NHKが映らないテレビって存在するの?あれば受信料は不要?

日常生活
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

NHKの受信料…

色々な場所で問題になっていることの一つです。

もしも本当に見ていない人がいれば、
その人からしてみれば、受信料を支払うなんて
おかしな話だと思うと思いますし、
嫌な気持ちになりますよね。

強引な契約にはうんざり!という人もいるでしょう。
契約するか、しないか
選ぶぐらいいいんじゃないの?と。

ではー
NHKが映らないテレビというものは存在するのでしょうか。

もし、そういったものがあれば、
契約しなくても、大丈夫、ということにも
繋がるかとは思います。

現時点での、その答えを見ていきましょう

映らないテレビは存在しない

ザンネンながら、現時点でNHKが映らない
テレビというものは存在しません。
テレビが存在するだけで、NHKが受信できる状態に
なってしまいますから
本当に見るつもりがない人にとっては、
迷惑な話でしょう。

もちろん、テレビがある時点で、
NHKとの契約や受信料の支払いを
求められることになってしまいます。

見てないから契約しません、だとか
見てないから映らないようにして下さい、だとか
そういった対応も行ってくれません。
(映らないようにすることは企業努力として必要だと思いますが。)

では、映らないテレビに変わるものはあるのでしょうか。
そして、どうして映らないテレビは
発売されないのでしょうか。

なぜ発売されないの?

これだけ強引な受信料徴収に嫌な気持ちをしている人が
いる世の中ですから
”NHKが映らないテレビ”が発売されれば、ヒットすることは
安易に予想できます。

しかしながら、そういったテレビは発売されない。

それは何故なのでしょうか。
具体的な理由としては不明で、
発売されない本当の理由は定かではありませんが、
色々な権利関係が渦巻いているものと思われます。

技術的に関して言えば、
メーカーが本気を出せば、それほど難しい事ではないようですが
権利や特許など、色々な部分が絡み、
強引に発売を決行することは不可能ではないかもしれませんが、
色々な点のリスクを考えればメーカー側が発売に
踏み切ることはなかなか難しい、というのが実情に
なるのでしょう。

そのため、今後もなかなか発売は難しいのでは
ないかと思われます。

「モニター」は存在する

ソニーから発売されたモニターに
NHKが映らないもの、は存在しています。
チューナーがついておらず、アンドロイドが内臓されているもので、
別途アプリなどをインストールすることで
NHKを除く民法だけを見ることが可能になるのです。

一応、テレビではなくモニターにはなりますが、
この商品を使えば、NHKの受信料の支払い義務は
発生しない、と考えられています。

ネット上ではこの件についてNHKに直接問い合わせた
サイトなども存在していましたが
その件に関しては、NHK側は回答を避けたとのことなので
具体的に「支払わなくていい」と確証はないようです。

今後、万一裁判などが起きれば
また予想外の判決などが出る可能性も0ではありませんが
チューナーがこのモニターにはついていないために、
現行の言い分が変わらなければ支払わなくても問題は
生じない、と考えられています。

これはテレビではなくモニターであるために
発売できたのだと思いますが、
見ない人にとってはこういう部分であっても
選択肢が広がって行く、ということは
良い事なのではないでしょうか。

イラネッチケーというものもある…

イラネッチケーというNHKのみを受信しないように
するための道具も発売されています。
これを使えば、NHKの受信は不可能となり
民放の放送のみを受信できるようになります


iranehk 関東広域圏向け地上波カットフィルタ― (UHF26,27ch用) IRANEHK-AK27AB26N

しかしながらこれは、仕組み上着脱可能であることから、
受信料を支払わなくて良い、ということには
ならない、とも言われており、
本当に受信料問題の対策になるのはどうかは
疑問なところです。

実際にイラネッチケーに関わる裁判が
過去に起こされていますが、この際には
着脱などが可能であるとして、
イラネッチケーを設置しても支払い義務があるという
旨の判決が出されています。

今後はどうなるの?

時代の移り変わりと共に、NHKが受信できないテレビが
発売される可能性は十分にあります。
それを求めるユーザーの声が増えればいずれは
出てくるかもしれません。

また、NHKの受信料の徴収のモデルにも
そろそろ限度があるかと思います。
不満の声が高まれば高まるほど、会社への
不信感も増していきますし、
いずれは契約の仕組みそのものを見直していく
必要があるかと思いますし、
契約しない世帯に対してはNHK側で電波を
送らないようにするなどの対策が
必要になってくるかと思います。

これだけ大きな組織なのですから
やはり、問題点があるのであれば対策は
しなければいけないと思いますし、
NHKの一企業としての、誠意ある対応が
求められる時代になってきているものと思います。

まとめ

と、いうことで現代ではNHKが映らないテレビ
そのものは存在していません。
モニターに関しては裁判などの判例がないため
100パーセント大丈夫かどうか、と言われると
正直なところ疑問ですし、
イラネッチケーに関しては過去にそういう
判決も出てしまっているため、
これでは安心できません。

”見てない”と言いながら実は見ている人は論外ですが
本当に見ていないのに受信料を取られてしまっている人に
対しては何らかの救済策が必要になるかと思いますし、
NHKが映らないテレビも、NHK側が対応しないのであれば
世の中に必要になるのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました