Better Ads Standardsとは?ブロック対策はどうすればいいの?

ネット

店員Kです!

先日、FC2ブログなどにもお知らせが出ていましたが
Better Ads Standardsの基準に合わない広告が表示される場合、
Chrome上でその広告がブロックされる、という仕組みが
近いうちにChromeの方に採用されるようです。

海外では既に採用されているこの仕組み、
日本ではこの記事掲載時点ではいつからChromeに搭載
されるのか不明ですが、
いずれBetter Ads Standardsの基準を満たさない広告は
ブロックされる仕様に変わります。

では、Better Ads Standardsとはいったい何なのか。
そして、ブログを読む人へのメリット、
ブログを運営している人はどうすれば良いのか、
それを順番に書いていきます。

これは何?

Better Ads Standards…なんて言われても「は?意味不明」
状態の方がほとんどだと思います。
難しい説明をすれば、ややこしくなるので、シンプルに書いてしまうと
「ブログを見る人にとって、不快になる広告の基準」をまとめたものだと
思ってください。

まぁ、広告全てが不快だ!という人も居ると思いますが、
中でも特に不快に感じるユーザーが多い広告をまとめた
ネット上の広告の基準、ということです。

これに定められた広告は、不快に感じる人が多い、
「良くない広告」ということです。

で、近いうちにChromeでは、これに満たない広告をブロックする
機能が追加される見込みになっているようです
(ただ、現時点では日本でその機能が追加されるかどうかに
ついてはあまりはっきりしていません。
いずれ、されるとは思いますが)

どんな広告がブロック対象なの?

これは、明らかに見難い!と感じさせるようなタイプの広告が
ほとんどになっています。
パソコンとスマートフォンに別々に基準が設定されています。
簡単に紹介していきます。

パソコンの場合は
・ポップアップ広告 (ブログを開いた後に画面に出てくるやつ)
・音声自動再生動画広告 (急に音なるとびっくりしますよね…)
・カウントダウン付きプレスティシャル広告
・大型のスティッキー広告(画面下に固定されるサイズのデカい邪魔なやつです)
この4種類が、ブロック対象になるみたいですね。

スマホの場合は
・ポップアップ広告 (パソコンと同じやつです)
・プレスティシャル広告 (ブログ表示前に出るやつです)
・大きすぎる広告 (占有率30パーセント以上の広告を言うようです)
・点滅する広告 (動きの激しいものは目障り、ということのようです)
・音声自動再生やカウントダウンつきの広告
・スクロールオーバー広告 (スクロールしてもついてくる邪魔なやつです)
・スティッキー広告 (大型のもの 画面占有30パーセント以上)
とされています。

これらの広告は、最初に書いたBetter Ads Standardsで
ユーザーに不快感を与える広告とされており
Chromeのブロック対象になる、ということですね。

確かに並べてみると「邪魔だ!」と感じる広告ばかりですから
納得と言えば納得です!

ブログを読む側の方にとって!

ブログを読む側の方にとってはとても良い事ではないでしょうか。
一般的な広告ならともかく、
ついてくる広告だとか、音が出る広告だとか、
はっきり言って邪魔!と言う人も多いと思います。
私も、音が突然出た広告で、心臓が止まりそうなぐらいびっくりしたことが
あります(汗)

そういう広告がChromeでページを開いた際にブロックしてくれるように
なる、ということですから、より快適にサイトを見ることができゆようになって
良いと思いますし、私も嬉しいです^^
深夜に大きな音が出て(見ていたのは普通のサイトです笑)
本当にびっくりしたので…。

ちなみに、あくまでChromeを使ってサイトを見ている時の
話なので、インターネットエクスプローラーなど、別のブラウザを
使っている場合は、これまで通りになります
(今後、同じシステムが採用される可能性もありますけれど)

ブログを運営する人にとって

ブログを運営している人にとっては、
心配なこともあると思います。
Chromeのシェアは約4割。それでブログを見ると、広告がブロック
されてしまう(つまり、表示されない)となれば、
ブログで収入を得ている人にとっては大きな問題でしょう

ですが、上でも書いた通り、あくまでも
「劣悪な広告」のことを示しているだけであって広告全てが
否定されているわけではありません。
普通に、適度な量、適度な表示方法で広告をつけているだけで
あれば心配する必要はありません。

ブロックされるとどうなる?

もしもブロックされると、上で書いたようなユーザーに不快感を
与える広告に関してはブロックされ、ブログを見ている人たちには
表示されないようになります。
また、他の普通の広告も巻き込まれてブロックされる可能性
(このあたりははっきりしていません)もあり、場合によっては
全ての広告がブロックされる可能性も0ではありません。

そうすると、広告から収入を得ている場合は、
収入が大幅に減るわけです。

どうすればいいの?

何事も節度を持って、ということですね。
画面についてくる広告やページを開いた際に邪魔をする広告、
音が出る広告など、確かに見る側からしてみれば迷惑に
感じる人がほとんどでしょう。

もしも、上で挙げたような広告をつけている場合、
念のため自分のブログからすべて撤去しておくことが一番安全かつ確実な
方法であると言えます。

基準に満ちているか確認する方法は?

サーチコンソールに登録したサイトであれば確認できます。
サーチコンソール内の「Web Tools」に確認できる項目があります。

ただし、この記事掲載時点で、日本のサイトは「未審査」となっており
審査すらされていません。
このため、今の時点でどうなのか確認する術はありません
(こちらから審査して下さい!みたいな感じではないようです)

恐らく、日本ではまだ上記の導入時期が決まっておらずそのため、
審査が進んでいないものと考えられます。
今後、動きがあるかもしれないので、定期的にチェックしておくのが
良いのではないでしょうか。

普通の広告しか…!と言う人も機械が判断するのでしょうから誤判断を
されてしまう可能性も十分にありますから・・・。

今の時点ではどうすればいいの?

今の時点では日本国内ではいつ、上記のシステムが
採用されるか明らかになっていません。

ただ、いつ採用されるかもわからないので、備えはしておいても
良いのではないでしょうか。
上の基準に満たないような広告や自分で「やりすぎた」と思う
広告に関しては撤去しておいた方が確実です。

が、現状では上でも書いた通り全て「未審査」の状態で、
確認する術もなく、システム採用もいつだか分からないので
しばらくは様子見、と言うことでも良いかと思います。
情報だけは見落とさないようにしておいて、動きがあれば
対応する、と言う感じで良いかと思いますよ。

まとめ

急にアルファベットを並べられても
何言ってんだこの人?みたいな感じですが
ネットではよくあることですよね…。

簡単に言えば、悪質な広告を排除するシステムが
近いうちに採用されるかもしれない、というお話です。
読む側にとって便利になるのは良い事ですし、
悪いシステムではありません!

もしもブログを運営している皆様の中で心配だなぁ、という方が
いらっしゃるのであれば、今のうちに「この広告は…」
というものは外しておいた方が

安心だと思いますよ!

何事もやりすぎは良くない!ってことですね!