無職・ニートになると太る?太らないために注意するべき点を解説!

無職・ニートになってしまうと
体重が増えてしまう…
と、いうことはどうしても起こりがちなことです。

勿論、必ずしもそうなるわけではありませんが
実際に職を失ってから
太った、という人も多いですし
この点に関してはしっかりと注意を
しなくてはいけません。

私も以前、とある事情で正社員で勤務していた会社を退職後、
数か月間、無職だった期間があります。
毎日のように面接を入れていても、
やはり体重が少し増えてしまった時期がありました。
動いていても、やはり働いている時とは
違う、ということになりますね…。

では、無職・ニートになってしまった場合
太らないためにはどうしたら良いのでしょうか。
その点についてを解説していきたいと思います。

どうして太るのか?

では、どうして無職・ニートになると
太ってしまうのでしょうか。

その原因は個人の体質にもよりますし
無職になったあとの行動パターンなどに
よっても異なりますから
人それぞれではありますが、
やはり「身体を動かす時間が減る」ことが多いから、
ということが原因の一つでしょう。
エネルギーの消費量がどうしても減りますし
精神的な緊張だとかそういったものもないので、
無職の期間中は、基本的には、働いている時よりも
「疲れにくい」というのは事実であると思いますし
意識して運動したりでもしない限り
身体を動かす時間、というのも働いている時に
比べればどうしても減るかと思います。

また、食べる量が増えてしまったり、
精神的なストレスなどで太ることもあり、
色々な太る要素がそこら中に
転がっているのが無職の状態です。

ただし、上でも書いた通り
「必ずしも太る」ということではありません。
無職の状態になっても太らずにいる人はいますから、
絶対に太る、というわけでもないのは事実です。

が、何も考えずに無職生活を送っていれば
当然太りやすいのは確かですから
しっかりと対策はしておくことを強く、
おすすめします。

太らないためのポイントを
下記にまとめてみました。

食べ過ぎに注意

無職やニートの期間中は、
就職活動やバイト探しをしていたとしても
やはり、どうしても自宅にいる時間は
長くなってしまうかと思います。

そうなってくると、ついつい色々
食べてしまったり、間食してしまったり、
そういったことも出てくるかと思います。

しかしながら”食べ過ぎ”ることによって
当然体重が増え、太りやすくなっていく、
というのは確かです。
食べる量が増えているだけでも
太るリスクは高まりますが
無職の期間中はそれに加えて、
働いていない分、
どうしてもエネルギーの消費量も少なくなりますから、
そうなると、さらに太る原因になってしまうのです。

食べる量が増える+動く量が減る。
当然、太ってしまいますよね。

そうなってしまわないためにも
やはり、”食べ過ぎない”ということが
大事になります。
身体を動かすように意識することも大事ですが
まず、根本的な対策として「食べ過ぎないようにする」という
ことはしっかりと心がけておきましょう。

身体を動かすようにする

身体を動かす時間も
どうしても減ってしまいます。
面接を何件受けても、どうしても
仕事をしている時とは
身体の動かし方も変わってきますし、
緊張感なども少し変わってきます。

そのため、身体を動かす量が減り、
結果的に体重増加につながってしまう
可能性は十分にあります。

さらに、最初にも書いたような
「たくさん食べる」も積み重なってしまうと
さらに体重が増えたり、太ったり
してしまうことに繋がるので、
この点は注意しなくてはいけません。

運動に関して言えば、完全に自分自身の
管理次第になると思いますから
しっかりと管理を行い、
運動する時間を取り入れるなどして
運動不足に陥ってしまわないように
注意をしてきましょう。

運動不足に陥ると
体重以外の色々な部分にも
問題が出てくる可能性もありますから
無職の期間中であっても
運動はしっかりと行うように心がける、
ということも大事なことの一つです。

ストレスに注意

これは人にもよりますが
自分が無職・ニートの状態であることに対して
焦りを感じたり、強いストレスを感じたり
してしまう人がいる、というのも事実です。

ストレスを溜めることによって
どのような症状が出たりするかは
人によって異なりますから一概に
言うことはできませんが、
場合によっては、ストレスで太るようなことも
本当にありますから、その点に
関しても注意しなくてはいけません。

ストレスが溜まっている、という状態は
なかなか自分だけの力で
解消するのも難しいですし
無職やニートの状態であることに対する
ストレスを解消するには、
やはり仕事を見つけるしかありません。

ポイントとしては
あまり焦りすぎずに、正社員に固執したり
するのではなく、場合によっては
契約社員や派遣社員、アルバイトスタッフなども
視野に入れてみたり、
ストレス解消のための自分なりの方法を見つけて
精神的負担が大きくなりすぎないように注意したり
自分なりの方法で構わないと思いますから
色々と考えてみる、ということは
とても大切なことになってきます。

もちろん、次の仕事を探すための
行動はしなくてはいけませんが、
過度にストレスがかかると太ることもそうですし
他の体調不良にも繋がり、
そもそも就職活動できない状況に
なってしまうようなことも考えられます。
そうなってしまわないためにも
上手く息抜きを入れながら、
過剰に焦りすぎない、ということも
大事なポイントの一つになってきます。

不規則な生活に注意!

”不規則な生活”にも注意をするようにして下さい。
働いていない状態になってしまうと、
どうしても生活が不規則になってしまうものです。

不規則な生活が続けば
やはり身体のバランスも崩れることに
なってしまいますし、
体重の増加につながってしまう可能性は
充分に考えられることですので、
その点はよく注意をしておくようにしましょう。

アルバイトや正社員就職などが
上手く行った日に備えて、
生活リズムはなるべく、無職・ニートになる前の
状態を保つ、ということが
大事なポイントになってくるかと思います。
生活リズムを崩すと体重に変化が
出てくる可能性は十分に考えられることですし、
新しい仕事が見つかった再に急に元の
生活リズムに戻す!というのもなかなか
大変なことですから、
あまり大きく生活リズムを乱さないようにする、
ということは大切になります。

食べなさすぎもNG

太りたくないから!と言って
あまりにも食べる量を減らしたり
絶食したりすることは控えるようにして下さい。
今度は逆の意味で体調不良を
招いてしまう可能性があります。

体調を崩してしまうと
就職活動もままならなくなってしまうほか、
色々と厳しい部分も出てきてしまうと思いますから
そういったことになってしまわないように
しっかりと注意をしながら
対応していく、ということが大事になります。

食べる量はほどほどに、けれども
絶食だとか過剰な対応はしないようにする、
ということが大事なポイントになります。

まとめ

無職やニートの期間が続くと、
どうしても体重に影響が出てくる可能性は
髙くなってしまいます。
確かに、太りたくない!という気持ちは
分かりますから、上のような対応で
対処していくようにしましょう。

ただ、この辺りは体質などに
よるところもあります。
例えば、世の中には「いくら食べても太らない人」も
いれば、「すぐに太ってしまう人」もいるのが事実です。

そのため、無職・ニート生活になっても
太らない、太りにくい人というのも当然存在します。

毎日体重計に乗るなど、しっかり体重の変化を
見極めながら対応していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする