店長への誕生日プレゼントを贈る必要は?渡す場合の注意点!

店長も人間ですから
誕生日というものが存在します。

店長の誕生日に
アルバイトとして何かプレゼントは
した方が良いのでしょうか。
それとも必要ないのでしょうか。

店長の誕生日について、
店長経験を元に、色々と
解説していきたいと思います。

必要以上に深く考えなくても
良い部分ではありますが
もしも気になる点があるのであれば
参考にしてみて下さい。

基本的に気にする必要はない

基本的に店長の誕生日というものは
別に気にする必要はありません。
店長も、10人いれば10人とも
性格も考え方もバラバラですから
中には誕生日をバイトに言いふらしたり
バイトからのプレゼントを期待して
そわそわしてしまっているような店長も
いるかもしれませんが
基本的にそういった店長は
あまりいない、と考えるのが妥当で
あるかと思います。

一般的な店長は誕生日なんて
いちいち気にしないと思いますし
アルバイトスタッフからの誕生日プレゼントが
欲しい!だとかそういったことを考えている
店長も少ないかと思います。

なので、基本的に
わざわざ店長に誕生日プレゼントを
用意するような必要はありませんし
(逆に店長からプレゼントもないでしょうし)
そもそもの話、店長の誕生日など
わざわざ知る必要など、そもそもないのです。

ただ、一応ポイントとなる部分は
色々とありますから
そういった部分について
解説していきたいと思います。

そこまでの付き合いは必要ない

基本的には、店長とアルバイトスタッフの
関係において「そこまでの付き合い」というものは
全く必要ありません。
店長とアルバイトはあくまでも
同じ職場の人間、というだけで
友達でもなければ恋人でもありません。
誕生日プレゼントを贈ったりする必要は
全くないのです。

あまり距離感を詰め過ぎると
逆に勘違いするような店長も
出てきますし、うっとうしいと感じるような
店長も出てくることになるでしょう。
そういったことになってしまわないためにも、
変に、店長に誕生日プレゼントを贈ったりはせずに
普通にしていれば良いかと思います。
余計なことをしたり、
余計に距離感をつめたりすると
逆に面倒なことになったりする可能性も
充分にあります。

平穏にアルバイトをするためには
そのようなことを気にする必要はないのです。

逆に店長の負担になる可能性も

店長に誕生日プレゼントを贈る、
ということは逆に店長にとって
負担となってしまう可能性も十分にあります。

店長の中には
アルバイトスタッフと一定の距離を
保ちつつやっていきたいと考えている人も
大勢います。
そういった店長たちからすると
アルバイトスタッフの側から距離を詰められる、
ということはなるべく避けたいことなのです。

”特定の一人とだけ深い関係になる”ということは
店長にとっては厄介なことでしかないですからね。

また、プレゼントを受け取った側からしてみれば
「返さないといけないかな?」という負担に
なる可能性もありますし、
プレゼントを返す際に、他のアルバイトスタッフから
「店長が〇〇さんにプレゼントを贈っていた」と
”誤解”されてしまう可能性もありますから、
店長からしてみれば厄介なのです。
誤解や噂はあっという間に広がって行くものですからね。

こういったところから、
店長にとって負担になる可能性もありますから
安易に誕生日プレゼントを贈ることは
回避した方が良いかと思います。

余計な勘違いに発展する可能性

店長に誕生日プレゼントを渡す、
ということは余計な勘違いに
発展してしまう可能性も十分にあります。

普通の店長であれば、そういったことは
ないとは思うのですが、
誕生日プレゼントを贈られたことで
店長が勘違いしてしまい、
あなたの望まない結果に
なってしまう可能性もあります。

例えば、あなたは「いつもありがとうございます」程度の
気持ちで贈り物をしたのだとしても、
店長側は違う意味に受け取ってしまっている可能性も
充分にある、ということですね。

特に店長が異性である場合は
より一層の注意が必要です。
恋愛方面で店長に勘違いされてしまうと
本当に厄介ですから、
安易にプレゼントなど渡さない方が、
平和的にバイトをしていくための
ポイントのひとつにもなるのです。

”余計なことは聞かない”
”余計なことはしない”
これは、とても大事なことですよ。

誕生日を聞くには?

誕生日を聞くには
本人が自分から言ってこない限り
こちらから聞くしかありません。

基本的に、自らペラペラと
誕生日のことを話すような店長は
あまりいないでしょう。
(そういった話題になれば
話はするかもですが
自分から催促するかのように
誕生日を語る人は少ないとは思います)

なので、どうしても誕生日プレゼントを
上げたい場合は誕生日を確認してみても
良いかとは思います。

ただ、店長が答えようとしない場合は
諦めて下さい。
恐らくは個人情報をなるべく教えたくないか、
もしくは誕生日プレゼントなどによって
起こってしまう可能性のあるトラブルを警戒しているか、
そのどちらかであると思います。

しつこく聞けば嫌われますから
誕生日をしつこく聞いたりは
しないようにして下さい。
相手が答えない場合は
何らかの理由で教えたくないわけですから
それ以上は詮索しない、ということが大事になります

店長が催促してくる場合は?

もしも店長が誕生日プレゼントを
催促してくるような場合も、
特に、必ずしも渡さなくてはいけない、
なんてルールはありません。
アルバイトが店長に誕生日プレゼントを渡さなくてはいけない、
などという法律は当然存在しませんし、
そういった礼儀だとか、そういうものも存在しません。
催促された場合でも、渡す・渡さないは
あくまでも個人の自由です。

ただ、あまりいないとは思いますが
どうしても店長が面倒臭いタイプなのであれば、
安いお菓子などを購入して
「誕生日プレゼント」にしてしまえば
良いかと思います。

プレゼントをなくてねちねち言ってくるような
店長は面倒臭いですから
少額で誤魔化せるのであれば
誤魔化しておいた方が良いでしょうし、
流石にプレゼントを貰っているのに
そこまでねちねち言うような人は
なかなかいないと思いますから、
何か渡さないと面倒そうだなぁ、と思う場合は
安いもの(お金をかける必要はありません)を
渡しておくのが良いかと思います。

お返しを催促しない

これは、やってしまうと
相手からすれば非常に鬱陶しい行為です。

間違っても相手に対して
お返しを要求したり
しないようにしましょう。

仮に、自分が店長に誕生日プレゼントを
渡したいのであれば
それは自由ですし、好きにすれば良いと思いますが
自分が誕生日プレゼントを渡したからと言って
店長からお返しが戻ってくると期待したり
することはないようにしましょう。

そのような考えで誕生日プレゼントを渡すと
トラブルに発展する可能性がありますから
注意するようにして下さい。

誕生日プレゼントを渡す場合も
”店長からは何も返ってこない”ぐらいに
考えておき、渡すことをおすすめします。
少なくとも、何か見返りを期待して
渡すのであれば、
最初からプレゼントなど、渡すべきではありません。

まとめ

結論を言えば、店長に誕生日プレゼントを
渡す必要は基本的にはありません。
渡している人もいるにはいるでしょうけれど
基本的にそういった
やりとりをしているアルバイトスタッフは
少ないでしょうし、
わざわざ渡す必要はありません。

どうしても渡したい場合は
上で解説したような注意点を忘れないようにし、
迷惑行為になってしまわないように
上手くバランスを取って行くようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする