隣で工事している業者の場合、
当然あなたの住所や自宅を、相手は知っている
可能性が高いですから
いきなり喧嘩腰で言いに行ったり、必要以上に
クレームをつけたりしないようにすることは
ポイントの一つになります。

相手も人間ですから「この野郎」という感情を
抱いて、何か厄介なことをしてくる可能性も
決して0ではないのです。

まとめ

近隣で工事があると、少なからず
日常生活への影響は出てくることに
なってしまうかと思います。

騒音や振動、通行止めなど
色々と厄介なこともあるかと思いますが
出来る限り自分たちで予防しながら
注意していくことが大切になります。

あまり、強くクレームをつけたりはしないことです。
イタズラで騒音を立てているわけではないでしょうし、
生活に必要な工事を、相手はしているわけですからね。

※夜間工事の場合は別の対策も必要になります
夜間工事の対策の記事の方も
良ければご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました