社内恋愛や職場恋愛は異動の原因に?理由と異動率の上がるパターン!

職場内での恋愛。
場合によってはこれは「異動」の対象に
なってしまう可能性もあります。

自分が異動することになるのか、
相手が異動することになるのか、
それとも両方なのか。

これは、その時のケースによって
異なりますから一概に言うことはできません。

しかしながら、
少なからず影響を及ぼす可能性は0では
ありませんし、
下記のような行動が見受けられる場合に
関しては異動させられる可能性が
非常に高くなりますので、その点に関しては
しっかりと注意しておき、
節度を持った行動をするようにしましょう。

どうして異動になるのか?

では、職場内恋愛はどうして異動の対象に
なってしまうのか、という点を
まずはお話していきたいと思います。

これは、その会社によって
色々と事情はあるとは思いますが
一番の理由としては「仕事に影響が出る」ためですね。
もちろん、仕事に影響が出ない人もいるとは思いますが
会社側からすれば懸念材料は排除しておきたいものです。

また、職場はあくまで仕事をするための場所であって
恋愛相手を探すための場所ではありません。
そのため、恋愛関係にある2人をくっつけておいてあげよう、
だとかそういった配慮は、普通はしません。

むしろ、業務に支障があると判断されれば、
二人を別々の部署などに異動させるなどの
対応がとられることになってくるのです。

では、どのような場合、
異動の確率が高まるのでしょうか。
それも見ていきましょう。

社内恋愛禁止の場合

まず、社内恋愛が明確に
規則で禁止されている場合に関しては、
これは、その規則を破るわけですから
異動などになる可能性は高いです。

それだけではなく
明確に禁止されているルールを
破ってしまうわけですから
何らかの罰則が与えられる可能性も
あり、この点には注意をしなくてはなりません。

社内恋愛禁止になっている場合に関しては
基本的には社内で恋愛はしないように
した方が良いですし、
仮に社内恋愛をする場合、絶対に周囲に
悟られないようにする、ということは
大切になります。

ただ、自分の人生をしっかりと考えるのであれば
最初から社内恋愛はしない、といったことが
一番安全であるかと思いますし、
大切なことになってくるかと思います。

仕事中も恋愛モード

これは非常に大きな問題です。
間違いなく、業務に支障は出るでしょう。
また、周囲からの視線も厳しいものに
なるかと思います。

特に、仕事中にいちゃいちゃしていたりするのは
論外です。
そのような状態になってしまうのであれば
最初から社内恋愛をするべきではありません。

仕事中も恋愛モードでいることによって
様々な悪影響が自分たちにも出てくることになります。
当然「異動」になる可能性は高まりますし、
異動にならなくても、「会社内での評判」が
落ちる可能性は非常に高いです。
上司からの評判もそうですし、同僚からの見る目も
変わってくるかもしれません。

時々、そういう対応をされると
「妬んでいるの?」と開きなおる人がいますが
何も妬んでいるわけではありません。
もちろん、中には妬んでいる人が
居る可能性も0ではありませんが
多くの人は「仕事場で何をやっているんだ」という
呆れの感情になります。
そのことに気付くことすらもできずに
開き直っていれば、さらに評判を落とす結果になり、
会社内で孤立する可能性もありますから
その点は、本当に注意しておかなくてはいけません。

異動云々以前の問題で
会社内では、恋愛ムードを出さないようにすることが
大切なポイントになります。

喧嘩などを持ちこまない

もしも、喧嘩などをしてしまった場合でも、
仕事中は、それを持ち出さないようにすることが
大切になります。
明らかに険悪なムードを出すようなことは
してはいけないのは当然のことですし、
仕事に支障が出てくるような
喧嘩は論外です。

仮に喧嘩をしてしまったとしても、
仕事に支障が出てしまうようなことは
避けなくてはいけませんし、
連絡事項などがあったり、
一緒にやるべき仕事があるのであれば
それはしっかりとやらなくてはいけません。

もしも社内恋愛をする際には
付き合いだす前に、こういったリスクに
ついてもしっかりと考えておく必要が
あるでしょう。

もしも、こういったことをしっかりと出来ない、
ということであれば、社内恋愛はするべきではありませんし
社内恋愛をしてしまえば、結果的に
どちらかが異動になってしまったり、
社内での評価を下げてしまったり
する可能性も十分にありますから
注意をする必要があります。

喧嘩をしてしまったとしても
職場ではそれを一切表に出すことなく
普通に仕事をこなす、
これが出来るかどうか。
もしも出来ないのであれば、
最初から社内恋愛はするべきではありません。
リスクが高すぎます。

仕事上に支障が出ていたり、
周囲に険悪なムードを振りまくようなことがあれば
会社としても何か対処を考えることになる
可能性は十分にあり得ることです

上司関係との社内恋愛

上司関係との社内恋愛などは
異動になるリスクが高まる行為であると考えます。
上司本人との恋愛に関してもそうです。
上司そのものが異動になるような場合も
あり得るでしょう。

また、会社の上層部の人間の
親族との恋愛関係だとか
そういったものも危険なパターンのひとつですね。
場合によっては逆鱗に触れてしまうような
ケースもあるかもしれません。

そうなってしまえば当然異動だとか
色々な不都合が出てくることでしょう。

また、上司と部下の恋愛というのは
同僚同士以上に、危険が潜んでいるものです。
例えば、喧嘩などをした場合、
上司から嫌がらせを受けるようなことに
繋がる可能性もありますし、
上司・部下の関係ではない場合の恋愛に比べても
さらにそのリスクは高まることになるでしょう。

当然、業務に支障が出ればどちらか、
あるいは両方が異動になる可能性は
充分に考えられますし、
そのようなことになってしまうことを
避けたいのであれば、
慎重に行動していく、ということが
大切になってくるのは紛れもない事実になります

異動になれば、自然消滅の可能性

社内恋愛により異動になれば
当然のことながら
接点は大幅に減ります。
特に、遠くの地への異動であれば
これは、尚更のことですね。

そして、当然ながら
異動になった方の人間は、
新しい職場に慣れなくてはいけません。
その点に関してもやはり、
負担になるでしょうし、
恋愛どころではなくなる可能性もあります。

また、二人とも異動になった場合は
尚更のことですね。

さらに言えば、距離が離れていると
お互いに、その相手への感情が
薄れて、また身近にいる別の人間に
気持ちが向いていってしまう、
などということは実際にあることだと思います。

職場恋愛をもしもするのであれば、
「2人が遠くに引き離される可能性」も
しっかりと頭に入れておき、
それでも良いのかどうか、
そして、もしかしたら自分の方が遠くに
飛ばされる可能性もある、ということを
受け入れられるかどうか。
それを先にしっかりと考えてみると良いかと思います。

中途半端な覚悟で職場恋愛をする、
ということは危険なことなのです。

まとめ

職場恋愛をする場合は
その振る舞いに大きく注意するように
して下さい。
目につけば、異動の対象になったり
職場内での評価を下げてしまう原因に
なったりする可能性は十分に考えられます。

そのようなことになってしまわないように
しっかりと自分自身の振る舞いを考えて
やっていく、ということはとても大切な
ことになりますから、よく覚えておくようにしましょう。

くれぐれも、中途半端な覚悟で
職場恋愛をしないようにしましょう。
大きなリスクが、つきまといます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする