Better Ads 標準に準拠するとは?どうすればいいのかを解説!

Better Ads 標準…

聞きなれない言葉ですね。

しかしながら、
2019年7月9日から、
クロームの基準が変わり、
この基準を満たしていない広告が
表示されるサイトは、広告配信がブロックされ、
広告が表示されなくなるようになります。

アドセンスなどをやっている人にとっては
不安になるかと思いますが、
具体的にどのように対応していけば良いのでしょうか。

どのように対応すれば良いのかを
解説していきたいと思います。

そもそもこれは何か。対応方法は?

まず、Better Ads 標準とはどういうことかということを
理解する必要があります。
これは、「サイトやブログを見る人にとって
不快に感じる広告」を定めたもので、
標準を満たさない広告とは、
ポップアップ広告をはじめ、
ブログの表示前に表示されるプレスティシャル広告と呼ばれるものや
画面を30パーセント異常戦友するもの、
点滅したり、激しいアニメーションが含まれるもの、
音声自動再生やカウントダウンされるもの、
スクロールしてもついてくるものなどなど、
言われなくても分かるような、明らかに
不快感の強いもののことを示します。

過剰に広告を貼りつけているサイトや
上記のような広告を貼りつけているサイトの場合は
広告がブロックされて表示されなくなりますよ、
という意味ですね。

Better Ads標準とは何か?の記事の方に
具体的にどのような広告が標準を満たさないのか
まとめておきましたので、参考にしてみてください。

基本的には”極端に邪魔に感じる広告”が標準を
満たさないもの、ということになります。
普通のサイズのものだとか、
そういったものであれば、標準を満たしていない、
ということにはならないと思います。

では、サイトを運営している人は
どのように対応すれば良いのかを
まとめました。

基本的には問題ない

基本的に、上記のような広告を
設置しているサイトは少ないかと思います。

特に、アドセンスをやっている人であれば
一般的には↑の標準を満たさないような広告を
貼り付けているサイトは少ないかと思います。

そのため、基本的には
何も対応しなくても大丈夫であるかと思いますし、
アドセンスもクロームも、
同じグーグルによるものですから、
クロームがアドセンスの広告を
ブロックすることは、あまり考えられません。
度を越した量をサイトに表示している場合は
話は別ですが、
適量であれば、心配はいらないと思います

急にこのような話が出てくると驚くかと思いますが
基本、することは何もありません。

が、下記のようなことは注意しておくと
良いかと思います。

他のサービスを利用している場合

広告サービスは
アドセンスだけではなく、他にもいろいろなものがあります。
別のサービスを利用している場合、
標準に反する広告が含まれている可能性もありますし、
また、無料ブログなどを利用してブログを
やっている場合、サービスによっては
ブログサービス側で広告が挿入されますから、
それらが引っかかる可能性はあります。

もしも、標準に反している
大型広告などを利用している場合や
心当たりがある場合は、
それを念の為外しておくことをおすすめします。

無料ブログサービスを利用していて
ブログサービス側でつけられている広告が
引っかかってしまった場合は、
現状では対応は難しいのも事実です。

確認はした方がいい

多くの場合、心配する必要はないと思いますが
実際にクロームがBetter Ads 標準に合わせて
更新されてみないと、実際、どうなるかは
分かりません。

そのため、9日になったら
自分のサイトの広告がブロックされていないかどうかを
しっかりと確認しておく必要はあるかと思います。

パソコンとスマートフォンでの表示で
それぞれ基準が別々ですから
PC、スマホ、その両方で確認を
するようにしておきましょう。

確認して、特に問題なく表示されていれば
心配する必要はないでしょう。

万が一、何か問題が発生している場合に関しては
怪しい広告から順に削って行くなど
する必要があると思いますが
基本、そういったことになるサイトは少ないと思います。

ただ、実際、その日になってみないと
分からない部分はありますから
必ず自分のサイトの広告がちゃんと
表示されているかどうかは
確認した方が良いです。

審査は気にしなくていい

サーチコンソール上で
自分のサイトが基準を満たしているかどうかを
確認できる項目があります。

しかしながら、日本では2日現在、
大半のサイトは「未審査」となっており
こちらから審査を申し込みすることもできないので
これは、放置しておくしかありません。

現時点では審査がいつ行われるのかも不明ですし、
気長に待つしかありません。

基本、上で書いたような広告を掲載していなければ
心配する必要はないと思いますし、
未審査のままでも、こちらが出来ることは
何もないので、放っておきましょう。

ただ、定期的にステータスが変わっていないかどうか
確認した方が良いかとは思います。

まとめ

上記のようなことから、基本的には
心配する必要はないと考えられます。

念の為注意しておきたいのは

・過剰に広告をつけている場合
・アドセンス以外のサービスを利用している場合
・無料ブログサービスを利用していて、ブログ側で広告が出ている場合

になりますね。

Better Ads 標準に対応後、
自分のサイトがちゃんと表示されるか
ブロックされていないかどうかだけ
確認しておくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする